花粉症

HOME > 鍼灸適応疾患 > 花粉症

 

【2013年】スギ花粉情報

東日本を中心に、例年より【非常に多い】

既に【花粉症】を発症している方は、症状が悪化する可能性があります。

今まで【花粉症】でなかった方が、発症する可能性があります。

 

 

 

 

スギ花粉症について

 

 

 【花粉症】とは?

【花粉】によって、【目】や【鼻】に【アレルギー】症状がでる事。

 

 【花粉症】の主な症状

かゆみ・・・【目の周り】【耳の周り】【喉の奥】

くしゃみ

鼻水

鼻詰まり

 

 

医師:【花粉症】に対する主な治療法

 

 【薬】症状を抑える目的

 

【飲み薬】

【抗ヒスタミン薬】

【くしゃみ】【鼻水】を引き起こす【ヒスタミン】を抑える薬

【抗ロイコトリエン薬】

【鼻水】を引き起こす【ロイコトリエン】を抑える薬

【遊離抑制薬】

【ヒスタミン】【ロイコトリエン】を抑える薬

【噴霧薬】

アレルギー性の炎症を抑える【ステロイド】を鼻に噴霧する

【一般の点鼻薬】

腫れてしまった【鼻の粘膜】に対して【血管】を縮める事で【鼻詰まり】を解消するお薬。

 

 

 【手術:レーザー治療】

【鼻の粘膜】を【レーザー】で焼く方法。

再発の可能性が有ります。

 【免疫療法】

2〜3年の間、定期的に【花粉エキス】を体内に【注射】します。

【免疫細胞】が【花粉】に慣れていき、【アレルギー反応】が起きなくなるので、

【花粉症】が治る可能性があります。

※【舌から吸収させる方法】も検討さえています。

【花粉症】に対する鍼灸治療法

【鼻水】【鼻詰まり】

【顔】

【顔】に鍼を刺す事で、【鼻】がスーッと通るようになります。

※一時的な解消です。

【頭の浮腫み】

【鼻水】【鼻詰まり】が起こっている場合、反応として【頭の浮腫み】を引き起こすします。ここを解消する事で、【症状の軽減】になります。

【耳のつぼ】

【鼻の症状を軽減】する目的で、【耳のツボ】を刺激します。

【目の周りの痒み】

【顔】

いつまでも【痒み物質】が漂っていると【かゆみ】が治まりません。【顔のツボ】を【鍼で刺激】する事で、【血行】を良くし【痒み物質】を追いやります。

【耳のつぼ】

【目の症状を軽減】する目的で、【耳のツボ】を刺激します。

【吸玉療法】

【血がドロドロになっている】

【老廃物が体内に溜まっている】

と・・・

【アレルギー症状】が出易くなります。

体質改善を目的に・・・

【吸玉】と【鍼】を合わせて、

【老廃物の排出】を促します。

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、

予約の受付は【19時まで】となっております。

予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情