【鍼】について

HOME > 鍼について >

 

 

該当する場合は【鍼治療】がお薦め♪

 

【病院】に通っても効果がなかった!

【西洋医学】では【治療法】が確立されていない【病気】で、

【病院】へ行っても『薬を処方される』だけ・・・

定期的に【同じ症状】を繰り返していて、【慢性的】になっている。

【薬の服用】を止めると【発症】してしまう

【病院の検査】で『異常がない』と言われたが、【自覚症状】がある。

【色々な症状】を併発していて、

【症状】ごとに『受診先を分けて通院』している。

【薬】はできるだけ【服用】したくない!

 

 

 

【鍼の種類】

 

【刺す鍼】

【毫鍼】(ごうしん)

一般的に広く使用されている【鍼】が【毫鍼】です。

【灸頭鍼】(きゅうとうしん)

【鍼】の天辺に【お灸】を乗せて、

【熱刺激】も合わせて行います。

【三稜鍼】(さんりょうしん)

【ドロドロの血】を排出させる目的で

使用される【鍼】です。

【電気鍼】(でんきしん)

【鍼】に【パルス器】を接続して、刺激します。

【貼る鍼】

・【円皮鍼】(えんぴしん)

・【皮内鍼】(ひないしん)

【刺さない鍼】

【接触鍼】

・【てい鍼】(ていしん)

・【員利鍼】(いんりしん)

【小児鍼】

・【ローラー鍼】


 

 

【鍼先の形】

【鍼の先】の事を【鍼尖】(しんせん)と言います。

【鍼尖】には、以下の種類があります。

【スリオロシ形】

【鍼体】の根部から順次細くしたもの。

【打鍼法】で使う【鍼】です。

【長所】

・「刺し」やすい

【短所】

・「曲がり」やすい

・「痛み」を与えやすい

【ノゲ形】

【鍼尖】の上部約1.5mmぐらいのところから「細く」したもの。

【撚鍼法】で使う【鍼】です。(柳葉形ができるまで)

【長所】

・「刺し」やすい

・「曲がり」にくい

【短所】

・「痛み」を与えやすい

【卵形】

【鍼尖】が卵のように丸味をおびています。

【長所】

・「曲がり」にくい

【短所】

・「刺し」にくい

・「痛み」を与えやすい

【松葉形】

【鍼尖】の少し上から「細く」して、

【ノゲ形】と【卵形】の中間の形にしたもの。

【長所】

・「刺し」やすい

・「痛み」が少ない

一般的に広く使用されている【鍼先の形】です。

【柳葉形】

【松葉形】より少し鋭利にしたもの。

【撚鍼法】で使う鍼。


【鍼の材質】

 

【金鍼】

【金】を含んだ【鍼】。

【長所】

・【柔軟性】がある

・【弾力性】がある

・「刺した時」に「痛み」が少ない

・【腐食】しにくい。

【短所】

・【高価】

・【耐久性】がない

【銀鍼】

【銀】を含んだ【鍼】。

【長所】

・【柔軟性】がある

・【弾力性】がある

・刺入時の刺痛が少ない。

・【金鍼】に比べると「安い」

【短所】

・【耐久性】がない

・【酸化】しやすい

・【腐食】しやすい。

【ステンレス鍼】

【鉄】に【クロム】や【ニッケル】を混ぜて「錆びにくく」した【鍼】。

【長所】

・「刺し」やすい

・「折れ」にくい

・【腐食】しにくい

・【安い】

・【滅菌処理】の耐久性が高い

【短所】

・「刺した時」に「痛み」を感じる

・【柔軟性】に劣る

・【弾力性】に劣る

一般的に広く使用されている【鍼の材質】です。

当治療院では、【ステンレス製】の【ディスポーザブル鍼】(使い捨て)を使っています。


 

 

【刺さない鍼】:【接触鍼】【小児鍼】

 

【小児鍼】とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【てい鍼】 【員利鍼】

 

写真でご紹介している製品は、

【片方:てい鍼】で、【反対側:員利鍼】になっています。(1本2役)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ローラー鍼】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【鍼の手技】

 

【火鍼】

【透鍼】(透刺)

 

 

 

【火鍼療法】(燔鍼)

 

【火鍼療法】とは?

 

【火鍼療法】とは【中国】の伝統的な治療法です。

「火で熱した針」を【体】に刺し、意図的に『やけど』を作り、

『やけど』を修復させる事で、【自然治癒力】を高めます。

 

【火鍼】の主な適応疾患

 

【皮膚病全般】(吹き出物、魚の目、潰瘍)

【腰痛 】

【痛風】

【肩関節周囲炎】(五十肩)

 

【火鍼療法】の動画

 

【火鍼療法】の動画を見る

http://v.youku.com/v_show/id_XMjI0OTI1OTk2.html

 

 

 

【透鍼療法】(透刺)

 

【透鍼療法】とは?

 

「あるツボ」から「別のツボ」に向かって2箇所を繋ぐように鍼を刺す治療法です。

「1本の鍼で2つのツボを繋ぐように貫通させる」

「1本の鍼で2つのツボを繋ぐが貫通させない」

「2本の鍼でそれぞれのツボに向かって刺す」

など・・・様々な方法があります。

 

【透鍼】の主な適応疾患

 

【透鍼療法】の動画

 

【透鍼療法】の動画を見る

http://v.youku.com/v_show/id_XMjc4OTMzNjI4.html

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情