トリガーポイント

HOME > 東洋医学について > トリガーポイント

 

 

 

 

トリガーポイントとは?

直訳すると「ひきがね点」という意味です。筋肉の部分的に硬くなったもので、このポイントが原因となり、様々な痛みやコリなどのつらい症状を引き起こしているのです。つまり、「痛みの原因のポイント」で、慢性的な痛みの原因と言われています。このトリガーポイントは、痛みのある場所から離れている事もあります。

トリガーポイントの特徴

痛覚が過敏になり、強く押すと飛び上がるほど痛む場所です。

トリガーポイントを押すと、広い範囲に痛みが広がります。(関連痛)

血流が悪くなると、痛み物質が放出され様々な痛みやしびれが発生します。

トリガーポイントができる原因

怪我などによる筋肉の損傷

筋肉の疲労・・・姿勢、使い過ぎなど

老化

トリガーポイントに対する治療法

医療機関でトリガーポイントに局所麻酔を注射する。

鍼灸治療・・・「トリガーポイント」に対して鍼灸治療をする。

マッサージ・・・「トリガーポイント」に対してマッサージ(ストレッチ)をする。

東洋医学では「トリガーポイント」を探して治療します

マッサージを受けると、「ズーンと響いて痛気持ちい!!」「自覚してなかったけれど、そこを押されるとズーンと響いて気持ちよかった!!」・・・という経験がある方も多いと思います。これが、「トリガーポイント」です。

鍼灸治療では、ツボを指標にして圧痛点・反応点を探りながら治療します。これは、「トリガーポイント」を探しているのです。深い筋肉にトリガーポイントがあっても、鍼ならピンポイントで刺激ができます。

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情