【顔の麻痺】(ベル麻痺)
(眼をしっかり閉じれない)(唇をしっかり閉じれない)

HOME >【鍼灸適応疾患】> 【顔の麻痺】(ベル麻痺)

 

 

まずは、【専門医】にご相談下さい。

 

【顔の麻痺】は、

【脳出血】【中耳炎】【聴神経腫瘍】など・・・様々な原因で起こります。

 

【顔面神経麻痺】は、早く治療を開始する事が大切な病気です。

まずは、【専門医】にご相談下さい。

 

 

【ベル麻痺】には鍼灸治療がお薦め♪

 

 

【病院の検査】により「原因不明(ベル麻痺)」と医師に診断された場合は、

【病院の治療】と並行して【鍼灸治療】をお薦め致します。

 

【ベル麻痺】は鍼灸による治療効果の高い病気である一方で、

【顔面神経麻痺】に対する特効薬はなく

「投薬で暫く様子をみる」のが基本的治療になるからです。

 

『自然に治る』ことも多くありますが・・・

回復に時間がかかる。

※【軽い場合】は、【1〜2か月】で治ります。

【重い症状】の場合は、【6か月】以上かかる場合もあります。

【後遺症】がでてしまう場合がある。

 

「神経機能の回復を早める」

「顔面神経麻痺の後遺症を避ける」事を期待して、【鍼灸治療】をお試し下さい。

 

 

 

 

【顔面神経】について

 

【顔面神経】とは?

 

【顔面神経】は「脳から耳を経由して顔面に広がる」神経です。

「顔の筋肉を動かす」「味覚」「唾液や涙の分泌」などに関係します。

 

【顔面神経】の障害された位置によって、症状に違いが出てきます。

(脳に近いほど症状が重くなります)

 

 

 

【顔面神経麻痺】について

 

【顔面神経麻痺】とは?

 

【顔面神経】とは、

「顔の筋肉を動かす」「味覚」「唾液や涙の分泌」に関係する神経です。

 

何らか原因により

【顔面神経の伝達】にトラブルが発生すると、【顔面神経麻痺】が生じます。

 

「顔が歪む」「眼を閉じる事ができない」「口を閉じれない」など・・・

『外見に現れる症状』が多く発生する為、【精神的ダメージ】も大きい病気です。

 

【顔面神経麻痺】は、【中枢性】と【末梢性】に大きく分ける事ができます。

 

 

【顔面神経麻痺】による後遺症

 

一部の方には、次のような【後遺症】が起こります。

【病的共同運動】

【1日】に【1〜2mm】のペースで、『神経は再生される』と言われていますが、【神経】が『本来のルート』をそれて再生されてしまう場合があります。

その場合、「口を動かすと、まぶたも一緒に動いてしまう」などの動きが出てしまいます。

これを【病的共同運動】と言います。

【病的共同運動】は、【顔面神経麻痺】が発症してから【数カ月】経った頃に出現します。

【食事で涙】

【食事】をすると【涙】が流れます。

「唾液の分泌」と「涙の分泌」に関わる【神経】が、『混線して再生されてしまった』ケースです。

【耳鳴り】

【顔の筋肉】を動かすと【耳鳴り】がします。
「顔の筋肉を動かす神経」と「耳の機能に関係する神経」が『混線して再生されてしまった』ケースです。

【顔の強張り】

片側の【顔の筋肉】が持続的に収縮した為に、安静時の【顔の表情】が【非対称】に見えます。【顔面神経】の『再生される本数が少ない』事が原因と言われています。

【顔の痙攣】

【眼の周り】【口の周り】などが、突然【自分の意志】とは関係なく『ピクピク』動きます。

 

 

 

 

【中枢性顔面神経麻痺】について

 

【中枢性顔面神経麻痺】について

 

『【脳幹】(脳の一部)より上の部分』の原因により、

【顔面神経の伝達】に障害が起きた場合を【中枢性顔面神経麻痺】と言います。

 

【脳梗塞】や【脳出血】といった【脳血管障害】によって起こるので、

「顔の麻痺」以外に、

「激しい頭痛」「手足の麻痺」「呂律が回らない」などの症状も発生します。

速やかに【専門医】(脳神経外科)にご相談下さい。

 

【中枢性顔面神経麻痺】の原因

 

【脳出血】

【脳腫瘍】

 

【中枢性顔面神経麻痺】の症状

 

【末梢性麻痺】に比べて、「顔を動かす筋肉に関わる症状が軽い」のが特徴です。

 

『額のシワ寄せ』ができる

『眼をしっかり閉じる』事ができる

【顔面麻痺】以外の症状がある。

例)【激しい頭痛】【手足の麻痺】【呂律が回らない】


 

 

