【顎関節症】(口が開かない)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【顎関節症】(口が開かない)

 

 

 

【顎関節症】には鍼灸治療がお薦めです♪

 

症状の原因が以下に該当する場合、【鍼灸治療】がお薦めです。

【顎を動かす筋肉】(咀嚼筋)の障害

【顎関節】を取巻く【関節包】や【靭帯】の障害

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【顎関節症】の治療

 

 

【顎関節症】に対する鍼灸治療の目的

 

【筋肉】

「顎を動かす筋肉」が硬くなっていると、

  【口を開けたり、閉じたり】する際に、

  制限がかかってしまいます。

筋肉を柔らかくして、

 【顎の関節の動き】をスムーズにします。

【痛み】

【鍼】を刺すことで、

 【痛み】物質を追い出し【鎮痛物質】を誘導します。

【炎症】

【鍼】を刺すことで【炎症】を抑えます

 

 

【顎関節症】に対する鍼灸治療

 

【顎・肩の筋肉】

「口の開閉」に関わる【顎周辺の筋肉】に対して、

  ●【関節の動きを改善する】

  ●【痛みの緩和】

  ●【炎症を抑える】為に、まずは、アプローチします。

【顎】は、【肩の筋肉】との連動性が高く、

  【顎のトラブル】には、

  【肩の筋肉】に対してもアプローチが必要です。

 

※【顔】には、「極細の鍼」を使用致します。

※【鍼】をする事により、

  ●「一時的に血が出たり」

  ●「内出血する」(10日程で消えます)

    場合がございますのでご了承下さい。

 

 

【顎関節症】に対する自宅ケア法

 

【関節を動かす】

『ストレス』がかかると・・・

  【顎・頚・肩】等の筋肉が硬くなり、

  『血行が悪く』なります。

『関節を後ろに向かって動かす』刺激が、

  『筋肉のストレッチ』&『ポンプ作用』となって、

  『体液の循環』(老廃物の排出)を促します。

 

【顎】

【下の画像】の様に指を当てて、

  軽く顎を広げる

顎関節症

【耳たぶ】

【耳たぶ】を回す

  【周辺のリンパ節】の詰まりを取ります。

@【耳たぶ】の付根を指で軽くつまむ

A『ゆっくり』『軽く』後ろへ回す(5回)

【肩】

『肩を動かす』

@【腕】を真横に広げる

A『胸を開いた』状態のまま、【肘】を90度に曲げる

B『肘先で大きな円を描く』事をイメージしながら、

 ユックリと【腕】を後ろに回す。(5-10回)

※『ラジオ体操』でも良いです。

 『肩の動き』を意識しながら、腕を動かしましょう。

 

 

 

 

【顎】について

 

 

【顎の関節】について

 

【顎の関節】は、【側頭骨】と【下顎骨】の間に、

クッションの役割をする【関節円板】が挟まって形成されています。

 

【顎関節】の確認

「耳の穴の前辺り」を指で軽く押さえながら、

  「口を開け閉め」すると、

  「コブ」が動くので【顎の関節】を確認できます。

 

 

 

 

【顎関節症】

 

 

【顎関節症】とは?

 

【顎関節症】とは・・・

「口が思うように開かない」

「口を開けると痛い」

「口を開けると音がする」

といった症状が続く、「顎の関節に異常」を起こした状態です。

 

 

●「安静や生活習慣の改善など」で自然に治る

【軽い症状】のものから・・・

●「めまい」

●「不眠」

●「口が開かないために食べれない」など・・・

日常生活に支障が出るほどの【重い症状】のものまであります。

 

 

【顎関節症】の分類

【顎関節症】は、次のように分類されます。

【顎を動かす筋肉】(咀嚼筋)の障害

【顎関節】を取巻く【関節包】や【靭帯】の障害

【関節円板】(顎関節の間にあるクッション)の障害

【関節自体の変形】

【その他】

 

 

【顎関節症】の症状

 

「口を開けると音がする」【関節雑音】

「口が思うように開かない」【開口障害】

「口を開けると痛い」(顎関節や咀嚼筋の疼痛) 

【頸】【肩】【背中】の凝りや痛み

【コメカミ】に違和感がある

【頭痛】【めまい】【耳鳴り】【難聴 】

【不眠】

 

 

【顎関節症】の原因

 

【顎顔面の外傷】

●【打撲】

●【事故】

【歯の構造】

●「噛み合わせ」

●「歯並び」の悪さ

【精神的ストレス】

 

【ホルモンの変化】

●【妊娠】【出産】

●【更年期障害】

【更年期障害】(女性)

【更年期障害】(男性)

【生活習慣】

【歯ぎしり】

【歯をくいしばる】

「カチカチ」と歯をならす

一方のみで食物を噛む「偏った噛み癖」

【頬杖をつく】

【うつ伏せ寝】

 

 

 

 

【医師】:【顎関節症】の治療

 

 

【顎関節症】の治療

 

【安静】

【顎関節】の安静を保つ

【薬】

・【消炎鎮痛薬】

・【筋弛緩薬】など

【理学療法】

・【電気】

・【超音波】

【手術】

変形が著しい場合は【手術】

 

 


出張鍼灸治療【多いお問い合わせ】

 

 

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】(受付:17時迄)

【17〜20時】の間は【回数券購入の方】専用

予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情