【脊髄損傷】(手足の麻痺)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【脊髄損傷】(手足の麻痺)

 

 

 

【脊髄】について

 

【脊髄】とは?

 

【脊髄】は・・・

【体】や【手足】を動かす為の【脳】からの命令を伝える

【身体の各部】で受け取った【感覚】を【脳】に伝える

など、「脳と身体各部の間の情報を伝える」重要な働きをしています。

 

【脊髄】に損傷を受けると、

「思った通りに体を動かせない」

「感覚がない」

などの症状が発生してしまいます。

 

 

 

 

【脊髄損傷】について

 

【脊髄損傷】とは?

 

【背骨】は、【椎骨】という【骨】がいくつも連なって形成されています。

 

【椎骨】には【穴】が空いているので、

【背骨】には【脊柱管】(せきちゅうかん)という「空洞」ができます。

 

【脊柱管】には、【脊髄】という「神経の束」が通っています。

 

「背骨が折れる・背骨がずれる・腫瘍ができる」などにより、

【脊髄】が圧迫され何らかの障害を受けた場合を【脊髄損傷】と呼びます。

 

現在の医学では、

「損傷された脊髄を回復させる決定的な治療法」はありません。

 

※【椎骨】は、体の該当する位置により、

それぞれ【頚椎】【胸椎】【腰椎】【仙椎】【尾椎】と呼びます。

 

【脊髄損傷】のレベル

 

【脊髄損傷】の位置が「頭に近い」ほど、「重い障害」になります。

 

【脊髄損傷】には、次の2種類があります。

【脊髄】が完全に切れて機能が全て失われてしまう場合(完全型)

【脊髄】の一部が損傷を受けて部分的に機能が残っている場合(不完全型)

 

その為、【障害の位置】や【度合い】を説明する際に、

「C6の完全型」「T12の不完全型」などと表現することで、

【障害のレベル】をある程度伝えることが出来ます。

 

【脊髄損傷】の主な原因

 

【交通事故 】

【スポーツ】による怪我

【転んだ】

【脊髄】や【背骨】の腫瘍

【血管】の障害

 

 

 

 

【脊髄損傷】の症状:【筋肉の麻痺】

 

【脊髄】が損傷されると、

「損傷を受けた位置から下」の【筋肉の麻痺】が起こります。

 

【頚】に損傷を受けた場合

 

【第3頚髄損傷】(C3)

■【呼吸】■
「自発的な呼吸」ができない
(人工呼吸器が必要)

【第4頚髄損傷】(C4)

■【頚】■
・【頚の筋肉】のコントロールはできます。
※電動車椅子を使用する事ができます。(顎でコントロール)

■【肩】■
・「肩をすくめる」動作はできます。

【第5頚髄損傷】(C5)

■【肘】■
・「肘を軽く曲げる」事ができます。

【第6頚髄損傷】(C6)

【頚髄損傷】の中では発生頻度が高い部位です。

■【肩】■
・「肩の運動」ができる。

■【肘】■
・「肘を強く曲げる」事ができる。
※自動車の運転が可能です。(上肢のみで運転できるような改造が必要です)

【第7頚髄損傷】(C7)

■【肘】■
・「肘を伸ばして押し上げる」事ができます。

■【手首】■
・「手首を動かす」事ができます。

【第8頚髄損傷】(C8)

■【指】■
・「指を曲げる」事ができます。
・「指先で軽くつまむ」動作が可能です。


 

【胸】に損傷を受けた場合

 

【第1胸髄損傷】(T1)

■【肘】■
・【肘】は正常です。

■【指】■
・「指を開いたり閉じたり」する

【第12胸髄損傷】(T12)

■【お腹】■
・「腹筋を使った車椅子」動作が可能です。


【腰】に損傷を受けた場合

 

【第3腰髄損傷】(L3)

■【股関節】■
・「股関節を曲げる」事ができます。

■【膝】■
・「膝を伸ばす」事ができます。

※「杖による歩行」が可能です。

【第1仙髄損傷】(S1)

■【お尻】■
・「お尻の筋肉」のコントロールができます。

■【足首】■
・「足首を動かす」事ができます。

※「道具を使用せずに歩く」事ができます。



 

 

 

【脊髄損傷】によるその他の症状

 

 

【脊髄損傷】によるその他の症状

【感覚障害】

損傷を受けた部位は、

・「触れた」
・「痛い」
・「熱い」
・「冷たい」

・・・などの感覚が失われます。

【排便の障害】

・「排便に必要な筋肉」が麻痺している。
・【便意】を感じない。

【排尿の障害】

「麻痺した膀胱」は、次第に回復して

「軽くお腹を叩く」などの刺激により、

「排尿できる」ようになります。

【自律神経の障害】

・【体温調節】
・【血圧の調節】
・【発汗の障害】
・【消化機能の低下】

【呼吸の障害】

【頚髄】や【胸髄】の損傷では、

レベルに応じて【呼吸の障害】が起こります。

 

