【肩凝り】【肩の痛み】
(四十肩・五十肩・腕を上げると肩が痛い・肩関節周囲炎)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【肩凝り】【肩の痛み】(四十肩・五十肩・腕を上げると肩が痛い・肩関節周囲炎)

 

 

 

 

【肩のトラブル】:【鍼灸治療】がお薦め♪

次の症状に該当する場合は、【鍼灸治療】がお薦めです。

【慢性の肩凝り】

【肩が凝り過ぎ】で・・・【不快感】【痛み】【辛さ】に悪化してしまった

【四十肩】【五十肩】

腕の使い過ぎによる【肩の痛み】

【肩の痛み】が、奥の方(深い場所)から感じる。

 

 

 

【肩の構造】

 

【肩の関節】について

 

【肩の関節】には、『鎖骨』『肩甲骨』『腕』の3つの骨があります。

 

そして、【腕の骨】は、【筋肉】によって囲まれています。

 

【肩関節の動き】を安定させる為に、

【筋肉】と【腕の骨】を【腱板】が繋いでいます。

 

 

 

【肩凝り】

 

【肩凝り】の原因

 

【姿勢】が悪い

長時間同じ【姿勢】でいる

事により【特定の筋肉】(僧帽筋、肩甲挙筋)に負担がかかると、

【筋肉】が硬くなります。

 

【筋肉】が硬くなると、

「血流が悪くなったり」「神経を挟んだり」して、【肩凝り】が起こります。

 

【良い姿勢】とは?

 

壁に背を向けて立ちます。

★壁から【指2本分の隙間】がある★
【頭】

★壁に当たっている部分★
【踵】【骨盤】【肩甲骨】

 

 

【筋肉の凝り】が痛みを起こすメカニズム

 

【筋肉が凝る】と、

【筋肉】の中の「血管が圧迫」されて、【血流】が悪くなります。

 

【血液】は、【酸素】や【栄養】を全身に行き渡らせる役割があるので、

「血液循環が低下する」と、【酸素】や【栄養】が不足してしまい、

【痛み物質(乳酸etc.・・・)】が発生します。

 

【痛み物質】は、【知覚神経(痛みを感じる神経)】を刺激し、

その痛みが【脳に伝達】されます。

 

その為、【筋肉の凝り】により、【痛み】を感じてしまうのです。

 

また【痛み】は、【交感神経(血管を縮める作用)】や

【運動神経(筋肉の緊張を強める作用)】を緊張させるので、

更に【筋肉の凝り】が増します。

 

その結果、「凝りの痛みが痛みを生み出す」

という【痛みの悪循環】が発生してしまうのです。

 

 

【肩の痛み】が長引く要因

 

【脳】や【脊髄】が痛みを記憶してしまう

痛みを伝える【神経】のトラブル

【姿勢】が悪い

【筋肉】が硬くなっている

 

【肩の不調】枕が原因?

「寝ている時の姿勢」が原因で、

【頚~肩凝り】や【頚~肩の痛み】が発生している場合があります。

 

【枕の高さ】も重要になってきますので、チェックしてみましょう!

 

【理想的な枕の高さ】

【横向き】

【おでこ】【鼻】【胸骨】の「3点を結んだ線が水平になる」ようにします。

【仰向け】

・【枕】を「肩の近く」に置き、枕と肩に間隔を空けない
・『喉に負担なく、楽に呼吸できるか?』を確認する。

【寝返り】

【両手】をクロスして【肩】に当てて、【左右に寝返り】をして、次の事柄をチェックして下さい。

『楽に寝返りできるか?』

『肩と腰がバラバラにならず、同時動いているか?』

 

【肩凝り】を解消する運動法

 

【肩凝り】を解消する運動

 

【筋肉】が凝っている場合、

『縮んだ筋肉』と『伸びた筋肉』が存在します。

 

その為、解消するには

『縮んでいる筋肉は・・・ストレッチで伸ばす!!』

『伸びている筋肉は・・・鍛える!!』必要があります。

 

運動する際には、まず【自分のタイプ】を見極めて

『どの筋肉が伸び縮みしてているのか?』を把握して、

最適にアプローチする必要があります。

 

【いかり肩タイプ】肩凝りを解消する運動法

以下の【筋肉】が原因で、「両肩が持ち上がっている」(鎖骨の端が上がっている)場合を【いかり肩】と言います。

【肩上部の筋肉】(僧帽筋上部繊維&肩甲挙筋)が縮んでいる

【肩下部の筋肉】(僧帽筋下部繊維)が伸びている

 

「首をすぼめる」ように【両肩】を上に持ち上げて、

『スト〜ン!』と下げます。

【体の後ろ側】で両手を組みます。

【お腹】を少し凹ませて、

「肩甲骨を下げる」ように意識しながら、

【両手】を腰からお尻に沿って滑らせるように下げていきます。

この動作を【10〜20回】繰り返し行って下さい。


「お腹が前に突き出る」と、「腰が沿ってしまう」ので注意!

