遅漏(なかなか射精できない・機能性射精不全)

HOME >【鍼灸適応疾患】> 遅漏(機能性射精不全)

 

 

プライバシーポリシー。守秘義務について【プライバシーポリシー】(守秘義務に関して)

 

 

【遅漏】は【鍼灸治療】で対応可能です♪

 

【射精障害】の種類

【鍼灸治療】の対応

【無精液症】

不可

【逆行性射精】

不可

【遅漏】

【膣内射精不能】

不可

 

 

 

 

【東洋医学】:【遅漏の原因】

 

 

【臓腑:腎】と【陰陽のバランス】が崩れた

 

【臓腑:腎】は・・・

【生殖器】と非常に深く関わります。

何らかの理由により、

 【陰陽のバランス】が崩れて【熱】が発生し、

 【腎の不調】により、【射精機能】に影響を及ぼした。

 

 

【気・血の滞り】

 

【精神的トラブル】等により・・・

『気の巡り』『血の巡り』が悪くなり、

  『精液の排出』を困難にしている。

 

 

 

 

【遅漏】:【鍼灸治療】について

 

 

【遅漏】の主な原因

 

【自律神経】の乱れ

  ※【射精中枢】が過度に抑制されています

【ペニス】が鈍感になっている

【精神的ストレス】

【肉体的疲労】

 

 

【遅漏の治療】に対応できる鍼灸師は圧倒的に少ない!

 

国家試験に出題されない。

専門学校では、習わない。

経験豊富な講師がいない!

誰もが治療に関心を持つ症状ではない!

 

・・・・などの理由により、日本では、

●「詳しい治療法を知らない」

●「治療経験がない」

【鍼灸師】が殆どです。

 

 

【中国】の鍼灸治療


【遅漏】(射精トラブル)に対する【鍼灸治療】は・・・

主に鍼灸の本場【中国】で積極的に行われています。

 

しかし、【中国】では・・・

【東洋医学専門の医師】(中医師について)が鍼灸治療にあたる為、

 

●『漢方薬を併用する!』

   ●『ツボに薬液を注入する!』

   ●『ツボに医療レーザーを当てる』 など・・・

   【医師免許】を取得してない日本の【鍼灸師】では、

   対応できない治療法も多くあります。

 

また、【中国】の鍼治療は・・・

一般的に【長い鍼】【太い鍼】を使用し、

「強い刺激を与える」傾向があり、

日本人には刺激が強すぎる場合があります。

 

 

【遅漏】:鍼灸治療の目的

 

【血流up】

「滞っている老廃物を排出し、

性器全体に栄養が行き渡る」よう、

【鍼の刺激】で血行を促します。

【感覚】

【太もも】や【下腹部】など・・・

『鈍くなってしまった感覚を戻す』事で、

【勃起】や【射精】の反応を促します。

【自律神経】

【勃起】や【射精】には、

【自律神経】が関与します。

【鍼の刺激】で【自律神経】を整えます。

鍼灸治療【自律神経失調症】について

鍼灸治療【男性:更年期障害】について

【神経伝達】

【射精中枢】が過度に抑制されている可能性があります。

【勃起】や【射精】に関与する

【神経の伝達】がスムーズに行われるようにします。

 

 

 

【遅漏】:鍼灸治療の内容


【日常生活】【食生活】【体質】【体の状態】などを考慮しながら、

【お腹】【腰】【お尻】【太もも】を中心に、

【鍼】や【お灸】で刺激します。

 

【治療法】は、【低刺激】〜【強刺激】まで数種類あります。

ご希望や結果を踏まえながら、【最適な刺激量】を選択致します。

【オイルマッサージ】も合わせて行いますので、【約110分】かかります。

※その他に伴っている症状により、【治療時間】に違いがあります。

【遅漏の鍼灸治療料金】について

 

【風俗行為】は一切行っておりません。




代表的なお問い合わせ内容について

 

【効果】はありますか?

 

「はい、効果があります。」

 

当店での【鍼灸治療】を受けた方から、

●前より反応が早くなった】と・・・パートナーから指摘された。

   ●前より「感じる」ようになった。

・・・と、ご報告を頂いてます。

※【症状の程度】(経過年数)【年齢】【日常生活】などにより、

  効果には【個人差】があります。

 

【鍼灸治療】は・・・

【薬】のように「即!」「的確に!」効果があるものではございません。

東洋医学の観点から・・・

 「妨げられている原因を探り、その原因を取り除く」もので、

 「効果はゆるやか」です。

 

 

 【治療ペース】はどれ位ですか?

