【足首が痛い・ 足首の怪我】(捻挫・変形性足関節症)

HOME > 症状で探す >【足首が痛い・ 足首の怪我】(捻挫・変形性足関節症)

 

 

【足首の痛み】には・・・鍼灸治療がお薦め♪

次の様な場合には、【鍼灸治療】がお薦めです!!

【捻挫】の痛みが長引いている

昔、怪我した後遺症で、ふとした時に【足首が痛む】

 

 

 

 

【足首が痛い】理由

 

【捻挫】

【変形性足関節症】

 

 

 

【足首】について

 

【足首の構造】

 

足首は、【4つの骨】【靭帯】【軟骨】で構成されています。

【骨】は【靭帯】で結ばれていおり、

【骨】と【骨】の間には【軟骨】があります。

 

【靭帯】と【軟骨】が、

衝撃を吸収するクッションの役割を果たしています。

 

【骨】

・【脛骨】
・【腓骨】
・【踵骨】(『かかと』の骨)
・【距骨】

【軟骨】

 

【靭帯】

★【前距腓靭帯】★
【距骨】と【腓骨】を繋ぐ【靭帯】
・【後距腓靭帯】

★【踵腓靭帯】★
【踵骨】と【腓骨】を繋ぐ【靭帯】

 

【足首の役割】

 

【足首の関節】は、

『立ったり』『歩いたり』する時の衝撃を吸収しながら、

体重を支える機能がある。

 

 

 

【捻挫】について

 

【捻挫】とは?

 

【捻挫】とは、【足首】に強い力が加わって、

『靭帯が伸びたり』『靭帯に傷がついたり』『靭帯が切れた』状態で、

【足首】に『痛み』が発生します。

※【前距腓靭帯】や【踵腓靭帯】を傷める場合が多い。

 

 

通常は、2〜3週間で痛みが取れますが、

【軟骨】まで傷めると、『痛み』が長引きます。

 

 

また、『足首のぐらつき』を残したまま放置しておくと、

【捻挫】を再発しやすくなります。

 

 

【捻挫】の原因

【階段】につまずく

【凸凹道】で足をくじく

【転落事故】

【交通事故】

 

 

【捻挫】の応急処置

【安静】にする

【冷やす】

 

 

 

【変形性足関節症】

 

【変形性足関節症】とは?

【骨】と【骨】の間には、

【クッション】の役割をする【軟骨】があります。

【軟骨】は、70%が水分で構成されています。

加齢と共に、【軟骨の水分】が減ってくると、

【軟骨の厚み】がなくなり、

【関節の隙間】が狭くなり、

【関節】に炎症が起こりやすくなります。

 

 

【変形性足関節症】の原因

 

【軟骨の厚み】

【軟骨の水分】が減った。

【偏った加重】

【O脚】などにより、

体重のかかり方に偏りがある。

【関節が不安定】

以前、【足首】を傷めた事があり、

ぐらついている。

 

 

 

【足首の痛み】が長引く要因

 

【脳】や【脊髄】が痛みを記憶してしまう

痛みを伝える【神経】のトラブル

【体重】のかかり方が、偏っている

【アキレス腱】の柔軟性が低い

 

 

【足首の痛み】に対する鍼灸治療

 

【痛み】物質を追い出し、【鎮痛物質】を誘導する

【足首】や【足の骨】の関節の柔軟性を高める

【アキレス腱】の柔軟性を高める

目的で、【鍼】【お灸】【マッサージ】を行います。



 

 

 

【予防法】:【足首の怪我】を予防する!!

 

足首の怪我を予防するには・・・

【アキレス腱】をシッカリ伸ばし、柔軟性を高める

【腓骨筋】を鍛える

 

【アキレス腱】を伸ばす (二人でやる場合)

『お風呂上がり』がお薦めです。

【膝】を伸ばして座る

片手で【かかと】を持ち、

【親指】と【人差し指】で【アキレス腱】を伸ばす。

ほう片方の手で、足先を体の方へ傾ける。

※10回程繰り返す。

 

 

【アキレス腱】を伸ばす (一人でやる場合)

『お風呂上がり』がお薦めです。

【膝】を伸ばして座る

【足の裏】にタオルを引っかける

【足首】の力を抜きながら、【体】を後ろに倒す。

※10回繰り返す

 

 

【腓骨筋】を鍛える 

転ばないよう、【壁】や【イス】に手を添えて行って下さい。

 

【肩幅】に足を広げて立つ

【足先】を内側に向けて、『ハの字』にする。

【親指の付け根】に意識を集中しながら、

【つま先立ち】を10秒間。

※10回繰り返す。

 

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情