 

 

【なで肩タイプ】肩凝りを解消する運動法

以下の【筋肉】が原因で、「両肩が下がっている」(鎖骨の端が下がっている)場合を【なで肩】と言います。

【肩の内側の筋肉】(肩甲挙筋)が縮んでいる

【僧帽筋】が伸びている

 

 

【僧帽筋を鍛える運動】

 

「伸ばしたい筋肉側」の手で、「反対側の肩」を押さえたまま、【顔】を手を置いた方に回して、「鼻が肩に近づくように」します。そのまま、【10秒〜20秒】静止。

【肘】を「肩の高さより上の位置」で直角に曲げて、【両手】を上にあげます。その姿勢のままで(肩と肘の角度を変えないまま)、「頚をすくめる」ようにして、【肩甲骨】ごと上に持ち上げて、【5秒静止】したら下げます。

この動作を【10〜20回】繰り返して下さい。

 

 

 

【医師】肩の痛みに対する治療

 

【薬物療法】筋肉の凝りで発生した痛み

 

【炎症】を抑える薬

【筋肉】を柔らかくする薬

【トリガーポイント】に、【局所麻酔薬】を注射する

【星状神経節ブロック】

※「血管を緩める」目的で、【星状神経節(交感神経の塊)】に【局所麻酔薬】を注射します。

 

 

 

 

肩の痛み

 

【関節の障害】による肩の痛みの原因

 

【四十肩】【五十肩】【肩関節周囲炎】

【腱板断裂】

【石灰沈着性肩関節炎】

 

 

 

【四十肩・五十肩】(肩関節周囲炎)

 

【四十肩・五十肩】とは?

【関節包】や【滑液包】に炎症が起きる事で、

「関節が固くなってしまい、動きが悪くなる」40〜50代に多い病気で、

正式には【肩関節周囲炎】と言います。

 

 

【四十肩・五十肩】肩が痛い原因

 

【肩の関節】を支えている

【腱板の炎症】(棘上筋腱、上腕二頭筋長頭腱)が、

【関節包に波及】し、【関節包が縮む】事で、【肩に痛み】が発生します。

【痛み】とともに、次第に【拘縮】が起こって、運動制限が現れてきます。

【自然に治る病気】です。

 

【四十肩・五十肩】の原因

 

【年齢】

【肩の関節】が不安定のまま動かしている

 

 

【医師】:【四十肩・五十肩】の治療

 

【急性期】

【発症】してから【1〜2か月】の間です。

【痛みは強い】けれど、

【肩の動きに制限はない】時期です。


肩を安静にして、

【薬】で「痛みを抑える」事が有効です。

 

★【薬物療法】★
・【非ステロイド系抗炎症薬】(飲み薬、塗り薬)
・【ステロイド薬】(注射)

【慢性期】

【発症】してから【5〜6か月】の間です。


「痛みは軽くなってきた」けれど、

「肩の動きが制限される」時期です。


「肩の動きを広げる運動」をしたり、

「肩を温める治療」が有効です。


★【薬物治療】★
・【炎症を抑える薬】
・【関節を動きを良くする薬】(ヒアルロン酸注射)

【回復期】


「痛みは減って、徐々に動かせるようになる」時期です。

【スポーツ】などで「肩を積極的に動かし、肩を動かさない間に落ちてしまった筋力を回復させる」為に、【筋力トレーニング】も有効です。

 

 

【鍼灸治療】:【四十肩・五十肩】の治療

 

【東洋医学】では・・・

【老化】とともに「気血が滞り」、

「肩に栄養が行き渡らない」「肩が冷える」事で、

【痛みが引き起こされている】と考えています。

 

【痛み】物質を追い出し、【鎮痛物質】を誘導する

【血行を良くする】

【肩の動きを良くする】

目的で、【鍼】【お灸】【マッサージ】を行います。

 

 

 

 

【四十肩・五十肩】の運動法

 

【お風呂あがり】など、「肩が温まった状態」で行って下さい。

【四十肩・五十肩】腕を上げる運動

「腕を上げる」事で、【肩の動き】を良くします。

仰向けに寝る

【痛い側の筋肉】は使わず、【反対側の手】で【悪い側の肘】を持って「押し上げるように」しながら、【肩に痛みがある方の腕】を【頭の上】まで伸ばします。

 

