【頭痛】(片頭痛・頭が痛い)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【頭痛】(片頭痛・頭が痛い)

 

 

 

【頭痛】の種類

 

【緊張型頭痛】(筋収縮性頭痛)

【片頭痛】

【群発性頭痛】

【薬物乱用頭痛】

 

【頭痛】の統計情報

 

「頭痛を感じている人は約4000万人!!」

※15歳以上の国民の40%を占める

「【片頭痛】患者は約800万人(頭痛の8%)」

「【片頭痛】患者は約800万人(頭痛の8%)」

「【頭痛薬】として市販薬のみを利用している人が半数以上!!」

「【薬物乱用頭痛】が増えている」

 

【危険な頭痛】すぐ病院へ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【頭痛ダイアリー】(日本頭痛学会)

【頭痛の経過】をつけて「記録を残し観察する」事で、

ご本人の【頭痛の性質】がよく判ってきます。

医師が【診断・治療】をする際にとても役に立つ為、

【頭痛ダイアリー】を推奨している医師も多くいるようです。

 

【頭痛ダイアリー】の用紙を入手する!!
http://www.jhsnet.org/dr_medical_diary.html

 

 

 

【緊張型頭痛】(筋収縮性頭痛)

 

【緊張型頭痛】とは?

 

【20〜50歳代】に多い【頭痛】です。

 

【ベルトで締め付けられるような痛み】や【頭重感】が、

【側頭部】【後頭部〜頚部】に生じます。

 

【激しい痛み】ではないけれど・・・

【重苦しい痛み】が「ダラダラと長く続く」事が特徴です。

 

【緊張型頭痛】の症状

 

「ズキズキ」しない。【非拍動性】

「重苦しい痛み」が何日も続く。【持続性の慢性頭痛】

「絞めつけられるような痛み」【頭重感】【頭帽感】【緊縛感】

【頚〜肩】が凝っている

【悪心】

【めまい】

 

【緊張型頭痛】の原因

 

【頭〜頚〜肩】の筋肉が張っている

【姿勢】が悪い(長時間同じ姿勢でいる)

【精神的ストレス】

 

【医師】:【緊張型頭痛】に対する治療

「日常生活の指導」がメインとなっているようです。

【薬】は補助的に処方されます。

【日常生活の改善】

・姿勢を正す
・肩凝りをほぐす
・気分転換

【薬を処方】

・【鎮痛薬】
・【抗うつ薬】
・【筋弛緩薬】
・【抗不安薬】

【緊張型頭痛】に対する鍼灸治療

 

【筋肉が硬くなっている】【血行が悪い】事が原因です。

 

【筋肉の状態】をチェックして、【症状に最適なツボ】を利用しながら、

【頭】【頚〜肩】を中心に

【筋肉の緊張を緩める】【血液の循環を良くする】目的で、

【鍼刺激】を行います。

 

 

 

 

【緊張型頭痛】に対する対処法・予防法

 

【緊張型頭痛】日常生活で気を付ける事

 

【姿勢】に気を付ける

【頸〜肩】の筋肉の緊張をとる

【入浴】をして、【後頭部】を温める

【精神的ストレス】を溜め込まないよう、【気分転換】をする

【肩こり】解消の【体操】をする

 

【頚のストレッチ】で凝りを解消

 

【顔】を左右順番に横に向けて【3秒間】停止。

【顔】を下に向けて【3秒間】停止。

【顔】を上に向けて【3秒間】停止。

【頭】をユックリまわす

 

 

【肩のストレッチ】で凝りを解消

 

【手】を「ダラ〜ン」と下げて、

息を吸いながら【両肩】を上げて【頚】をすくめ、

息を吐きながら【肩】を「スト〜ッン!」と落とす。

体の前で【両手】を組み、【掌】を外側に向けて反転させます。

そのままの状態で【両手】を上に持っていく。

そのまま、体を【左右】にユックリ倒して【脇腹】を伸ばす。

【顔】は正面を向いたまま、体を【左右】にユックリねじります。

 

 

 

 

【片頭痛】(片頭痛型血管性頭痛)

 

【片頭痛】とは?

 

【10〜40歳代】の【女性】に多く、

「ズキズキする痛み」が【頭】に生じます

「強い頭痛が急激に襲ってくる」のが特徴です。

 

 

【片頭痛】は、【加齢】と共に減ってきます。

【加齢】と共に、「血管が少しずつ硬くなる」事が原因のようです。

 

【片頭痛】の症状

 

【コメカミ】や【目の奥】が「ズキズキ」痛む。

※「脈を打つ」ような【拍動性】

【痛み】が繰り返し発生する

※月に1〜2回、数時間痛む【反復性の慢性頭痛】

【頚〜肩】が凝っている

【目】が「チカチカ」する。

※【頭痛の前兆】として【閃輝暗点】を感じる人がいます

【吐き気】がする

【光】【音】【匂い】に敏感になる

【頭痛】の時は【横になる】方が楽に感じる。

【低気圧】で頭痛が発生する。

※『翌日雨降る』のがわかる。

 

 

【片頭痛】の原因

 

【頭部の血管】が【拡張】している。

何かのキッカケで【脳の血管】が広がり、炎症が起こると【痛み】を感じる。

【自律神経の乱れ】(副交感神経が高くなっている)

