【踵が痛い】(かかとが痛い)

HOME > 症状で探す >【踵が痛い】(かかとが痛い)

 

 

 

【踵のトラブル】には鍼灸治療がお薦め♪

次のような方は、【鍼灸治療】がお薦めです。

運動を控えても、【かかとの痛み】が消えない。

症状が【慢性化】してしまった。

【かかと】が痛くて歩けない

 

 

 

【踵】について

 

【足の骨】について

 

【足の骨】は【26個】あり、次の3つに分かれています。

「足根骨(7個)」

「足根骨(7個)」

「趾骨(14個)」

 

【踵】について

 

【かかと】は【足根骨】に分類される【踵骨(しょうこつ)】の一部分です。

 

「踵骨の後ろ側にあるでっぱった部分」を【踵骨隆起】と呼び、これが【かかと】です。

 

【かかと】に付着する筋肉

 

【かかとを起始とする筋肉】

・【小趾外転筋】
・【足底方形筋】
・【短趾屈筋】
・【母趾外転筋】
・【短趾伸筋】

【かかとを停止とする筋肉】

・【腓腹筋】
・【ヒラメ筋】
・【足底筋】




【かかとの後ろ側が痛い】(アキレス腱炎・アキレス周囲炎)

 

 

【アキレス腱】とは?

 

【アキレス腱】とは、

【ふくらはぎの筋肉】(腓腹筋・ヒラメ筋)と【踵の骨】を繋ぐ【腱】です。

 

【アキレス腱炎】とは?

 

【アキレス腱炎】とは、

【アキレス腱】の「微細な部分断裂」により【炎症】が発生している状態です。

【ランニング】などによる「足の筋肉の疲労」により、

【アキレス腱】または【アキレス腱周辺】に【痛み】が発生します。

 

【アキレス腱炎】の原因

 

硬い路面での【ランニング】

【靴】による踵の圧迫

 

【アキレス腱炎】:鍼灸治療の目的

 

【筋肉】

【踵に付着している筋肉】が硬くなっていると、「筋肉の伸び縮みが必要な動作」をする度に、【かかと】を「ツンツン」引っ張ってしまい、【炎症】を引き起こします。

【ふくらはぎの筋肉】や【アキレス腱】の柔軟性を回復させる事が大切です。

【炎症】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「炎症を抑える」働きがあります。

【痛み】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「痛みを抑える」働きがあります。

 

【アキレス腱炎】に対する鍼灸治療

 

一度、「強い痛みを感じる」まで悪化させてしまうと、

「運動を控える」「冷やす」などの対処だけでは、

「軽減」はされても治らず、

【慢性化】してしまう事が多くありますが、

【鍼灸治療】を継続的に行うことで、【痛み】はなくなります。

 

 

 

 

【かかとの後ろ側】が腫れて痛い(アキレス腱滑液包炎)

 

【滑液包】とは?

 

【滑液包】とは、

【関節】付近にある「少量の液体(滑液)を含んだ袋」の事です。

 

【滑液包】は、

【皮膚・筋肉・腱・靱帯etc.】と【骨】との間にあり、

「摩擦を軽減」したり、「衝撃を吸収する」役割があります。

 

【滑液包】は、【圧迫】や【摩擦】により【炎症】を起こすと、

【袋の中の滑液】が増えて、腫れます。

 

【踵にある滑液包】

 

【アキレス腱前滑液包】

【アキレス腱】と【踵の骨】の間には、

【アキレス腱前滑液包】があります。

【アキレス腱後滑液包】

何らかの原因により、【踵の皮膚】と【アキレス腱】の間に、【アキレス腱後滑液包】が形成されることがあります。

 

【アキレス腱滑液包炎の原因】

 

【靴】

【踵の部分】が硬い靴

【足の筋肉疲労】

【立ちっぱなし】【歩き過ぎ】【ランニング】

【運動】

硬い路面での【ランニング】や【ジャンプ】

 

【アキレス腱滑液包炎の症状 】

 

歩くと【かかと】が痛い

【かかと】が腫れている

【かかと】を押すと痛い

 

【アキレス腱滑液包炎】:鍼灸治療の目的

 

【筋肉】

【踵に付着している筋肉】が硬くなっていると、「筋肉の伸び縮みが必要な動作」をする度に、【かかと】を「ツンツン」引っ張ってしまい、【炎症】を引き起こします。

【ふくらはぎの筋肉】や【アキレス腱】の柔軟性を回復させる事が大切です。

【炎症】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「炎症を抑える」働きがあります。

【痛み】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「痛みを抑える」働きがあります。

 

 

【アキレス腱滑液包炎】に対する鍼灸治療

 

【かかと】を庇って歩くので、

「姿勢が崩れて」しまい、【足の筋肉】に負担がかかるだけでなく、

【腰を痛めてしまう】方も多くいます。

【鍼灸治療】で、全身のケアを行うのが大切です。

 

 

【足の裏のかかと部分】が痛い(足底筋膜炎)

 

【足底筋膜】とは?

 

【足底筋膜】とは、

「足の裏(踵〜5本の指の付根にかけて)」にある

【扇型】をした【丈夫な繊維】から成る【膜】です。

 

【足底筋膜】は、【土踏まず(縦のアーチ)】の形成に関係していて、

【足底筋膜】が「伸び縮み」する事で、【アーチの高さ】が変わり、

【ランニング】や【ジャンプ】などの衝撃を吸収してくれます。

 

【足底筋膜炎】とは?

