【排尿障害】(頻尿・尿切れ・残尿感)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【排尿障害】(頻尿・尿切れ・残尿感)

 

 

プライバシーポリシー。守秘義務について【プライバシーポリシー】(守秘義務に関して)

 

 

【排尿障害】:【鍼灸治療】がお薦め♪

 

以下の項目に該当する場合は、副作用のない【鍼灸治療】がお薦めです。

【病院】で検査を受けて『異常がなかった』けれど・・・

  ●『トイレが近くて困る』

  ●『尿の出が悪い』

処方された【薬】を服用しても改善されない

 

 

 

 

【東洋医学】:【排尿障害】の原因

 

 

【腎の失調】

 

【腎の機能】には・・・

【膀胱】が『【尿】を排出する』タイミングを

  コントロールする役割があります。

 

その為、【腎の機能】が低下すると、

【膀胱】が【貯尿】【排尿】のコントロールできずに、

●「失禁する」

●「頻尿」

●「尿がスッキリでない」などの症状が発生します。

 

 

【脾】の失調

 

【脾の機能】には・・・

『飲食物』から栄養分を吸収し、

  【気・血エネルギー】を生成します 。

『偏った食事』や『疲労』などによって

  【脾の働き】が低下すると、

  【他の臓腑】へ【気・血エネルギー】が行渡らなくなります。

 

その結果、

●『体内を巡る水液量』が低下する

●『尿を排出する力が弱い』etc.により、

『尿の排出量』に影響を及ぼします。

 

 

【肝】の不調

 

【精神的ストレス】などにより、

【肝の働き】が失調すると・・・

  【気・血】の運行が滞り【他の臓器】に影響を及ぼします。

 

例)【三焦の機能】が低下すると、【水分の代謝】が悪くなるので

●「浮腫み」

●「尿がスッキリでない」などの症状が発生します。

 

 

 

 

【排尿障害】

 

 

【排尿障害】の種類

 

【排尿の障害】には、

●『尿が多く出る』障害

●『尿が出なく』なってしまう障害

・・・があります。

 

【頻尿】

【頻尿】について

【夜間頻尿】

【睡眠中】に、2〜3回以上

「トイレで目が覚める」場合を

【夜間頻尿】と言います。

【尿が垂れる】

●『尿の切れが悪い』

●『排尿が終わった後に、尿がポタポタ垂れる』状態

【尿切れが悪い】について

【尿意切迫感】

●「健康な人」は、

  最初に「尿意」を感じてから

 「1時間」程度「おしっこ」を我慢できます。

●『我慢する』事ができない【尿意】を、

 突然感じる場合を【尿意切迫感】と言います。

【切迫性尿失禁】

「少し前にトイレに行った」にも関わらず、

またすぐに【尿意】を感じ、

「トイレに着く」まで『我慢できず』に、

「漏らしてしまう」のが【切迫性尿失禁】です。

【腹圧性尿失禁】

●「重い物を持ち上げた」

●「笑う」

●「咳・くしゃみをする」

●「いきむ」

●「運動中」など・・・

【お腹】に急激に

「圧力が加わった」時に起こる「尿もれ」を

【腹圧性尿失禁】と言います。

特に「出産経験がある女性」に多い傾向があります。

【混合性尿失禁】

●急な【尿意】を我慢できない【切迫性尿失禁】と、

●【お腹】に何らかの圧力がかかると「尿が漏れる」

 【腹圧性尿失禁】

・・・の両方が「混合しているタイプ」です。

 

 

 

 

【排尿】について

 

 

【排尿回数】

 

次のような事が、【排尿回数】に関係します。

【膀胱の容量】

【一日の尿量】

【残量感】

【膀胱】や【膀胱頚部粘膜】の炎症などの刺激状態

【下部尿路閉塞】

 

※24時間以内における【正常尿量】は、

「食べ物」「飲み物」「年齢」「環境」「気候」「健康状態」などにより変化します。

 

 

【成人の正常な排尿回数】

 

【日中】

5〜7回

【夜間】

0〜1回

 

 

 

 

【尿漏れ】

 

 

【尿漏れ】のタイプ

 

【腹圧性尿失禁 】

『【内臓】を下から支えている』

【骨盤底筋】が緩む事によって、

【膀胱】などの位置が下がってしまい、

●「【膀胱】の出口が広がる」

●「【尿道】がきちんと閉まらなくなる」状態です。

【お腹】に力がかかった時に、

【膀胱】に圧力がかかり

「尿が漏れて」しまいます。

【切迫性尿失禁】(過活動膀胱)

【膀胱】の中に

「尿が少ししか溜まっていない」のに、

【膀胱】が勝手に収縮してしまい

、急な【尿意】により、

間に合わずに「尿が漏れて」しまいます。

【過活動膀胱】について

【頻尿】について

 

 

【尿漏れ】の原因

 

【骨盤底筋 】

【骨盤底筋】が緩む

【膀胱】

勝手に【膀胱】が収縮する

【中枢神経疾患】

●「尿を溜める」

●「尿を出す」など・・・

【排尿のコントロール】は【脳】で行われています。

【脳卒中】などにより【中枢神経】に障害が起こると、

『勝手に【膀胱】が収縮する』

【過活動膀胱】による【切迫性尿失禁】が起こります。

プライバシーポリシー。守秘義務について【過活動膀胱】について

 

 

 

 

【尿が出にくい】

 

 

【尿が出にくい】病気

 

【男性の病気】

【前立腺肥大】

【女性の病気】

【膀胱瘤】

【残尿感】(尿切れが悪い・低活動膀胱・膀胱瘤)

 

 

 

 

【腹圧性尿失禁】

 

【腹圧性尿失禁】とは?

 

【内臓】を下から支えている【骨盤底筋】が緩む事によって、

【膀胱】などの位置が下がってしまい、

●「膀胱の出口が広がる」

●「尿道がきちんと閉まらなくなる」状態です。

 

【お腹】に力がかかった時に、

【膀胱】に圧力がかかり「尿が漏れて」しまいます。

 

 

【病院】:【腹圧性尿失禁】の治療法

 

【手術】

「メッシュで作られたテープ」を

【膣】から【尿道】の下に挿入して【尿道】を支えます。

 

 

【骨盤底筋体操】

 

【骨盤底筋体操】を鍛える【体操】です。

【肛門】や【膣】の辺りの【筋肉】を

●「1〜2秒間:締め」

●「1〜2秒間:緩める」

【締めた筋肉】を

●【胃】に向かって引き揚げて「5秒間:キープ」

●「5〜10秒間:緩める」

●【5回】を【1セット】。

●【1日:10セット】が目安です。

 

 

出張鍼灸治療【よくあるご質問】

 

 

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】(受付:17時迄)

【17〜20時】の間は【回数券購入の方】専用

予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情