【勃起障害予防】(ED・インポテンツ・中折れ・ペニスの硬さ不足)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【勃起障害予防】(ED・インポテンツ・中折れ・ペニスの硬さ不足)

 

 


現在は、「勃起の調子が悪いので、鍼灸治療を受ける」

という方ばかりですが、

【鍼灸治療】の目標は、「発症を防ぐ」事です。

「症状が出てから・・・」

「症状が重くなってから・・・」ではなく、

「ED予防」として受けるのが最も理想です。

予防医学(病気の予防)

 

 

【ED】には【鍼灸治療】がお薦め♪

 

【ED治療薬】は、非常に効果のある薬ですが、

 「薬で強制的に機能させている」のであって、

 「飲み続けていれば治る」わけではありません。

【ED治療】は・・・

【泌尿器系のトラブル】(前立腺)にも対応できるのが特徴です。

【ED】(勃起障害)に対する【鍼灸治療】は・・・

【WHO】(世界保健機関)で有効性が認められています。

【2012年】日本人男性の「平均寿命は79.44歳」

残念ながら、年齢とともに「男性機能は衰えて」いきます。

そして、「男性機能が衰えた」事に対して、

非常に大きな「精神的ダメージ」を受ける方が多いようです。

・・・にも関わらず「事前に対策していない」方が殆どです。

 

 

 

【ED】【勃起障害】について

 

【ED】とは?

 

【ED】とは・・・

【勃起障害(Erectile Dysfunction)】の事です。

 

「性交時に75%以上の割合で、

勃起が不十分なため挿入できない場合」と定義されています。

 

以前は【インポテンス(英語)】【インポテンツ(ドイツ語)】

という言葉が使われていましたが、差別的意味を含むとされ、

現在では【ED(勃起障害)】という言葉が用いるのが一般的です。

 

【ED(勃起障害)】の主な症状

 

【勃起】はするが【射精】できない!

【勃起】はするが【硬さ】や【角度】が不十分!

【勃起】しても【持続】しない! すぐ【萎えて】しまう。

まったく【勃起】しない!

 

日本のED患者数は約700万人!!

 

「世界インポテンス研究会議」によると、

「日本のED患者数は約700万人」と発表され、

国際的に見ても高い発症率のようです。

 

【ED(勃起障害)】を次のように分類した場合、

「日本の40歳以上の約35%が中等度以上のED」に該当するそうです。

【軽度】

「通常は【勃起】が得られ、維持することができる」

【中等度】

「時々は【勃起】し、維持できる」

【重度】

「いつも挿入に十分な【勃起】が得られず、維持もできない」

 

また・・・「EDを訴えていても、

実際に医師に診てもらっている人が非常に少ない」という調査結果があります。

 

デリケートな問題なので・・・

「誰にも相談できずに悩んでしまっている」

方が多いのも、【ED(勃起障害)】の特徴です。

 

【ED(勃起障害)】に関する統計情報

 

「高血圧の方はEDになりやすい(ED患者の24.8%は高血圧)」

「全世界でのED人口は推定1億5200万人」

「世界のED治療薬市場・・・2004年の約25億ドルから2006年約31億ドルへ」

【世界各国】:EDに関する報告

 

 

 

【ED(勃起障害)】の分類

 

【機能性ED】体に異常なし!!


体に問題がない場合を【機能性】と言います。

【勃起機能】自体は【正常】で【問題】なく、

【精神的な要因】により【性交】が出来ない場合です。

 

「過去に性交がうまくいかなかった体験がある」など・・・

「性交に対する不安やストレス」が原因となって、

【勃起】しなくなる場合があります。

 

【うつ病】や【精神分裂症】など・・・

【精神疾患】が原因となっている場合もあるようです。

 

【器質性ED】体に問題有り!!


