●【性行為なしで射精する】
●【勃起せずに射精する】
●【精液が漏れる】
●【遺精】

HOME > 症状で探す >【性行為なしで射精する】【勃起せずに射精する】)

 

 

プライバシーポリシー。守秘義務について【プライバシーポリシー】(守秘義務に関して)

 

 

【夢精】について

 

【夢精】とは?

【睡眠中】に【射精】してしまう事を【夢精】と言います。

 

 

【夢精】の症状

 

【睡眠中】に【性的な夢】を見て、

  【オルガズム】を伴って、【勃起】してから【射精】する

【性的な夢】をみてなく、【オルガズムを伴わない】のに【射精】する

【勃起】をせずに【射精】する

 

 

【思春期】:【夢精】の原因

 

【夢精】は・・・

【思春期(10〜15歳くらい)】の【男子】に多く見られます。

 

【精子の生成】

【思春期】には、【精子の生成】がさかんになります。

その為、【自律神経】を介して

【射精反射】が起こると考えられます。

 

※【精液の成分】である

【精嚢腺の分泌量】や【前立腺の分泌量】が増えます。

【圧迫】

【寝ている間】は・・・

【膀胱】が「尿で充満する」ため、

接している【精嚢腺】や【前立腺】が【圧迫】されて、

【夢精】が発生すると考えられています。

 

 

 

 

●【思春期】の【夢精】は、【生理現象】なので、【病気】ではありません。

●【成人男性】の場合でも、「1月に1〜2回の夢精」は問題ありません。

 

 

注意を要する【夢精】

 

「頻繁に夢精が起こる」上に、

次のような症状を伴っている場合は「治療が必要」です。

めまい

不眠

耳鳴り

足腰のだるさ

精神的不安

 

 

日常生活で気を付ける点

 

寝る前に「性刺激のある映像」などを目にしない

「きつい下着」の着用を避ける

「重い布団」を避ける

 

 

 

 

【遺精】について

 

 

【遺精】とは?

 

【性行為】や【マスターベーション】と関係なく、

【精液】が漏れる状態のことを【遺精】といいます。

 

 

【遺精】の種類

 

【生理的遺精】

●思春期の夢精

【病的遺精】

特に【性的感情】や【刺激】がなく、【勃起】もない状態で度々起こる【射精】は、【病的遺精】に該当します。

 

 

【遺精】の原因

 

【脊髄神経疾患】

 

【精神的ストレス】

【性の悩み】【緊張】【焦り】など・・・

【肉体的疲労 】


【禁欲】

●【マスターベーション】(自慰行為)

●【性行為】・・・・の回数が少ない

【泌尿器・生殖器の病気】

●【包皮炎】

●【真性包茎】

●【前立腺炎】など・・・

 

 

 

 

【東洋医学】について

 

 

【気(エネルギー)】の主な作用について

 

【気の作用】には・・・

【体液】を本来の場所に【キープ】する作用があります。

  ●【血管】から【血液】が漏れ出ないよう調節する

  ●【汗】【尿】【精液】の排出をコントロール

 

【気の働き】が低下すると・・・次のような症状が発生します。

【体液のキープ力低下】

【尿失禁】【頻尿】【早漏】【遺精】

※【気の働き】と【臓腑の働き】が合わさって各症状は現れます。

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【遺精の原因】

 

 

【精神的ストレス】


【精神的ストレス】により・・・各機能が低下してしまうと、

【気血(エネルギー)】の巡りが悪くなり、

【性器】に【栄養】が行き渡らなくなってしまいます。

 

すると・・・【精液】を留めておく【キープ力】が無くなり、

【精液】が漏れてしまいます。

 

 

【気血(エネルギー)】の不足


【慢性の病気】【加齢】【精神的疲労】【肉体的疲労】【寝不足】などにより、

【気血(エネルギー)】が【消耗】または【不足】してしまったり、

【食物】から【気血(エネルギー)】を生成する能力が低下してしまうと、

「体液をキープ」しておく力が低下してしまい、【精液】が漏れてしまいます。

 

 

【飲食不摂生:食生活の乱れ】


東洋医学では・・・

【甘い物】の摂り過ぎ、

【味の濃い物】の摂り過ぎ、

【油っぽい物】の摂り過ぎ、

【お酒】の飲み過ぎなどにより・・・

【消化吸収機能】が低下してしまうと、

体内に【余分な熱(湿熱)】が発生すると考えられています。



その発生した【湿熱】が【性器】に達すると、

【精液を管理する機能】を低下させてしまい、

【精液をキープする力】が弱まり、【精液】が漏れてしまいます。

 

 

【腎精の不足】


東洋医学では・・・

【性行為】【生殖機能】【成長】【発育】

に関わる【エネルギー】の事を、【腎精】と呼びます。



この【腎精】は・・・

【加齢】【慢性の病気】【性行為のし過ぎ】

【オナニー行為のし過ぎ】などにより、失われていきます。



【腎精】が不足すると・・・

【生器】に【栄養】が行き渡らなくなってしまいます。

【精液】を管理する機能が低下するので、

「精液をキープする力」が弱くなり、【精液】が漏れてしまいます

 

 

 

 

【遺精】に対する鍼灸治療

 

 

【遺精】に対応できる鍼灸師は圧倒的に少ない!!

 

国家試験に出題されない。

専門学校では、習わない。

経験豊富な講師がいない!

誰もが治療に関心を持つ症状ではない!