【横隔膜】【肋間筋】など・・・

「呼吸に関係した筋肉の麻痺」により、

「人工呼吸器」が必要になる場合もあります。

 

【肺活量】が低下して、

「声が小さくなってしまう」事があります。

 

また、「痰を吐き出す」事が難しくなり、

「肺炎に気を付ける」必要があります。

【関節の動きの低下】

【股関節】【膝】【肘】【肩】など・・・

「関節周辺にある麻痺した筋肉」が、

固く(骨化)なってしまいまい、

「関節の動きが制限」されてしまいます。

 

 

【脊髄損傷】による合併症状

【褥瘡】(床ずれ)

「感覚がない」

「運動麻痺により体を動かせない」

・・・などにより、

「長時間、身体の同じ部分が圧迫される」と、

【血行】が悪くなり、

【皮膚】や【肉】が【壊死】してしまいます。

【起立性低血圧】

自律神経の障害により、

「身体を起こす」

「立ち上がる」動作で、

【血液】が下がってしまい(血圧の低下)、

【貧血】をおこしやすくなります。

【痙性】(けいせい)

【痙性】とは、「麻痺している筋肉」が、

自分の意思に関わらず、

「勝手に緊張して収縮する」症状です。

足が「ガクガク」と

【痙攣】を起こしたようになったり、

全身が【硬直】して、

「突っ張った状態」になったりします。

【尿路感染】

【尿路結石】や【腎盂腎炎】は、

「本人が気付かない」事があるので、

定期的な検査が必要です。

 

 

 

 

【脊髄損傷】:【リハビリ】

 

【脊髄損傷】に対する【リハビリ】

 

【脊髄損傷】のリハビリテーションは、

「残された機能を工夫しながら最大限活用することで、

日常生活の動作(ADL)を可能にする」事を目的として行います。

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【脊髄損傷】の治療

 

 

【脊髄損傷】:鍼灸治療の目的

 

【神経の再生】

「損傷した神経」の再生を促します。


【筋肉】

【動きが制限】されている為、

偏った【姿勢】や【動き】になってしまい、

一部の筋肉に過剰な負担がかかってしまいます。

 

【鍼刺激】により、

「弛緩している筋肉」

「硬くなっている筋肉」に対してアプローチします。


【脳に記憶】

筋肉を動かし、【脳】を刺激する事で、

失われてしまった、

【脳】への【神経の伝達機能】を回復させます。


 

 

【脊髄損傷】に対する鍼灸治療

 

【鍼灸治療】により、

「損傷した神経」の再生を促して、

【感覚】や【運動機能】の一部が回復される事があります。

 

また、回復が難しい場合でも、

「痛みを和らげる」

「筋力低下を抑える」目的で、

【鍼灸治療】がお薦めです。

 

 

 

 

脊髄損傷に対する鍼灸治療の症例

 

30代 男性

★主な症状★
・4年前の落馬により脊髄損傷
・踵をついて歩けない(つま先歩き)
・歩く時に足が重なる(平均台の上を歩くような感じになる)
・腕を上げる事ができない(最高で、肩の高さまで)
・手首が反ってしまう。
・指が曲がってしまう。
・ドアノブを回せない。
・立ち上がる時にソケイ部が痛い
・「足がつる」(特に睡眠中)
・手足汗ばむ

★補足★
・事故後、半年間はリハビリしていたが、現在は特に何もしていない
・握力「45kg→5kg」に低下

★鍼灸治療★
「頭鍼療法」頭の反射区を利用を中心に、全身に鍼灸治療をしました。

☆★☆1〜10回☆★☆
治療後は・・・
・「ふくらはぎ」がつらなくなった。
・歩く時に足が重ならなくなった。
・ 腕が上げやすい
・ソケイ部が痛くない

40代 男性

★主な症状★
・10年前事故により、C4脊髄損傷
・電動車椅子やPCなどを顎でコントロールしているので、頚がとても辛くなる。
・薬の服用:鎮痛、去痰(季節により)、便通、消化

★補足★
・近所の接骨院に定期的に通院している

★状態チェック★
・浮腫み・・・両手パンパン、頚(分界項線)、右の脇の下、コメカミ
・右側の頚の筋肉の凝りが強い

★鍼治療1回目★
「温度感覚がない」のでお灸は避け、「指圧・吸玉・鍼」の組み合わせで、「症状の緩和」を目的として行いました。

★鍼治療2回目★
前回治療後、「久し振りに数日間楽になった」そうです。
今回は、「吸玉の痕がまだ少し残っていた」ので、今回は「指圧・鍼」の組み合わせで行いました。

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情