体に問題がある場合を【器質性】と言います。

 

【生殖器の病気】や【形態の異常】によって、

【勃起不全】を引き起こしている場合です。

 

【混合性ED】


【機能性】と【器質性】両方の要素が混ざったタイプです。

 

【糖尿病】【高血圧症】【虚血性心疾患】などの患者に・・・

【加齢】【精神的な要素】などが加わって、

起こるケースが多くみうけられるようです。

 

 

 

【ED(勃起障害)】の原因

 

 

【機能性ED】の原因

 

【心因性】

「過去に性交がうまくいかなかった体験がある」など・・・「性交に対する不安やストレス」

【精神疾患】

【うつ病】【統合失調症】など・・・

【薬の副作用】

【降圧剤】【向精神薬】【糖尿病の治療薬】など・・・

 

 

【器質性ED】の原因

 

【性器の異常】

【尿道下裂】【矮小(わいしょう)陰茎】など・・・【先天性の性器の異常】

【外傷】

【脊髄損傷】など

【手術】

【膀胱癌】【前立腺癌】【直腸癌】など

【血管】【神経】の障害

【糖尿病】【慢性肝炎】など

【男性ホルモン】

【脳の障害(下垂体の障害)】【精巣の障害】など・・・による【男性ホルモン】の低下

 

 

【ED(勃起障害)】の危険因子

 

【慢性の病気】

【動脈硬化】【高血圧】【腎臓病】【アルコール性肝機能障害】【前立腺疾患】【癌】【アルツハイマー病】【欝病】【糖尿病】など・・・

【薬の服用】

【降圧剤】【欝病の治療薬】【胃潰瘍などの治療に使うH2ブロッカー】【ホルモン製剤】【非ステロイド性抗炎症薬】【精神安定剤】など ・・・

【その他】

【加齢】【外傷や手術】【お酒の飲みすぎ】【タバコの吸いすぎ】【精神的ストレス】【運動不足】など・・・

 

※日本では・・・

【糖尿病】や【喫煙常習者】に【ED(勃起障害)】が特に多いようです。

 

 

 

男性の体の仕組み

 

【男性ホルモン】(テストステロン)

 

【男性ホルモン】の代表格が【テストステロン】です。

 

【テストステロン】は、

【睾丸】の中にある【精巣】から分泌されます。

 

【視床下部(脳の一部)】から【下垂体(脳の一部)】へ、

【下垂体】から【精巣】へ指令を出す事で、

【男性ホルモン】が【分泌】されます。

 

病気により【男性ホルモン】が減少してくると、

【性機能】が低下してきます。

 

【勃起】〜【射精】までの仕組み

 

【陰茎】は・・・

【海綿体】という【スポンジ状の組織】でできていて、

多くの【血管】が集まっています。

 

また、【陰茎】の内部には・・・

【海綿体洞】という【血管腔】が分布しています。

 

【性的興奮】(これには【ホルモン】が関与します)が起こると・・・

【脳】は【陰茎】に【勃起】の【命令】を出します。

 

この【命令】により、

【陰茎の動脈】から【海綿体洞】に多量の血液が流れ込みます。

 

この時、流れてきた【血液】の【出口(静脈)】が

圧迫されて塞がってしまうので、

【血液】の充満で【陰茎】は硬くなり【勃起】します。

 

そして、【興奮】が絶頂に達すると、【脳】からの【命令】により、

【精巣上体(副睾丸)】にある【精子】と、

【精嚢腺】や【前立腺】からの【分泌液】とが混ざり合って

【射精】が起こります。

 

 

 

病院:【勃起機能検査】

 

 

【検査】によって・・・

「機能性EDか?」「器質性EDか?」を見分けます。

 

【機能性ED】ではないことが判明した場合は、

【血管系検査】【神経系検査】【内分泌系検査】などが行われます。

 

【視覚刺激】による【勃起機能検査】


「ビデオや写真を見て勃起が起こるかどうか?」を確かめます。

【勃起】すれば、【機能性ED】と判断されます。



※【視聴覚の性的刺激】に対する【反応】には【個人差】があり、

【検査】時の【環境】の影響を受ける事もあります。

 

 

【睡眠中】の【勃起機能検査】

 

