【パーキンソン病】

HOME >【鍼灸適応疾患】>【パーキンソン病】

 

 

 

【パーキンソン病】とは?

 

【パーキンソン病】は、

「体の動き」に異常がでてくる病気です。

 

【60歳】以上の方になりやすく、症状は徐々に進行していきます。

 

【パーキンソン病】の症状

 

【安静時】に【手足】が震える

【筋肉】の緊張・弛緩のコントロールができず、「体が動かしにくく」なる

【筋肉の緊張】が高まり、【関節】を動かすと抵抗感があります

【動作】が少なくなって「ユックリ」になる

【動き】が極端に減る

【バランス】が悪くなって転びやすくなる(姿勢反射障害)

【自律神経症状】:

【便秘】【立ちくらみ】【冷え性】【顔に多量の汗】【顔や頭の皮脂分泌↑】

【精神症状】:【抑うつ】【睡眠障害】

 

【パーキンソン病】の進行(ヤール重症度)

 

【1度】

・【片側の症状】

【2度】

・【両側の症状】

【3度】

・【姿勢反射障害】(転びやすい)

【4度】

・「自力による生活」が困難で、部分的に【介助】が必要。

【5度】

・全てにおいて【介助】が必要。

 

【3度】以上で、【難病指定の補助】を受けられます。

 

【パーキンソン病】の原因

 

【パーキンソン病】の原因は不明です。
但し、一部の症状の原因はわかっています。

【手足が震える】

【脳の黒質】に異常が生じ、【黒質】で作られる【ドパミン】という【神経伝達物質】が減少してしまうために「手足が震える」などの【運動症状】が起こると考えられます。 【ドパミン】は、【脳】からの「筋肉を動かす命令を調節する」為に必要です。「健康な人」でも年齢とともに【脳の働き】は衰えますし、【黒質】で作られる【ドパミン】の量も減少しますが、 【パーキンソン病】は、【黒質の変化】が若いうちから現れ、【ドパミンの減少】も急激に起こります。

【鬱】【浮腫み】

【青斑核】や【縫線核】に変性が起こり【神経伝達物質】(ノルアドレナリンやセロトニン)が「減少してしまう」ために、【うつ症状】や【浮腫み】が起こると考えられます。

 

 

 

 

【医師】:【パーキンソン病】

 

【パーキンソン病】の治療

 

残念ながら「完治する」事はできませんが、

「症状をうまくコントロールする」事は可能になっています。

【薬物療法】

代表的な薬を一部ご紹介します。

【L-DOPA】(レボドパ)
速攻性がある【薬】です。【副作用】としては「吐き気」「食欲不振」などがあります。長期使用すると「症状が良い時と悪い時の差が激しくでる(ウェアリングオフ減少)」や「体が勝手に動いてしまう(不随意運動)」などの問題が確認されています。

【ドパミンアゴニスト】
【L-DOPA】より作用時間が長く、効果が弱いのが特徴です。

【手術】

【脳の深部】に【電極】を入れ、【電極】を介して【脳の深部】刺激する治療法(脳深部刺激療法)があります。

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【パーキンソン病】

 

【準備中】です。

【パーキンソン病】に対する鍼灸治療

「症状の緩和」「進行を防ぐ」目的で【鍼灸治療】を行います。

 

 

 

 

【パーキンソン病】:【マッサージ】の症例報告

 

◆50歳男性◆

★主な症状★
・腰〜下肢が重だるい
・下半身の冷え
・便秘

★服用している薬★
・レキップ
・ネオドパストン

★マッサージ治療★
かなり筋肉が硬くなっています。反応点を探り、関節の動き(可動域)を確認しながら、下半身を中心に、まずは「指圧60」。その後、ご本人の希望によりオイルマッサージを60分行いました。

 

参考資料

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情