【脱毛症】

HOME >【鍼灸適応疾患】>【脱毛症】

 

 

【鍼灸治療】の本来の目的は、「発症する前に防ぐ」事です。

「髪の毛に十分な栄養が行き渡る」事を目的として【鍼灸治療】を行う事で、

【頭髪の薄毛予防】になります。

 

 

【頭髪】に関する統計

 

【頭髪】に関する統計

 

【20〜50歳代】の【男性】では、年代を問わず【6割以上】の人が、

「頭髪が薄くなることを心配している」と言います。

 

また実際に、【薄毛の男性】は、

「1200万人を越える!!」と推定する調査結果もあります。

 

 

 

 

 

【毛の周期】について

 

【髪の毛】が生え変わるまでの【周期】

【成長期】

【頭皮】の下にある【毛根】から、

【血液中の栄養】を受け取り、【毛】を作り出します。

【2〜6年】かけて伸びていきます。

【移行期】 

【毛の成長】が止まります。

【移行期】 

【ちょっとした刺激】でも【髪の毛】が抜けます。

【3〜4カ月】続きます。



 

脱毛症の種類

 

【壮年性脱毛症】

 

20歳ころから発症し、年齢が高くなるほど患者さんの数は増えます。

【男性】に多いですが、【女性】にも発症します。

 

主に、【頭部】の【前方】や、【てっぺん】が、

【抜け毛】になったり、【薄毛】になったりし、

最終的には【髪の毛が無くなって】しまいます。

 

【壮年性脱毛症】の原因は、詳しくは解明されていませんが、

【遺伝】や【男性ホルモン分泌】が関係していると考えられています。

 

完全な治療法は見つかっていません。

 

【円形脱毛症】

 

【円形脱毛症】は・・・

「ある日突然、髪の毛が抜ける病気」です。

 

境界のハッキリした【円形(楕円形)の脱毛】が生じます。

【1か所だけ】の場合や、【数か所同時にできて融合する】場合もあり、

【10円玉~手の平】くらいの大きさになります。

 

自然に治る事もありますが、再発を繰り返す方もいます。

 

 

 

【トリコチロマニア】(抜毛狂)

 

【トリコチロマニア】は、「心の病」とも言われ、

特に【情緒不安定な時期】である、

【幼稚園〜小学生】に現れやすい傾向があります。

 

【性癖】のひとつで、本人が【無意識】に、

「自ら毛髪を引き抜く行為を繰り返し行う」ため、

【抜け毛(脱毛)】が進行していきます。

 

専門医に相談する事が重要です。

 

 

 

【年齢】による違い

【若い】

【男性ホルモン】の影響で、

【髪の毛を作る所】が弱くなっている。

【高齢】 

【老化現象】で【髪の毛を作る所】全体が弱くなっている。

 

 

 

【トリコチロマニア】について

 

【トリコチロマニア】の特徴

 

【脱毛】部分の【皮膚】が「ツルツル」していない。

(【ちぎられた短毛】が残存している。)

【脱毛】部位が移動する。

【毛髪】が布団にはなく、机の周辺で見つかる。

「爪を噛む」「指しゃぶり」の前癖があった

 

 

 

 

【円形脱毛症】について

 

 

【円形脱毛症】のタイプ

【一か所】できる

【複数個所】できる

【広く脱毛】してしまう

【髪の毛】だけでなく、

【眉毛】【睫】など・・・【他の体毛】も抜けてしまう。



【円形脱毛症】の原因

 

残念ながら・・・

【原因】は解明されていません。

「次のような事が関係・誘因している」と考えられています。

 

【精神的ストレス】

【自律神経の乱れ】

【自己免疫疾患】 

【毛】の周りに【炎症】が起こる事で発症します。

※【橋本病】【膠原病】などの、【その他の自己免疫疾患】がある場合も、【脱毛症】の【誘因】になる事があります。

【アレルギー】 

【花粉症】【アトピー性皮膚炎】

【遺伝】 

 

 


【自己免疫疾患】による【脱毛】とは?

