【アトピー性皮膚炎】

HOME >【鍼灸適応疾患】>【アトピー性皮膚炎】

 

 

 

【アトピー素因】

 

【アトピー素因】とは?

 

【アトピー性皮膚炎患者】の多くは、次のような【アトピー素因】を持ちます。

【気管支喘息】【アレルギー性鼻炎】【結膜炎】【アトピー性皮膚炎】・・・のいずれかを発症した事がある。

【IgE抗体】を産生しやすい。

※【IgE抗体】とは、【免疫機能】を維持する因子で、

【アレルギー】があると高値を示します。

 

 

 

【アトピー性皮膚炎】

 

【アトピー性皮膚炎】とは?

 

【アトピー性皮膚炎】は、

【アレルギー反応】の一種で「痒みを伴う湿疹」が皮膚に現れる病気です。

症状が悪化したり、良くなったり・・・を繰り返します。

 

【アレルギー反応】は、人間に備わっている【免疫機能の働き】

(異物が侵入してきた時に、それを排除しようとする働き)が、

過剰に反応することにより起こります。

 

つまり、【アトピー性皮膚炎】は、

皮膚に対するちょっとした刺激で過剰に反応してしまい、

【炎症】を起こしているのです。

 

【汗】により痒みが発生したり、【肌の乾燥】により痒みが発生したりします。

 

また、「イライラすると皮膚を掻く癖」があり、

皮膚を刺激して発症する場合もあります。

 

【アトピー性皮膚炎】の症状

 

「強い痒み」が、

【額】【目の周り】【口の周り】【耳の周辺】【首】【手足の関節】などに現れます。

 

【痒み】により、

「ひっかき傷」をつくり、「耳切れ」を起こすこともあります。

 

【湿疹】ができ、赤くなり、「ブツブツ」「ジクジク」「かさぶた」ができます。

 

【象の肌】の様に皮膚が厚くなり、「ザラザラ」した状態になる事もあります。

 

【乳幼児】

【顔(特に頬)】【頭】【首】【胸】などに「痒み」がでます。赤くなり、「ブツブツ」「ジクジク」「かさぶた」ができます。

【幼・小児期】

「皮膚が乾燥気味」で、【肘の裏】【膝の裏】【手】【足】などの皮膚が厚くなり、「ザラザラ」した状態になります。

【成人】

【額などの顔】【首】【前胸】といった、目立つ部位に「強い痒み」がでてきます。 「幼小児のころから引続く」頑固なタイプと、「成人期になって発症する」方がいます。



【アトピー性皮膚炎】の原因

 

【食べ物】

【卵白】【牛乳】【大豆】【米】【小麦】【豚肉】など

【環境因子】

【ハウスダスト】【ダニ】【カビ】【花粉】【動物の毛】【人の垢】など

【皮膚バリア機能の低下】

【皮膚最外層】における【角質細胞間脂質】である

「セラミドの減少」

【アレルギー】

【アトピーアレルギー】【接触アレルギー】

【環境の変化】

【発汗】【ストレス】【季節】

【アトピー体質】

両親の家系に【喘息】【花粉症】【蕁麻疹】などの【アレルギー性疾患】をもっている人によくみられます。患者自身も、同時に【喘息】をもっていることがあります。

 

※「痒みがない」のに、「掻いてしまう癖」により、

皮膚を刺激して皮膚炎の悪化をもたらしているケースも多くあります。

 

【皮膚のバリア機能】とは・・・

 

【皮膚のバリア機能】とは・・・

「外界からの様々な刺激」や「乾燥」から、

体を保護する【角化細胞の水分保持機能】を指します。

 

【天然保湿因子】や【角質細胞間脂質】(セラミド)が、

その因子として挙げられるが、

【アトピー性皮膚炎患者の皮膚】においては、

「セラミドの減少を認める」と言われています。

 

【皮膚のバリア機能】が障害されると、

「外部からの抗原」や「刺激物質」が皮内に侵入しやすくなるとともに、

外的・内的刺激に対する過敏性が亢進し、

「湿疹反応を起こしやすくなる」ため、【スキンケア】が重視されています。

 

 

 

【病院】:【アトピー性皮膚炎】の治療

 

【アトピー性皮膚炎】の治療

 

