【めまい】(メニエール病・偏頭痛性めまい)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【めまい】

 

 

 

【めまい】:鍼灸治療がお薦め♪

以下の項目に該当する場合は、副作用のない【鍼灸治療】がお薦めです。

【メニエール病】と診断された

【めまい】が慢性的に発生する

【病院】で【めまい】の治療を受けているが、回復を早めたい

 

 

 

 

【耳】について

 

 

【耳の構造】

 

【耳】は【外耳】【中耳】【内耳】の3つに分けられます。

【外耳】

【外耳の構造】:【耳の外側】〜【鼓膜】までの部分
・【耳介】
・【外耳道】

【外耳の役割】
・【音】を集めて鼓膜へ伝える

【中耳】

【中耳の構造】:【鼓膜】周辺
・【鼓膜】
・【耳小骨】(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)
・【鼓室】
・【耳管】

【中耳の役割】
・【音の振動】を増幅しながら【鼓膜】→【耳小骨】へと伝えていく。

【内耳】

【内耳の構造】:【鼓膜】より奥の部分

【蝸牛】
・【振動】を【電気信号】に変換する
・【音】を【脳】に伝える

【前庭神経】(三半規管+耳石器)
・【三半規管】から【脳】に『体のバランスを保つ』情報を送る

【三半規管】
・体のバランスを保つ
【聴神経】

 

【動画】:耳の構造
http://www.youtube.com/watch?v=5ZXy3zKH5NI

 

【動画】:解剖生理学(聴覚編)
http://www.youtube.com/watch?v=HGM40DD-_RY

 

【動画】:内耳について
http://www.youtube.com/watch?v=hz1T7S2c3ko

 

 

 

 

【めまい】について

 

「立ちくらみ」と「めまい」の違いは?

 

「立ちくらみ」は、

『急に立つ』事などによって【血圧】が一時的に下がり、

【脳】への血流が不足して起こります。

また、すぐに治まる事が多いようです。

 

「めまい」は、

【耳の病気】【脳の病気】によって

突然起こり、長く続く事が多くあります。

 

【耳の異常】による【めまい】

 

【内耳】に異常が起きると「めまい」が発生します。

【偏頭痛】

【偏頭痛】で「めまい」が起こる場合があります。「音や光に過敏になる」「視覚異常」などが伴っている場合は、【偏頭痛性めまい】の可能性があります。

【良性発作性頭位めまい症】

【三半規管】(体のバランスを保っている)に異常が起こっている病気です。

【前庭神経炎】

【前庭神経】(三半規管から脳に体のバランスを保つ情報を送る)の部分に【炎症】が起こる病気です。

【メニエール病】

【三半規管】(体のバランスを保っている)と【蝸牛】(音を脳に伝える)両方に異常が起こる病気です。

【外リンパろう】

 

【脳卒中】

 

 

 

 

【医師】:【めまい】

 

【めまい】の検査

 

【眼振検査】

【三半規管】に異常が起こると、ご本人の意思に関係なく「眼振(眼が揺らぐ)」が起こります。

【体平衡検査】

・「目を閉じたまま、立ったり・足踏みをする」

・「目を開けた状態で、立ったり・足踏みする」

など・・・「体のバランス」 を調べます。

【聴力検査】

※【脳】が原因で起こる「めまい」もあります。

 

【めまい日記】を付ける!!

次のような項目について記録しておきます。

「めまい」の持続時間

『きっかけ』

【難聴】など、その他の症状

【睡眠時間】

 

 

 

【良性発作性頭位めまい症】

 

【良性発作性頭位めまい症】とは?

 

【頭】を動かした時に「めまい」が起こります。

 

『朝起きあがった時』『かがんだ時』

『寝返りをうった時』などに

「ぐるぐる回る」感じがします。(回転性のめまい)

 

【吐き気】を伴う事がありますが、

【耳鳴り】【難聴】などの症状は起こりません。

 

※症状が発生した場合には、

「めまい」が治まる【頭の位置】を探すと楽になります。

 

【良性発作性頭位めまい症】の原因

 

バランスを司る【三半規管】に問題があります。

 

【内耳の中】には、

体の傾きなどを感じる【耳石器】という部分があります。

 

この【耳石器】の中にある【耳石】が、

頭を打ったり、加齢により、

【三半規管】の中に入り込んでしまう事で発生する病気です。

 

基本的には、

【10日〜2週間】位で治る病気ですが、再発する事もあります。

 

【良性発作性頭位めまい症】の対処法

 

【浮遊耳石置換法】

寝ている状態で、【頭】や【体】を動かす事で【三半規管】に入り込んだ【耳石】を元の場所に戻す方法です。

【薬】

 

 

 

【動画】:【浮遊耳石置換法】

https://www.youtube.com/watch?v=YFMwDvBtXRw

 

【動画】:【良性発作性頭位めまい症】

https://www.youtube.com/watch?v=K4WAZP1iFso

 

【再発を予防する運動】(ブランド・ダロフ法)

 

 

 

 

『体を動かす』事で、

初めの内は「めまい」を起こす可能性があります。

【寝る前】に【ベッド】や【布団】の上で毎日行って下さい。

 

【ベッドの端】に腰かける

【体】を右側に倒し【1分間】横になる。

(顎は、斜め上に向ける)

※「めまい」が生じた場合は「めまい」が治まるまで待つ。

【体】を起こして元の姿勢に戻る。

【反対側】に【体】を倒し【1分間】横になる。

(顎は、斜め上に向ける)

※「めまい」が生じた場合は「めまい」が治まるまで待つ。

【3回】繰り返す。

 

 

【前庭神経炎】

 

【前庭神経炎】とは?