 

【正常な免疫】

【体の外】から【異物】が入ってきた時に、【Tリンパ球】が【異物】を追い出してくれる機能です。

※【異物】:【ウィルス】【細菌】など

【自己免疫疾患】による【脱毛症】 

【Tリンパ球】が・・・「毛根に悪い物が居る!!」と、「間違えて感知」してしまい、【毛根】を攻撃する事で、【毛を作る機能】が損なわれてしまい、【毛】が抜け落ちてしまいまう状態です。





医師:【円形脱毛症】の治療

 

 

【円形脱毛症】の治療の目安

 

【円形脱毛症】は、自然に治る事も多い病気ですが、

以下にあげた症状に該当する場合は、【医師にご相談】下さい。

【脱毛】が止まらない

【3か月】経っても【髪の毛】が生えてこない

【脱毛】が繰り返し起こる

【脱毛】した部分に【強いかゆみ】を感じる

【眉毛】【睫】など・・・【他の体毛】も抜けてしまう。

 

 

 

【円形脱毛症】のガイドライン

 

【進行期】

「触れれば、触れるほど、髪が抜けてしまう」状態。

【Tリンパ球】の活動が活発で、【毛根】を攻撃しています。

【固定期】

「髪が抜けてしまったけれど、生えてこない」状態。

「炎症はそれ程起こってないけれど、生えてこない」状態。

 

 

 

【円形脱毛症】の治療法

 

【抗アレルギー薬】

 

【ステロイド】

【塗り薬】【注射】【飲み薬】【点滴】

【局所免疫療法】

【脱毛部位】に【薬】を塗って、

わざと【皮膚のかぶれ】を引き起こす【治療法】です。

 

【皮膚がかぶれる】と・・・

【リンパ球】が活動を始めるので、

その【リンパ球】によって、

【毛根を攻撃しているリンパ球】を

やっつけてもらいます。

 

【6か月】の間【1〜2週間】ごとに、

【薬】を塗り続けます。

【冷却療法】

【脱毛部位】に【液体窒素】をあてる【治療法】です。

 

【毛根】に【栄養】が行き渡るように、

【血行】を良くする目的で行います。

【光線療法】

【脱毛】部位に【紫外線】をあてる【治療法】です。

 

「【リンパ球】の活動を抑える」目的で行います。

 

 

 

 

鍼灸治療:脱毛症の原因

 

東洋医学では・・・

「髪は血余なり」「髪は腎が司る」と考えます。

 

 脱毛症の原因

 

【血熱】

【精神的ストレス】により、

体内に【熱(例:ほてり)】が発生し、

【乾燥】させてしまった。

【血がドロドロ】

【精神的ストレス】により、

【気の巡り】が悪くなり、

【血の巡り】が悪くなる事により、

【ドロドロの悪い血】が溜まってしまい、

【新しい血】が巡らずに、

【毛髪】に【栄養】が行き渡らない。

【エネルギー不足】

【慢性の病気】【出産】【肉体的疲労】などにより

「気が不足(エネルギー不足)」して、

【毛髪】に【栄養】が行き渡らない。

【肝・腎の機能低下】

【肝の機能】【腎の機能】が低下している為に、

【毛髪】に【栄養】が行き渡らなくない。

成人に多く、【頭のてっぺん】や

【こめかみ付近】から次第に【脱毛】します。

【頭皮】の【油脂】が多い。

 

※東洋医学で【定義】された、

【肝の機能】【腎の機能】の事で、

【肝臓】や【腎臓】をさす言葉ではありません。

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療:【円形脱毛症】の治療

 

【円形脱毛症】に対する鍼灸治療

 

【円形脱毛症】は、鍼灸治療による改善が見込めます。

以下の事を目的に、【鍼灸治療】を行います。

また、【頭皮のマッサージ】もしっかり行います。

 

【毛根】に【栄養】が行き渡るよう、

【脱毛】部位(周辺部)の血行を良くする。

【頚】〜【肩】の【筋肉】の緊張を取り除く

【精神的ストレスの緩和】

【果糖】【脂肪】を少なく摂る

 

 

 

 

日常生活で気を付ける事

 

 

「皮脂が多くて脱毛している」方は【食事の指導】が必要です

 

【果物】【野菜】【穀類】を多く摂る

【肉類】をさけ、【魚】を多く摂る

【糖分】【塩分】を少なくする

【果糖】【脂肪】を少なく摂る

 

 

【洗髪方法】

 

【頭皮】【毛髪】を清潔にする

「【爪】を立てて」洗わない

「強いブラッシング」はダメ

「洗髪直後のドライヤー」はダメ

 

 

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情