【腹診】について

HOME > 東洋医学について >【腹診】について

 

 

 

【腹診】とは?

 

『お腹を観察する』『お腹に触れる』事で、

【体の状態】を調べる方法を【腹診】と呼びます。

 

 

「異性や身分の高い人の体にむやみに触れてはいけない!」

・・・という考えが根強かった為、

【中国】や【韓国】などでは【腹診】を避ける傾向がありました。

 

 

その為【東洋医学の腹診】は、主に日本で発達した【診察方法】です。

 

【東洋医学の腹診】

【膝】を伸ばし、【腹部】を『緊張させた状態』で行うのが特徴です。

【西洋医学の腹診】

【お腹】に深く手を入れて【内臓】を触れるようにするために、【膝】を曲げ、【お腹】を『ゆるませた状態』で行います。

 

【腹診】の方法

 

【患者】には、【仰向け】になり、『膝を伸ばして』もらいます。

 

【指先】や【手掌】を用いて【お腹】に触れます。

 

【お腹全体】を【軽く撫でさする】【押す】【叩く】などして、以下を確認します。

【冷え】のある場所

【押す】と【痛い】場所

【不快感】【違和感】のある場所

【筋肉の状態】(弾力・硬結・陥凹)

【叩いた時の音】の様子

【拍動】を感じる場所

 

 

 

【腹診】:【主な症状】

 

【心下痞こう】

 

【みぞおち】辺りに【不快感】【圧痛】がある。

 

【腹満】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【実証】

・【お腹】に【弾力】がある。
・【お腹】が【硬い】
・【圧痛】がある

【虚証】

・【お腹】が【軟弱】
・【圧痛】がない

 

 

【胸脇苦満】

 

【みぞおち】〜【肋骨の下】のライン(季肋部)に、

【違和感】【不快感】【圧痛】がある。

 

【腹皮拘急】

 

【お腹の筋肉】(腹直筋)が【緊張】している。

 

【小腹不仁】

 

【下腹部】が軟かくて張りがない。

 

【小腹拘急】

 

【下腹部】が硬く【緊張】している。

 

【少腹急結】

 

【左の下腹部】を押すと【痛い】。

 

【心下悸】【臍上悸】【臍下悸】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情