 

・・・・などの理由により、日本では、

【遺精】(射精トラブル)に関して、

「詳しい治療法を知らない」「治療経験がない」

【鍼灸師】が殆どです。

 

 

【中国】の鍼灸治療


【遺精】(射精トラブル)に対する【鍼灸治療】は・・・

主に鍼灸の本場【中国】で積極的に行われています。

 

しかし、【中国】では・・・

【東洋医学専門の医師】(中医師について)が鍼灸治療にあたる為、

 

●『漢方薬を併用する!』

   ●『ツボに薬液を注入する!』

   ●『ツボに医療レーザーを当てる』 など・・・

   【医師免許】を取得してない日本の【鍼灸師】では、

   対応できない治療法も多くあります。

 

また、【中国】の鍼治療は・・・

一般的に【長い鍼】【太い鍼】を使用し、

「強い刺激を与える」傾向があり、

日本人には刺激が強すぎる場合があります。

 

 

【オリジナルの遺精の治療法】を確立♪


当治療院では・・・

【中国】の情報を基に、【治療効果】を確認しながら「試行錯誤」の上、

日本人に適した【オリジナルの遺精治療法】を確立してきました。

 

【遺精】は、【鍼灸治療】による効果が期待できます。

 

「症状が長期化する前に」

「精神的ストレスにより、症状を悪化させる前に」鍼灸治療をお試しください。

 

【遺精】:鍼灸治療の目的

 

【栄養】

【精液を管理】したり、【精液をキープ】するには、

【エネルギー】が必要です。

「滞っている老廃物を排出し、

性器全体に栄養が行き渡る」よう、

【鍼の刺激】で血行を促します。

【自律神経】

「【射精中枢】への神経伝達機能が乱れている」

可能性があります。

【自律神経を整える】目的で、【鍼灸治療】を行います。


【自信】

最初の頃は【精神的ストレス】が

【遺精】の原因でなかった場合でも、

【症状が続く】事で、

「突然、意図せずに下着を汚してしまわないか?」

「下着や洋服が汚れてしまったけど、

周りに気付かれていないか?」

など・・・不安を抱えながら過ごしている内に、

【精神的ストレス】が重なり、

悪循環を引き起こしている事が多々あります。

 

【鍼灸治療】では・・・

「効果が感じられ始める」事で、

「不安」から解放され、

グングン良くなっている方も多くおります。


 

 

【遺精】:鍼灸治療の内容


【日常生活】【食生活】【体質】【体の状態】などを考慮しながら、

【お腹】【腰】【お尻】【太もも】を中心に、

【鍼】や【お灸】で刺激します。

 

【治療法】は、【低刺激】〜【強刺激】まで数種類あります。

ご希望や結果を踏まえながら、【最適な刺激量】を選択致します。

【オイルマッサージ】も合わせて行いますので、【約110分】かかります。

※その他に伴っている症状により、【治療時間】に違いがあります。

【遺精の鍼灸治療料金】について

 

【風俗行為】は一切行っておりません。

 

 

 

 

代表的なお問い合わせ内容について

 

【効果】はありますか?

 

「はい、効果があります。」

当店での【鍼灸治療後】にご報告頂いた内容を一部ご紹介致します。

●【夢精】をしなくなった。
●突然【射精】しなくなった。
●【勃起】せずに【射精】していたが、【勃起】するようになった。

※【症状の程度】(経過年数)【年齢】【日常生活】などにより、

  効果には【個人差】があります。

 

【鍼灸治療】は・・・

【薬】のように「即!」「的確に!」効果があるものではございません。

東洋医学の観点から・・・

 「妨げられている原因を探り、その原因を取り除く」もので、

 「効果はゆるやか」です。

 

 

 【治療ペース】はどれ位ですか?

 

当院では・・・

【月1回】ペースを推奨しております。

 

【鍼灸治療】には・・・

【継続な刺激】が必要になりますので、

「だらだらと長くやる」のであれば、

「一定の周期で受ける」事をお薦め致します。

 

 

【オイルマッサージ】だけでも効果ありますか?

 

「いいえ、ありません。」

 

『自然治癒の誘導』のレベルが【鍼灸】と【マッサージ】では、

全く違いますので、難しいと思います。

『発症し易いご年齢を迎えた方』には、推奨しておりません。

 

【鍼を刺す】

『筋肉の極小さな傷』⇒【怪我】

【お灸の刺激】

『熱い刺激』⇒【火傷】

 

  ・・・と『体が認識』して修復作業を始める。(自然治癒の誘導)

  事が、【マッサージ】との大きな違いです。

 

  【鍼灸治療】は、

  『体に大きな負担をかけず』に

  『ダメージを受けた!』と認識させる事ができます。

 

【マッサージ】では得られない【鍼灸治療】特有の効果について

 

   また、一般的に

【オイルマッサージ】【指圧】のみ

【鍼灸治療】のみ

【鍼灸】+【オイルマッサージ】or【指圧】

でも、『刺激に対する体の反応』は違ってきます。

 

 

その為、現在は【ED治療】には、

経験上、最も効果のあった

【鍼灸治療+オイルマッサージ】のコースに絞って対応しております。

※【オイルマッサージ】中は、【ゴム手袋】を着用しますのでご了承下さい。

 

【風俗行為】は一切行っておりません。

 

 

出張鍼灸治療【よくあるご質問】

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】(受付:17時迄)

【17〜20時】の間は【回数券購入の方】専用

予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情