健康な男性の場合は・・・

【睡眠中(レム睡眠中)】に自分の意思に関係なく【勃起】します。

※【レム睡眠】:【浅い眠り】で、【筋肉の緊張】がほぐれている状態



【睡眠中】の【勃起】を【検査】する事で・・・

「機能性EDか?器質性EDか?」を判断します。



【検査】の方法としては・・・

【リジスキャン】【NPTテスト簡便方】などがあります。



【NPTテスト簡便方】には・・・

【スタンプテスト】【スナップゲイジ】【エレクチオメーター】

などがあります。



 

【リジスキャン】

【睡眠中】の【陰茎】の【膨張率(周径)】と【硬度】を、【時間】を追って連続的に測定する【検査】です。

 

【検査】の結果、【陰茎の硬さ】が基準以上あれば、【膣内】への【挿入】が可能と判断されます。

【スタンプテスト】

【郵便切手:4〜5枚】が、縦につながった状態のものを【陰茎】に巻き付けて、【睡眠中】に「ミシン目が切れるかどうか?」を調べる方法です。


※自宅で簡単にできる方法です。

【エレクチオメーター】

【エレクチオメーター】という目盛り付きの【バンド】を、寝る前に【陰茎】に巻きます。

【機能性ED】の場合は、【エレクチオメーター】は【拡大】しますが、【器質的ED】の場合は、最初に巻いた状態のままになります。


 

 

 

病院:【器質的ED】の【治療法】

 

【器質的ED】の【治療法】

 

【経口薬】

【バイアグラ】や【レトビラ】など

【注射】

【陰茎】の【血管】を拡張させて、

強制的に【勃起】を起こさせる【薬剤】を、

【陰茎】の【根元】に【注射】してもらいます。

 

医師の指導により、

自分で【薬剤】を【注入】する方法もあります。

※【器具】を使用して【尿道口】より【注入】

【手術】

【海綿体】に【シリコン】などを埋め込みます。

 

 

 

 

鍼灸治療:【ED(勃起障害)】の原因

 

【精神的ストレス】


【精神的ストレス】により・・・

各機能が低下してしまい、

【気血(エネルギー)】の巡りが悪くなり、

【性器】に【栄養】が行き渡らなくなってしまった。

 

【気血(エネルギー)】の不足


【慢性の病気】【加齢】【精神的疲労】【肉体的疲労】【寝不足】などにより、

【気血(エネルギー)】が【消耗】または【不足】してしまい、

【性器】に【栄養】が行き渡らなくなってしまった。

 

【飲食不摂生:食生活の乱れ】


東洋医学では・・・

【甘い物】の摂り過ぎ、

【味の濃い物】の摂り過ぎ、

【油っぽい物】の摂り過ぎ、

【お酒】の飲み過ぎなどにより・・・

【消化吸収機能】が低下してしまうと、

体内に【湿熱】が発生すると考えられています。



その発生した【湿熱】が【性器】に達すると、

【勃起機能】に問題が生じます。

 

【腎精の不足】


東洋医学では・・・

【性行為】【生殖機能】【成長】【発育】

に関わる【エネルギー】の事を、【腎精】と呼びます。



この【腎精】は・・・

【加齢】【慢性の病気】【性行為のし過ぎ】

【オナニー行為のし過ぎ】などにより、失われていきます。



【腎精】が不足すると・・・

【生器】に【栄養】が行き渡らなくなってしまいます。




 

鍼灸治療:【ED(勃起障害)】の治療

 

ED治療に対応できる鍼灸師は圧倒的に少ない!

 

【ED治療(勃起障害)】治療に関する問題が、国家試験に出題されない!

学校で【ED治療(勃起障害)】に関する実技演習がない!

【ED治療(勃起障害)】【ED治療(勃起障害)】の経験豊富な講師がいない!

誰もが治療に関心を持つ症状ではない!