【避ける】

【アレルギーの原因】となる、

【ハウスダスト】や【ダニ抗原】からの回避

【スキンケア】

【皮膚】を「清潔」に保ち、「保湿剤」を用いる

【薬物療法】

【ステロイド】【非ステロイド系の外用剤】【抗ヒスタミン剤】【抗アレルギー剤】など・・・

【光線療法 】

【日光浴】【人工紫外線照射】

【海水浴療法 】


 

 

 

【東洋医学】: 【アトピー性皮膚炎】

 

 

【皮膚は内臓の鏡】

 

【人】は、恋をすると・・・

【顔】は「生き生き」とし、【皮膚】も「美しく」なります。

【心】が「沈む」と、【顔】も「沈んで」きます。


【肝硬変】になると・・・

【手のひら】が「赤く」なったり、【胸】に【クモ状血管腫】が現れます。

 

つまり、【皮膚】は・・・

 

【気象条件】:「乾燥している」「湿度が高い」など

【体内の臓器】

【心の状態】

などに、左右されながら息づいているのです。

 

【東洋医学】では、「皮膚は内臓の鏡」と言われています。

 

その為、【皮膚】に現れた異常は、

【内臓の異常】によって起こってくるので、

【皮膚病】を治そうと思えば、内から治さなければなりません。

 

 

 

 

【鍼灸治療】: 【アトピー性皮膚炎】の原因

 

【精神的ストレス】

 

【精神的ストレス】により、各機能が低下してしまうと、

【気血の巡り】が悪くなり、

【皮膚】に栄養が行き渡らずに、【皮膚のバリア機能】が低下してしまいます。

 

 

【飲食不摂生:食生活の乱れ】


東洋医学では・・・

【甘い物】の摂り過ぎ、

【味の濃い物】の摂り過ぎ、

【油っぽい物】の摂り過ぎ、

【お酒】の飲み過ぎなどにより・・・

【消化吸収機能】が低下してしまうと、

体内に【湿熱】が発生すると考えられています。


また、【精神的ストレス】によっても【湿熱】が発生します。

【湿熱】は、【皮膚トラブル】を引き起こします。

 

【肺の機能】の低下

 

【東洋医学】では、

【脾胃】から吸収された【栄養】と【水分】は、

【肺の働き】によって【皮膚】へ送られると考えられています。

 

【肺の機能】が障害されると、

【脾胃】から吸収された【栄養】と【水分】は、【皮膚】に送られず、

【外邪】からの侵入を防衛する【皮膚のバリア機能】が低下してしまいます。

 

【血行が悪い】

 

【肉体的疲労】【精神的ストレス】【冷え】などにより【血液の流れ】が悪くなると、

【皮膚】に栄養が行き渡らず、【皮膚のバリア機能】が低下してしまいます。

 

 

 

【鍼灸治療】: 【アトピー性皮膚炎】の治療

 

 

【アトピー性皮膚炎】鍼灸治療の目的

 

【ストレス緩和】

【心の状態】は【皮膚】に現れます。

【精神的ストレスの緩和】を促す、ツボを刺激します。

【肺の働き】

【東洋医学】では、

【肺の働き】と【皮膚】には密接な関係があります。

【肺の機能】を回復して、【皮膚状態】を良好にします。

【血流up】

【血液の流れ】が悪くなると、

【皮膚】に栄養が行き渡らず、

【皮膚のバリア機能】が低下してしまいます。

また、血行を促す事で、いつまでも漂っている

「痒み物質」を追い出す効果もあります。

【自然治癒】

【鍼刺激】や【灸刺激】は、

「免疫機能を高める」働きがあります。

【鍼灸治療】特有の効果

 

 

【アトピー性皮膚炎】に対する鍼灸治療

 

意外と知られていないのですが、

「鍼灸治療」は【痒みを抑える】働きがあります。

 

一般的に、【皮膚トラブル】には、【薬】だけに依存している方が殆どなので、

「今までの薬が効かなくなった」場合、困り果ててしまいます。

 

【鍼灸治療】は、【副作用】のない【自然療法】で、

「人間に本来備わっている修復機能を、最大限引き出す」事に長けています。

 

【アトピー性皮膚炎】には、【鍼灸治療】がお薦めです。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情