 

当院では・・・

【月1回】ペースを推奨しております。

 

【鍼灸治療】には・・・

【継続な刺激】が必要になりますので、

「だらだらと長くやる」のであれば、

「一定の周期で受ける」事をお薦め致します。

 

 

【オイルマッサージ】だけでも効果ありますか?

 

 『自然治癒の誘導』のレベルが【鍼灸】と【マッサージ】では、

   全く違いますので、難しいと思います。

   『発症し易いご年齢を迎えた方』には、推奨しておりません。

 

【鍼を刺す】

『筋肉の極小さな傷』⇒【怪我】した?

【お灸の刺激】

『熱い刺激』⇒【火傷】した?

 

  ・・・と『体が認識』して修復作業を始める。(自然治癒の誘導)

  事が、【マッサージ】との大きな違いです。

 

  【鍼灸治療】は、

  『体に大きな負担をかけず』に

  『ダメージを受けた!』と認識させる事ができます。

 

【マッサージ】では得られない【鍼灸治療】特有の効果について

 

   また、一般的に

【オイルマッサージ】【指圧】のみ

【鍼灸治療】のみ

【鍼灸】+【オイルマッサージ】or【指圧】

でも、『刺激に対する体の反応』は違ってきます。

 

 

その為、現在は【遅漏治療】には、

経験上、最も効果のあった

【鍼灸治療+オイルマッサージ】のコースに絞って対応しております。

※【オイルマッサージ】中は、【ゴム手袋】を着用しますのでご了承下さい。

 

【風俗行為】は一切行っておりません。

 

 

 

 

【射精障害】について

 

 

【射精障害】とは?

 

【射精障害】とは・・・

【性行為】中に「【勃起】はするけれど【射精】できない」状態の事。

 

 

【射精障害】の種類

 

【射精障害】には、次のようなものがあります。

【無精液症】

【逆行性射精】

【遅漏】

【膣内射精不能】

 

 

 

 

【無精液症】について

 

 

【無精液症】の診断


【オルガズム】を感じた後に、【尿】を出していただき、

そのなかに「精子が見られない」ことで【診断】されます。

 

 

【無精液症】の原因

 

【糖尿病】

【脊髄損傷】

【骨盤内】や【大動脈】の手術の合併症による【神経障害】

【先天性の内分泌異常】

 

 

【無精液症】の治療法

 

医師にご相談下さい。

 

 

 

 

【逆行性射精】について

 

 

【逆行性射精】とは?

 

【射精感】はあるのに

【精液】が出て来ない事を【逆行性射精】といいます。

 

【射精】の際に・・・

【膀胱】の出口が閉鎖しない為、

  【精液】が【尿道】を通って外部に射出されずに、

  【膀胱】に逆戻りしてしまいます。

 

 

 

 

【逆行性射精】の診断

 

【オルガズム】を感じた後に、【尿】を出していただき、

そのなかに「精子が見られる」ことで【診断】されます。

 

 

【逆行性射精】の原因

 

【糖尿病】

【脊髄損傷】

【前立腺】や【膀胱】の手術

  ※【前立腺】手術による膀胱頚部の開大、

   【骨盤】内手術の合併症による【神経障害】

 

 

【逆行性射精】の治療法

 

【薬】

「交感神経を刺激する薬」や「抗うつ薬」など・・・

※【精液】が【外尿道口】から出るようにします。

 

 

 

 

【膣内射精不能】について

 

 

【膣内射精不能】とは?

 

【膣内射精不能】とは・・・

「【膣】の中で、【射精】ができない」こと。

 

「マスターベーションでは射精ができる」のに、

「膣内では射精できない」ケースが多くを占めます。

 

 

【膣内射精不能】の原因

 

【刺激量】

「非常に強い刺激」で

【マスターベーション】を行ってきたため、

「【女性の膣内】程度の【刺激】では、

【射精】に至らない」事が原因としてあるようです。

 

 

 

 

【遅漏】について

 

【遅漏】の主な原因

 

【自律神経】の乱れ

  ※【射精中枢】が過度に抑制されています

【ペニス】が鈍感になっている

【精神的ストレス】

【肉体的疲労】

 

 

出張鍼灸治療【よくあるご質問】

 

 

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】(受付:17時迄)

【17〜20時】の間は【回数券購入の方】専用

予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情