 

・・・・などの理由により、日本では、

「【ED(勃起障害)】の詳しい治療法を知らない」

「【ED(勃起障害)】の治療経験がない」

【鍼灸師】が殆どです。

 

【中国】の鍼灸治療


【ED(勃起障害)】に対する【鍼灸治療】は・・・

主に鍼灸の本場【中国】で積極的に行われています。

 

しかし、【中国】では・・・

【東洋医学専門の医師】(中医師について)が鍼灸治療にあたる為、

「漢方薬を併用する!!」

「ツボに薬液を注入する!!」など、

【医師免許】を取得してない日本の【鍼灸師】では、

対応できない治療法も多くあります。

 

 

また、【中国】の鍼治療は・・・

一般的に【長い鍼】【太い鍼】を使用し、

「強い刺激を与える」傾向があり、

日本人には刺激が強すぎる場合があります。

 

【即効性】が加わりました!!

 

当治療院では・・・

【中国】の情報を基に、【治療効果】を確認しながら

「試行錯誤」の上、日本人に適した

【オリジナルのED治療法】を確立してきました。

 

新たに、施術内容に変更を加えた事で、

【鍼灸治療】の特性上苦手としていた

【即効性】もでるようになりました。

 

『施術中に・・・』

『施術後数時間で・・・』

『翌朝には・・・』

など、多くの方から大変ご好評頂いてます。

 

※結果には、個人差がありますので、ご了承の上【お申し込み】下さい。

 

 

【重症の方】にも少ない回数で効果を実感!

 

『何をしても、勃起しない』

『インプラント手術を受けた』

『ED治療薬を長期服用している』

など、【重症の方】に対しても、

施術内容に変更を加えた事で、

『少ない回数』で効果を実感して頂けるようになりました。

 

※結果には、個人差がありますので、ご了承の上【お申し込み】下さい。

【ED】:鍼灸治療の目的

 

【血流up】

「滞っている老廃物を排出し、

性器全体に栄養が行き渡る」よう、

【鍼の刺激】で血行を促します。

【感覚】

【太もも】や【下腹部】など・・・

『鈍くなってしまった感覚を戻す』事で、

【勃起】や【射精】の反応を促します。

【自律神経】

【勃起】や【射精】には、

【自律神経】が関与します。

【鍼の刺激】で【自律神経】を整えます。

【神経伝達】

【勃起】や【射精】に関与する

【神経の伝達】がスムーズに行われるようにします。

 

 

【ED】:鍼灸治療の内容


【日常生活】【食生活】【体質】【体の状態】などを考慮しながら、

【お腹】【腰】【お尻】【太もも】を中心に、

【鍼】や【お灸】で刺激します。

 

【治療法】は、【低刺激】〜【強刺激】まで数種類あります。

ご希望や結果を踏まえながら、【最適な刺激量】を選択致します。

【オイルマッサージ】も合わせて行いますので、【約120分】かかります。

※その他に伴っている症状により、【治療時間】に違いがあります。

【EDの鍼灸治療料金】について

 

【風俗行為】は一切行っておりません。




代表的なお問い合わせ内容について

 

【効果】はありますか?

 

「はい、効果があります。」

当院での【鍼灸治療後】にご報告頂いた内容を一部ご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※【鍼灸治療】は・・・

【ED治療薬】のように「即!」「的確に!」効果があるものではございません。

 

東洋医学の観点から・・・

「妨げられている原因を探り、その原因を取り除く」もので、

「効果はゆるやか」です。

 

【症状の程度】【年齢】【日常生活】などにより、

効果には【個人差】があります。

 

 

 【治療ペース】はどれ位ですか?

 

当院では・・・

【月2回】ペースを推奨しております。

 

【鍼灸治療】には・・・

【継続な刺激】が必要になりますので、

「だらだらと長くやる」のであれば、

「一定の周期で受ける」事をお薦め致します。

 

【オイルマッサージ】だけでも効果ありますか?

 

「少しあります。」

「ただし、【オイルマッサージだけ】と、

【鍼灸治療】+【オイルマッサージ】で結果を比べたところ、

【鍼灸治療】を合わせた行った方の方が、

より大きな結果が出ていました。」

 

【マッサージ】では得られない【鍼灸治療】特有の効果があるので、

当院では、【鍼灸治療】を推奨しています。

【鍼灸治療】特有の効果

 

【風俗行為】は一切行っておりません。

 

 

その他のご質問は、こちらをご確認下さい。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情