 

【前庭神経炎】(三半規管から脳に体のバランスを保つ情報を送る)の部分に

炎症がおこる病気です。

 

長時間激しい『めまい』が続きます。

 

【前庭神経炎】の症状

 

突然ぐるぐる回る感じのする「めまい」が起こります。(回転性のめまい)

【1日】〜【3日】以上続きます

ひどい【吐き気】を伴う事が多い

【耳鳴り】や【難聴】などの症状は起こりません。

 

【医師】:【前庭神経炎】の治療法

【入院】して治療する事が多い病気です。

【薬】

・【抗めまい薬】

・【ステロイド薬】

【リハビリトレーニング】

 

 

【リハビリトレーニング法】

 

最初は「ふらつきが強い」ので、

周りに【壁】などがなく、後ろで誰かに支えて貰いながら行って下さい。

 

 

『体のバランスを改善させる』トレーニング

 

【目】を閉じて立つ。

【腕】を前に伸ばす。

【目】を閉じたまま足踏みをする。

 

『目の動きを安定させる』トレーニング

 

【体】の前に【腕】を伸ばし、【親指】を立てる

【目】は【親指】を見つめながら、【顔】を左右に動かす。

【目】は【親指】を見つめながら、【顔】を上下に動かす。

 

 

 

【メニエール病】

 

【メニエール病】とは?

 

【内耳】にある【三半規管】(体のバランスを保っている)と

【蝸牛】(外から入ってきた音を脳に伝える)

両方に異常が起こる病気です。

 

【低い音】が聞こえにくくなります。

 

【30〜40代】の女性に多い病気と言われています。

 

【メニエール病】の症状

 

ぐるぐる回る感じのする「めまい」が繰り返し起こる(回転性のめまい)

【発作】は【20分〜数時間】続く事があります

【耳鳴り】

【難聴】(低い音が聞こえにくい)

【耳】が詰まった感じがする

 

【メニエール病】の原因

 

【内耳】には、

「外リンパ」と「内リンパ」の2種類の【リンパ液】があります。

 

【 メニエール病】は、

【内リンパ液】が溜まって

『水膨れ』のようになってしまう病気です。

 

【内リンパ液】が溜まり膨らむ事により、

「外リンパ液」と「内リンパ」を隔てている【膜】が

圧迫されてしまい、【耳】が詰まったような感じがします。

 

また、【膜】が破れてしまうと、

「外リンパ」と「内リンパ」が混ざってしまい、

【三半規管】や【蝸牛】の【感覚細胞】が刺激されて、

「激しいめまい」「耳鳴り」「難聴」などの症状が発生します。

 

【内リンパ液】が溜まってしまう原因は、

ハッキリと判っていませんが、

【疲労】【ストレス】などが関係していると考えられています。

 

【メニエール病】の対処法

 

【生活習慣の改善】

【睡眠】をきちんととる

【軽い運動】を行う

【塩分】を控える
【塩分】を摂りすぎると、【体内の濃度】を調整する為に【体内】に【水分】が溜まりやすくなります。
【水分】は適度に補給
【水分】を控えると、かえって【体内の水分】を排出しにくくなります。

【薬】

・【利尿薬】

・【循環改善薬】

・【ステロイド薬 】

【手術】

場合によっては【手術】を行います。

 

【医師】:【メニエール病】の治療法

 

【中耳加圧法】

【空気の圧力】で『内耳を刺激する』事で、耳の中の循環を良くする【機械】です。【機械】に繋がっている【チューブ】を【耳の中】に入れて使用します。

【水分摂取療法】

【水】【麦茶】など、【カフェイン】や【塩分】の少ない飲み物を「女性:1.5〜2リットル(1日)」「男性:2〜2.5リットル(1日)」摂取する事で、『耳の中の浮腫みを取る』方法です。

【手術】

 

 

 

 

【外リンパろう】

 

【外リンパろう】

 

【耳の奥】にある【内耳】の一部が破れ、

中に入っている「外リンパ液」が流れ出てしまう病気です。

 

【外リンパろう】の症状

 

【めまい】

【難聴】

 

【外リンパろう】のきっかけ

次のような動作により、【内耳】に圧力がかかる事で発症してしまいます。

【くしゃみ】

【重い物】を持ち上げる

【飛行機】に乗る

 

 

 

脳卒中による「めまい」

 

「脳幹」や「小脳」の働き

 

【脳の中心部】にある「脳幹」や「小脳」は、

【目】【耳】【筋肉】などの情報をもとにして、

『体のバランス』(平衡感覚)を司っています。

 

「脳幹」や「小脳」にトラブルが発生すると、

【平衡感覚】に異常をきたし、「めまい」を生じます。

 

【脳卒中】の症状

【脳】からくる「めまい」の場合は、次のような症状も発生するのが特徴です。

【片側】が痺れる(手、足、顔)

【片側】が動かしずらい(手、足、顔)

物が2重に見える

【呂律】がまわらない

 

 

 

【鍼灸治療】:【めまい】(メニエール病・偏頭痛性めまい)

 

 

【めまい】:鍼灸治療の目的

 

【前庭神経】

【前庭神経】の異常な興奮は、「めまい」を引き起こします。【鍼の刺激】で、興奮を抑えます。

【頚の筋肉】

【頚の筋肉】の動きが、

スムーズに【脳】に伝達されないと

「ふらつきの原因」になります。

 

その為、【頚の筋肉】が硬いと

「めまいを悪化させる」または「めまいの原因」になる事があります。

 

【鍼】や【お灸】で【頚の筋肉】をほぐします。

【自律神経】

【鍼】や【お灸】の刺激で、

【自律神経】の乱れを調えます。

【自律神経】について

【血流up】

【耳の中の浮腫み】は、「めまい」を引き起こします。【耳の中】の血行を促し、【浮腫み】を改善します。

【難聴】について

【耳鳴り】について

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情