 

【足底筋膜】に過度の負担がかかり、

【炎症】が起こしたものを【足底筋膜炎】といいます。

 

【足底筋膜】は、

【踵の部分】に「小さな亀裂」が生じ易く、【かかと】に痛みを感じます。

 

【足底筋膜炎の症状】

 

・朝起きて立ち上がった時に、踵が痛い

 

【足底筋膜炎の原因】

 

【運動】のしすぎ

【ランニング】【ジャンプ】のしすぎ

【歩き過ぎ】

【体重が重い】

 

【医師】:【足底筋膜炎】の治療

 

【安静】にする

【消炎鎮痛剤】の服用

【ステロイド注射】

 

 

【足底筋膜炎】:鍼灸治療の目的

 

【筋肉】

【踵に付着している筋肉】が硬くなっていると、「筋肉の伸び縮みが必要な動作」をする度に、【かかと】を「ツンツン」引っ張ってしまい、【炎症】を引き起こします。

【ふくらはぎの筋肉】や【アキレス腱】の柔軟性を回復させる事が大切です。

【炎症】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「炎症を抑える」働きがあります。

【痛み】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「痛みを抑える」働きがあります。

 

 

【足底筋膜炎】に対する鍼灸治療

 

【かかと】を庇って歩くので、

「姿勢が崩れて」しまい、【足の筋肉】に負担がかかるだけでなく、

【腰を痛めてしまう】方も多くいます。

【鍼灸治療】で、全身のケアを行うのが大切です。

【足底筋膜炎】の予防法

【靴の中敷き】

【かかと用の中敷き】【足底板】を使い、

【足底筋膜】の負担を減らします。

【ストレッチ】

【足底筋膜】のストレッチをする

 

【足底筋膜】は、

「指の付根」に付着しているので、

指を反らす事で「足底筋膜を伸ばす」事ができます。

 

足首を少し反った状態で、

「足の親指〜中指まで」を、

足の甲に向かって20〜30秒間反らせして下さい。

 

※足の親指を反らした状態で、

足底の真ん中辺りに

【硬い筋(足底筋膜)】を触れる事ができます。

 

 

 

 

踵骨棘(しょうこつきょく)

 

【踵骨棘】とは?

 

「踵の骨にできるトゲ」の事を【踵骨棘】といいます。

 

【かかとの骨】には、

【アキレス腱(後ろ側)】と【足底筋膜(足底)】がくっついていますが、

この2箇所に主に【トゲ】ができます。

 

【トゲの有無】は、【レントゲン】でわかります。

 

【踵骨棘痛】とは?

 

【かかとの骨】にできた【トゲ】により、【炎症】を起こしてしまい、

腫れて痛み出した場合を【踵骨棘痛】と言います。

 

【炎症】が治まれば、【痛み】などの症状もなくなります。

 

【踵骨棘痛の原因】

 

【足底筋膜】に負担をかけると、

【足底筋膜】が引っ張られて、付着部分の踵に【炎症】が起きます。

 

【長距離ランナー】などのスポーツ選手

仕事柄、長時間立っている

 

【踵骨棘痛の症状】

 

【かかとの底面】が痛い

【立ち上がる】【歩き出す】第一歩が痛い

 

【医師】:【踵骨棘痛】の治療

 

【ステロイド注射】

【足底板】を入れて【足底筋膜】の負担を減らす
※【手術】が必要な場合もあります。

 

 

【踵骨棘痛】:鍼灸治療の目的

 

【筋肉】

【踵に付着している筋肉】が硬くなっていると、「筋肉の伸び縮みが必要な動作」をする度に、【かかと】を「ツンツン」引っ張ってしまい、【炎症】を引き起こします。

【ふくらはぎの筋肉】や【アキレス腱】の柔軟性を回復させる事が大切です。

【炎症】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「炎症を抑える」働きがあります。

【痛み】

【鍼】や【お灸】の刺激には、

人間が本来持っている【治癒力】を誘導して、

「痛みを抑える」働きがあります。

 

 

【踵骨棘痛】に対する鍼灸治療

 

【かかと】を庇って歩くので、

「姿勢が崩れて」しまい、【足の筋肉】に負担がかかるだけでなく、

【腰を痛めてしまう】方も多くいます。

【鍼灸治療】で、全身のケアを行うのが大切です。

 

 

 

 

鍼灸治療症例報告

 

47歳 男性

★主な症状★
・踵が痛い!!
・半年程前から踵が痛くなった。
・整形外科での検査は「異常なし」で、塗薬を処方された。
・その後、マッサージも何度か受けたが・・・痛みが増した!!

★その他の症状★
・四十肩(右)
・坐骨神経痛

★鍼灸治療★
半年間、踵をかばって「つま先歩き」をしていた為、姿勢が崩れ「ふくらはぎ・太もも」を中心に偏った筋肉に負担がかかり続けています。「踵の痛みを止める」、「負担のかかっている筋肉を解す」目的で鍼灸治療しました。治療後は・・・「痛みを感じる事なく踵をついて歩けました。」

 

参考文献

 

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情