【だるい】【倦怠感】【疲れやすい】

HOME > 症状で探す >【だるい】【倦怠感】【疲れやすい】

 

 

プライバシーポリシー。守秘義務について【プライバシーポリシー】(守秘義務に関して)

 

 

【東洋医学】:【だるい】【倦怠感】【疲れやすい】

 

 

 

【疲乏】【易疲乏】

 

【東洋医学】では、

 

【疲乏】(ひぼう)

慢性的な疲労感

【易疲労】(えきひろう)

疲れ易い

 

と、言います。

 

 

【原因】【分類】

 

【疲労感】【倦怠感】は、

【気】または【津液】(水分)が消耗したり、滞ったりする事で、

『臓腑機能が低下』してしまい発症します。

 

【気の不足】

【妊娠・出産】【持病】などにより、

【気・血・水】が消耗することで、

『臓腑機能が低下』して発症。

【気の滞り】

【精神的ストレス】などによる、

【気】の滞りが発端で、

【気・血・水】がスムーズに運行できず、

『臓腑機能が低下』して発症。

【水の滞り】

【暴飲暴食】(偏った食事)【湿度が高い】(梅雨)

・・・などにより、【水】の滞りが起き、

【気・血・水】がスムーズに運行できず、

『臓腑機能が低下』して発症。

【熱がこもる】

【蒸し暑い時期】に『体にこもった熱』の影響で、

【気・血・水】が消耗してしまい、

『臓腑機能が低下』して発症。

 

 

 

【伴う症状】鑑別のポイント

 

 

『負担がかかる』(肉体的・精神的)と、症状が悪化する

『話す』事が『おっくう』(面倒)になる 【懶言】(らんげん)

【動悸】【不眠】などの症状を伴う

『風邪を引き易い』『完治しにくい』

『手足が浮腫む』『便がゆるい』『体が重い』

『熱をだす』『汗をかく』などした後に、疲労感が出てくる。

 

女性向け更年期障害に対する鍼灸治療について【更年期障害】(女性)

プライバシーポリシー。守秘義務について【更年期障害】(男性)

 

 

倦怠感・疲労感・だるさに対する鍼灸治療法【鍼灸治療】:【だるい】【倦怠感】【疲れやすい】

 

 『随伴症状』や『身体の状態』などを参考にして、

 ●『消耗が起因か?』

 ●『滞りが起因か?』

 見極めながら、【鍼】や【お灸】で対処致します。

 

 

出張鍼灸治療【多いお問い合わせ】

 

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】(受付:17時迄)

【17〜20時】の間は【回数券購入の方】専用

予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情