【耳ツボ療法】(耳穴療法)

HOME > 東洋医学について >【耳ツボ療法】(耳穴療法)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【単純性肥満症】には【耳ツボ療法】がお薦め♪

【肥満症】について

 

 

【耳ツボ療法】の発展

 

【耳介】を【見る】【触る】【刺激する】事によって、

『【病気】を予防し、治療する』ことは、

【古代中国】の【医学文献】に早くから記載されています。

 

【1950年代】、【耳ツボ療法】は【ヨーロッパ】で盛んになりました。

 

 



【フランスの医師】である【ポール・ノジェ】氏は、

【耳のツボ】の【研究】を行い、【1957年】に世界で初めて

『耳には胎児が逆さまの形で人体の各器官が投影されている』

・・・という事を【発表】しました。

 

『耳介に焼灼して頑固な坐骨神経痛を治した』

・・・という【古代の伝承療法】からヒントを得たそうです。

 

 

 

同年、【中国語】に翻訳され、

【中国の医学者】は、【中国伝統医学理論】を結び付け、

【中国独自の耳穴診療法】を確立しました。

 

 

現在、【耳のツボ】(耳穴)は200余りに達しているそうです。

 

 

【ただの補助療法】でしかなかった【耳穴診療法】が、

現在は【独立した学科】として、広がりを見せています。

 

【耳ツボ診療法】のメリット

 

【適応症】が広い

【速効性】がある

【施術】しやすい

【副作用】や【損傷】が少ない

 

【耳ツボ診療法】に期待する作用

 

【鎮痛作用】

【消炎作用】

【アレルギー症状】に対する【免疫機能の改善】

【予防】

※【風邪】【禁煙】【乗り物酔い】など

 

【耳のツボ】に対する【刺激方法】

 

【耳圧法】

【粒】を【耳のツボ】(耳穴)に【テープ】で固定し、

【耳のツボ】を『押さえて刺激する』方法です。

 

当院では【マグレイン】という商品を使って、

この刺激方法を利用します。

【マグレイン】について

【耳ツボ療法】を体験した感想

【磁気】

【磁石の粒】を【耳のツボ】(耳穴)に貼り付ける

【お灸】

【お灸】の【温熱作用】を利用して、

【耳のツボ】(耳穴)を刺激する方法

【マッサージ】

【2種類の方法】があります。

 

【耳介マッサージ】

【耳介】の各部位を【両手】で『押さえたり』

『引っ張ったり』『揉んだり』する。

 

【耳穴マッサージ】

【圧痛棒】や【指先】で

【耳のツボ】(耳穴)を刺激する。

【鍼】

【鍼】を用いて【耳のツボ】(耳穴)を刺激する。

 

【耳穴療法】の【動画】を見る

 

【耳】に対する刺激方法を紹介(中国)


http://v.youku.com/v_show/id_XMjgzNzM2NjQ=.html

 

 

【耳ツボ療法】を体験した感想

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情