【関節リウマチ】(RA)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【関節リウマチ】(RA)

 

 

 

【リウマチ】

 

【リウマチ】とは?

 

【関節】【骨】【筋肉】【靭帯】【腱】などが痛む病気の事を【リウマチ】と言います。

 

【リウマチ】には、

【関節リウマチ】【痛風】【リウマチ熱】など・・・非常に多くの種類があります。

 

 

【関節リウマチ】(RA)

 

【関節リウマチ】とは?

 

【関節リウマチ】とは、全身に慢性の炎症が起こる原因不明の病気です。

 

「関節の腫れや痛み」が主な症状で、

「良くなったり(寛解)」「悪くなったり」を繰り返しながら、

次第に【関節】が【変形】していきます。

 

【30〜50代】の【女性】に多い病気です。

 

※以前の『慢性関節リウマチ』を、現在では『関節リウマチ』といいます。  

 

【関節リウマチ】の症状

 

 

【関節の症状】

・【関節】が痛い

・【関節液】が溜まり「腫れる」

・【関節】の変形 

・朝起きた時に、関節がこわばり

「曲げ伸ばし」がしづらく、

動かしているうちに楽になる。(朝のこわばり)

【関節以外の症状】

・【胸膜炎】

・【肺線維症】

・【シェーグレン症候群】

・【皮下結節】

・「異常たんぱく質(アミロイド)」が【消化管壁】や【腎臓】に溜まる

・【手根管症候群】

・血管の炎症による【指先の潰瘍】や【心嚢炎】

・【倦怠感】

・【疲労感】

 

 

【関節リウマチ】の特徴

 

【手足の指の関節】から始まり、次第に【手首】【肘】【膝】など・・・

体の中心に近い【大きな関節】に【痛み】を感じるようになる。

朝起きた時に、「こわばった感じ」がし、動かしているうちに楽になる。

【関節の腫れ】や【痛み】が左右対称に発生する。

【夜半〜早朝】にかけて激しく痛む。

【関節】が変形する。

 

【関節リウマチ】の原因

 

「細菌やウイルスの感染」「遺伝」など・・・

何らかの原因により、「免疫機能が異常な活動をする」事で発症します。

 

【関節】の【毛細血管】が増加し、

「血管内から分泌される物質」(サイトカイン)の作用により、

【関節炎】を引き起こします。

 

そして、関節内の「滑膜細胞の増殖」により、

【腫れ】や【痛み】を起こし、「関節液の増加」「軟骨の破壊」が進んでいきます。

 

【関節の変形】

 

【関節リウマチ】が進行すると、【関節が変性】します。

 

【関節】にある「滑膜細胞の増殖」「軟骨の破壊」「腱の断裂」などが生じて

「関節の構造」が破壊され、最終的には、

【骨】と【骨】が直に接した【強直】という状態になり、

曲げ伸ばしが出来なくなります。

 

※【炎症】が【腱】に及んで、【断裂】することがあります。

【腱】は、【筋肉】と【骨】を繋いでいるので、

「断裂した部分の筋肉」を動かすことが出来なくなります。

 

【手の変形】

【指の骨】が【強直】すると、次の様な手の形になります。
■【スワンネック】■
手前の指関節が伸びきる

■【ボタン穴変形】■
手前の指関節が曲がる

■【尺側偏位】■
【関節の脱臼】により、指が全て【外側】(尺骨側)を向く

【手首の変形】

【手首の亜脱臼】により、手が落ち込んで見えます。

【肘の変形】

【肘】が曲がり、

【肘】を伸ばすことができなくなります。

 

【他の関節リウマチ】

 

【悪性関節リウマチ】(MRA)

【慢性関節リウマチ】の一つで、

「全身の血管に炎症が起きる」病気です。

【心因性リウマチ】

【うつ病】などが原因で、

「全身に痛みを感じる」病気です。

【炎症反応】は見られません。

【強直性脊椎炎】

【脊椎】を中心に【関節炎】が起こり、

「脊椎が固くなる」病気です。

【リウマチ性多発筋痛症】(PMR)

【頚】【肩】【腕】【腰】

【太もも】などの筋肉に、

「こわばりや痛みが起こる」病気です。

【リウマチ性心疾患】

【リウマチ熱】によって、

「心臓の一番内側の膜」に【炎症】が生じ、

【心臓弁膜】が厚くなって

「弁の機能障害を引き起こす」病気です。 

 

