あぐらがかけない

HOME > 症状で探す >あぐらがかけない

 

 

 

 

【股関節】について

 

【股関節】とは?

 

【股関節】とは、【足の付根】にある

【骨盤】と【太もも】を繋ぐ【関節】です。

 

【股関節】は、【骨盤(凹み部分)】に

【足の骨(先端の球状の部分)】が、しっかりと納まっています。

 

また、【お尻】の【筋肉】によって支えられており、

【骨盤】の中で、【脚の骨】がスムーズに動く事により、

【歩いたり】【走ったり】【階段の上り下り】が

自然にできるようになっています。

 

 

【胡坐】(あぐら)

 

 

「胡坐がかけない」理由

 

「胡坐がかけない」のは、【股関節】がずれているからです。

 

日常生活の悪い【癖】や

【姿勢(横座り・ぺちゃんこ座り・足を組むなど・・・)】は、

【股関節】周辺の【筋肉の動き】や【バランス】を悪くし、

【股関節】のゆがみに繋がります。

 

また、【股関節周辺の筋肉】が硬くなっている為に、

【特定の方向】へ引っ張ってしまい、【股関節】がずれてしまう事もあります。

 

その状態で【股関節】を開こうとすると・・・

【筋肉】が引っ張られる事に【痛】みを感じる

【股関節】がスムーズに動かずに、

「引っ掛かったり」「ぶつかったり」して【痛い】

となり、「胡坐をかくことができない」のです。

 

 

【あぐらで腰痛】

 

【股関節】が硬いのに「胡坐をかいている」と、【腰痛】を起こします。

 

【股関節の硬さ】を、【骨盤】や【背骨の傾き】でカバーする為、

【腰】に負担がかかるからです。

 

【股関節】に柔軟性がある場合は、

【胡坐】になっても【背骨が垂直】になるので、【腰】に負担はかかりません。

 

 

 

【鍼灸治療】胡坐がかけない

 

 

【股関節】の異常をチェック!!


「左右の足の長さが違う」

「足裏を合わせた状態で座ると、足の開き具合が左右違う」

「上向きで寝て、膝を胸に引き寄せる事ができない」

 

 

【鍼灸治療】胡坐がかけない

 

「次のどちらの原因なのか?」を見極める必要があります。

【股関節】自体の問題なのか?

【腰】や【骨盤】などからきているのか?



【股関節】周辺の【筋肉】を緩め、

【股関節】の痛みを緩和させる目的で、

【腰】【お尻】【太もも】を中心に【鍼刺激】を行います。

【腰】や【お尻】などの深い部分にある【筋肉】や、

刺激に過敏な【鼡径部】などを対象とする場合には、

特に【鍼灸治療】が適しています。



 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情