【四十肩・五十肩】肩を開く運動

「肩を開く」事で、【肩の動き】を良くします。

仰向けに寝る

【頭の後ろ】で手を組む

「肘を開く・すぼめる」動きを繰り返す。

 

 

【四十肩・五十肩】腱板の後ろ側の筋肉を鍛える運動

 

【ゴムチューブ】を両手に持ちます。


【肘】を体にピタッとつけて、【90度】に曲げます。


その姿勢をキープしたまま、

【ゴム】を両手で外側に引っ張り、

広げたまま【5秒静止】します。

【5〜10回】を【1セット】として、【1日2回】行う。

【発症している側】の「肘を直角」に曲げ、【脇】をしめます。

【反対側の手】で「手の甲を抑えて抵抗」をかけながら、

「手を外側に開く」方法もあります。

 

 

【四十肩・五十肩】腱板の前側の筋肉を鍛える運動

発症している側の「肘を直角」に曲げます。

「手の平」に、良い側の拳を押しつけます。

押しつけられた方は、「押されないように位置をキープする」ようにして、【5秒間】抵抗をかけたら、力を抜きます。

【5〜10回】を【1セット】として、【1日2回】行う。

 

 

 

【鍵盤断裂】

 

【鍵盤断裂】とは?

 

【50代】以上に多い病気です。

 

【肩の使い過ぎ】などにより、

【腱板】が擦り減って亀裂が入った

【腱板】が切れてしまった

状態です。

 

「手術しない限り」元に戻すことはできませんが、

「筋肉を鍛えると、ある程度、症状を抑える」事ができます。

 

【鍵盤断裂】の症状

腕を上げる途中に【痛みがある】けれど、

腕が上がりきってしまえば【痛みがない】のが特徴です。

 

【鍵盤断裂】の原因

 

【加齢】

【肩の酷使】

【怪我】

 

 

【医師】:【鍵盤断裂】の検査


【超音波】【MRI】により、「腱板断裂の有無」がわかります。

 

※左右の筋肉を見比べると・・・

『断裂している方の筋肉が痩せて』いる事が分かります。

 

【医師】:【鍵盤断裂】の治療法


「肩の痛みを抑え」ながら、「肩の動きを良く」して、

「肩を安定させる」為に、【筋力トレーニングする】事が大切です。

 

【薬物治療】

・【炎症を抑える薬】
・【ステロイド薬】【局所麻酔薬】を注入する
・【神経ブロック】(肩甲上神経)
・【関節を動きを良くする薬】(ヒアルロン酸注射)

【手術】

「切れた所を前に出して、骨に縫い付ける」手術です。

【術後のリハビリ】が半年くらい必要です。

【筋力トレーニング】も合わせて行います。

 

【鍵盤断裂】:運動法

 

「腕を横に上げ下げする運動」はNG!

 

【腕】を「だらん」と下げる

体を動かして、「腕を振り子のように」動かす。


 

 

 

【肩のトラブル】に対する鍼灸治療の症例

 

「肩の痛み」に対する鍼灸治療の症例

◆79歳 男性◆

★主な症状★
・肩(前側)が痛い
・両膝が痛い・・・整形外科に通院。「変形性膝関節症」と診断。毎日湿布を貼る。
・腰が痛い
・足が浮腫む

★補足★
・降圧剤、血液をサラサラにする薬を服用している

★指圧60分+灸治療★
「鍼は苦手」という事で「指圧+お灸」です。治療後は・・・「痛みがない。体が軽くなった。元気が出てきた。」と仰っていました。

★自宅ケア★
「変形による膝の痛み→姿勢が崩れて腰に負担がかかり腰痛発生」
「猫背で姿勢が悪い→肩が内側に入ってしまう→肩関節の前側の血行が悪くなり痛む」事が原因です。「肩を開く姿勢」を説明しました。また、膝や腰のケアとして「太陽」「ロイヤルトップ」をお薦めしました。大変気に入ったようで、現在は、「太陽」「ロイヤルトップ」両方を愛用しています。

************************************

◆40代 男性 肩が痛い!! ◆

★主な症状★
・四十肩(左) ・・・頭の後ろに手を持っていく動作が痛い!!
・携帯を握る時などに、右母指が痛い

★その他の症状★
・肛門が痒い!!・・・何年も前から
・慢性的な腰痛・・・ギックリ腰に何度もなっている
・慢性的な頭痛

★鍼灸治療★
頭、腕、腰にも症状がでているので、上半身全体を治療しました。その後、肩を動かして痛みを確認しながら、鍼で調整を行いました。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情