【精神的ストレス】

【肉体的疲労】

【睡眠不足】

【生理】のタイミングで発症する。

 

 

【片頭痛】に対する医師の治療

【薬】による処方が中心となっているようです。

【トリプタン】

【血管の拡張】や【炎症を抑える】お薬です。

 

【トリプタン】には、【錠剤】【点鼻薬】【注射(自分で打てる注射)】のタイプがあります。

 

医師の指導の元、

服用する事で生活の質は非常に高まります。

【片頭痛予防薬】

【2〜3カ月】服用し、経過を観察します。

・【カルシウム拮抗薬】
・【抗うつ薬】
・【ベータ遮断薬】
・【抗てんかん薬】

 

 

【片頭痛】に対する鍼灸治療

 

【血管を圧迫】して【血流を妨げる】と症状が改善されます。

 

【血管の収縮】には【自律神経】が関係します。

【自律神経の乱れ】を整える目的で、

【頭】【頚】【背中】を中心に、【鍼刺激】を行います。

 

 

【片頭痛】に対する対処法・予防法

 

暗く静かなところで【休む】

少し【眠る】

【痛む】ところを【冷やす】

【コメカミ】を抑える

【運動】【入浴】【飲酒】などを避ける

【睡眠時間】に注意 (寝不足・寝過ぎ両方NG!!)

【食事】はシッカリ3食摂る

 

 

 

【薬物乱用頭痛】

 

【薬物乱用頭痛】とは?

 

【頭痛薬】を使い過ぎてしまった為に症状が更に悪化し、

毎日頭痛に悩まされるようになる方がいるようです。

これを【薬物乱用頭痛】と言います。

 

【薬物乱用頭痛】の主な症状

 

【午前中】に【痛み】が強い

【緊張型頭痛】のような「だらだら長く続く痛み」と、

【片頭痛】のような「非常に強い頭痛」が混在する

 

【薬物乱用頭痛】になる危険信号

 

月に【10日】以上【頭痛薬】を服用している

「痛くない」のに予防として自分で判断して飲んでしまう

 

 

 

【群発性頭痛】

 

【群発性頭痛】とは?

【20〜40歳代】の【男性】に多い【頭痛】です。

 

【えぐるような痛み】【突き刺すような痛み】が、

【眼の奥】に生じ、【前頭部】【側頭部】に広がります。

 

 

【群発性頭痛】の症状

 

片側の【眼の奥】に耐えられない程の【激痛】が起こる

【寝ている】間に起こる事が多い

【一定の期間】に集中して発生する

【涙】がでる

【眼の充血】(結膜充血)

【鼻】が詰まる (鼻閉)

【汗】がいっぱいでる

 

【群発性頭痛】の原因

 

【海綿静脈洞】内での【炎症】に引き続き、

【動脈】拡張が起こるために周囲を圧迫し、

【自律神経症状】および【頭痛】を引き起こすと考えられています。

 

【医師】:【群発性頭痛】の治療

 

【トリプタン】

【血管の拡張】や【炎症を抑える】お薬です。

 

効き目が一番早い【注射】が良い。

 

※【トリプタン】には・・・

【錠剤】【点鼻薬】【注射(自分で打てる注射)】のタイプがあります。

【酸素の吸入】


 

 

 

【東洋医学】頭痛の原因

 

【外感性頭痛】

 

【風】【寒さ】【暑さ】【湿気】などの【環境】が、

【体内へ】悪い影響を及ぼし、【気の停滞】が起こっている状態。

一般的に、【急に強い痛み】が現れます。

 

【内傷性頭痛】

 

【内臓のトラブルに伴う頭痛】

【精神的ストレス】

【偏った食生活】

【肉体的疲労】などが原因で、【体内から発生する】頭痛です。

一般的に・・・【ぼんやりした痛み】が長く続きます。

 

 

 

【鍼灸治療】頭痛

 

 

【頭痛】に対する鍼灸治療

【緊張性頭痛】【片頭痛】【心因性の頭痛】には、【鍼灸治療】がお薦めです。

 

【頭痛】の原因を探り、【症状】に合わせて治療する事が大切です。

 

また・・・

【頚椎の異常】【眼・耳・鼻・歯などの異常】による場合にも、

【病院での治療】と併行して症状の軽減のために鍼灸治療する方もおります。

 

「病院でただお薬を処方して貰っているだけ!!」

「頭痛薬の常用を避けたい!!」と感じている方は、

是非、鍼灸治療をお試し下さい。

 

 

 

 

頭痛に対する鍼灸治療の症例

 

【39歳女性】 偏頭痛

★主な症状★
・偏頭痛・・・小学生の頃から。母親、祖母も同じ症状。
・1年前から不眠症で薬を服用している。(寝付き↓、目が覚めてしまう)
・目の充血
・鼻詰まり
・腰痛・・・ギックリ5回

★鍼灸治療★
体の反応点を探りながら、頚〜肩の筋肉の緊張を解し、自律神経の調節を目標に鍼灸治療しました。偏頭痛は、「頭部の血管が拡張している」事も原因の1つなので、顔&頭の指圧も行いました。

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情