 

      

【医師】:【関節リウマチ】

 

【関節リウマチ】の検査

 

【画像検査】

・【X線】
・【関節造影】 
・【CT】

【血液検査】

・【赤血球沈降速度亢進】
・【CRP上昇】
・【白血球増加】
・【リウマチ反応陽性】
・【低たんぱく血症】


【関節リウマチ】の診断

 

◆【米リウマチ学会】(ACR)の分類基準◆

最も一般的に使われている、【関節リウマチの診断法】です。

次の7項目のうち、4項目以上を満たせば【関節リウマチ(RA)】と診断されます。

 

朝、【関節】が動かしづらい(朝のこわばり)

【関節炎】が【3か所】以上発症している(多関節炎)

【手の関節】が腫れている

【関節炎】が左右対称に現れる

【皮下結節】がある(リウマチ結節)

【リウマトイド因子】(リウマチ因子)が陽性

【X線】で典型的な所見がある

 

【関節リウマチ】の程度分類

 

◆【機能障害の分類】◆

【関節の障害】が日常生活に及ぼす影響を【4段階】に分けます。

【クラスT】

不自由なしに普通の生活ができる。

【クラス U】

【関節】に障害があるものの、普通の生活ができる。

【クラス V】

身の回りの事が、ごくわずかにできる。

【クラス W】

「寝たきり」又は「車イス」の生活。

 

◆【X線】:関節破壊の程度◆

【X線写真】により、【関節破壊の程度】を【4段階】に分けます。

【クラスT】

変化なし

【クラス U】

【関節】と【関節】の間が狭くなっている

【クラス V】

【骨のびらん】がみとめられる。

【クラス W】

【強直】している

 

【関節リウマチ】の治療法

 

【薬物療法】

【症状】を抑えます。

※薬で原因を治療することはできません。

■【非ステロイド系抗炎症薬】■
【鎮痛】【腫脹の軽減】

■【副腎皮質ステロイド薬】■
【強い抗炎症効果】がある

■【抗リウマチ薬】■

■【注射】■
【ステロイド剤】【オスミウム酸射性同位元素】

【外科的療法】

■【滑膜切除術】■
【炎症の減少】を目的に、【増殖した滑膜】を取り除く手術。

■【切除関節形成術】■
(変形の矯正)

■【関節固定術】■

■【人工関節置換術】■

【リハビリテーション】

・【温罨法】【冷罨法】
・【筋力回復訓練】
・【関節可動域改善訓練】
・【歩行訓練】


 

【鍼灸治療】:【関節リウマチ】の原因

【関節リウマチ】の原因

 

【東洋医学】では、【痺証】に該当します。

 

【痺証】は、「風邪・寒邪・湿邪」の3つの邪が侵入する事で、

「痺れ」「痛み」「関節の動きが悪くなる」などの症状が起こります。

【行痺】

【風邪】が主な原因で、症状が移り変わりやすい。

【痛痺】

【寒邪】が主な原因で、痛みを強く訴える。

【着痺】

【湿邪】が主な原因で、同じ症状が長引く。


【関節リウマチ】:【鍼灸治療】の目的

 

【血行】

【鍼刺激】により、血行を良くし、

【痛み物質】を追い出し、【鎮痛物質】を誘導します。

【自律神経】

【自律神経の乱れ】を整えます。

【邪気】

【邪気】の侵入を防げる、体を作ります

【免疫機能】

【鍼刺激】や【灸刺激】は、

「免疫機能を高める」働きがあります。

【鍼灸治療】特有の効果

 

【関節リウマチ】に対する鍼灸治療

 

【副作用】がなく、「全身のバランスを整える」のが、【鍼灸治療】の特徴です。

 

単に、【痛み】や【腫れ】の症状が出ている【関節】を治療するだけではなく、

「血行を良くする」

「自律神経を整える」

「免疫機能の働きを整える」目的で、【鍼灸治療】を行います。

 

残念ながら、鍼灸治療で【関節リウマチ】を完治させる事はできませんが、

「通院して治療を受けているが、症状が徐々に悪化している!」

「薬の効きが悪くなった!」

「辛い日々を過ごしている!」

・・・という方は、鍼灸治療をお試し下さい。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情