【末梢性顔面神経麻痺】について

 

【末梢性顔面神経麻痺】について

 

【ベル麻痺】

【顔面神経麻痺】の中で、最も多くみられるのが【ベル麻痺】です。

『ハッキリとした原因』は分かっておりませんが、「血液の循環が悪い為に顔面神経の通り道に浮腫ができてしまい、その浮腫が顔面神経を圧迫して起こる」と考えられています。

また、「顔に冷たい風に当たった」「精神的ストレス」「肉体的疲労」が原因とも言われています。

【ラムゼイ・ハント症候群】

【ラムゼイ・ハント症候群】とは、【帯状疱疹ウィルス】(水痘)に感染して起こる病気です。

「顔の麻痺」以外に「耳の痛み」「耳周辺に水疱ができる」のが特徴です。

【聴神経】が侵されると【難聴】になることもあります。

※【抗ウィルス剤】の処方が必要です。医師にご相談下さい。

 

【末梢性顔面神経麻痺】の原因

 

【交通事故】による外傷後(頭や顔の骨折など)に発生した【顔面麻痺】

【手術】による【顔面神経損傷】による発症

【中耳炎】による【顔面麻痺】

【聴神経腫瘍】による【顔面麻痺】

【ベル麻痺】(原因不明)

【帯状疱疹ウィルス】(水痘)の感染

 

【末梢性顔面神経麻痺】の症状

 

『額のシワ寄せ』ができない

【動画】:『額のシワ寄せ』ができない
http://www.youtube.com/watch?v=dH_2Lw379hs

『眼をしっかり閉じる』事ができない

眼を閉じる時に『眼球が上の方に回転する』(ベル現象)

【動画】:ベル現象
http://www.youtube.com/watch?v=WCMDkFpkkBY

『唇をしっかり閉じる』事ができない

【口角】が下がる

『唇を尖らせる』事ができない(口笛が吹けない)

【聴覚の異常】(過敏、耳が痛い、難聴など・・・)

【味覚の低下】

【唾液】や【涙】の分泌が低下

【眼】が赤くなる

※【涙の分泌】が少なく、『瞼を閉じる』事もできない為に、乾燥で『眼が赤く』なり痛みます。『兎の眼が赤い』事から、これを【兎眼】(とがん)と言います。

 

 

 

【病院】:【顔面神経麻痺】

 

【医師】:【顔面神経麻痺の治療】

 

【病院】では、【検査】を受けた後に次のような治療が行われているようです。

 

【特効薬】はなく、

「投薬で暫く様子をみる」のが基本的治療になります。

 

【点滴】

【約2週間の点滴】

【副腎皮質ステロイド】【抗ウイルス剤】の【点滴】を2週間連続で行います。

【処方薬】

【処方薬の服用】

【血流改善剤】【ビタミン剤】【神経賦活剤】などが処方されます。

【神経ブロック】

【星状神経節ブロック】

【星状神経節】(自律神経の神経節)に、

【局所麻酔剤】を注入します。

【手術】

【手術】

『改善がみられない』場合は、

【手術】を行う場合があります。

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【顔面神経麻痺】

 

 

【顔の麻痺】:【鍼灸治療】がお薦め♪

 

【顔面神経麻痺】は、

「顔を洗う時に石鹸が目に入ってしまう」

「口がゆすげない」「食べ物が口からこぼれてしまう」など・・・

日常生活の質が大きく低下します。

 

また、「顔が歪む」などの『外見に現れる症状』が多く発生する為、

【精神的ダメージ】も大きい病気です。

 

【鍼灸治療】には「神経機能の回復を促進する」効果があります。

【病院】での治療で効果が得られていない場合は、【鍼灸治療】をお試しください。

 

【顔の麻痺】:【鍼灸治療の流れ】

 

【問診】
・【顔面神経麻痺】の程度をチェックします。
・今までの治療内容などをお伺い致します。

【鍼灸治療】
「血液循環を良くする」「神経機能の回復を促進する」「顔の筋肉の強張りを防ぐ」目的で鍼灸治療を行います。

「神経の走行」や「麻痺している筋肉」を意識しながら、症状に合わせて治療効果の高いツボを利用します。

【頚や肩の凝り】を改善する事も大切です。

【マッサージ】

最後に軽く【マッサージ】を行います。

 

【顔のツボ】

 

【顔を動かす筋肉】(表情筋肉)に該当するツボ

 

【額にしわを寄せる】

【前頭筋】により【眉】を上げると「額にしわ」ができます。

【代表的なツボ】:【陽白】

【ウィンクする】

【眼輪筋】を動かして【瞼】を閉じます。

【代表的なツボ】:【四白】【糸竹空】

【眉をひそめる】

【すう鼻筋】が担当します。

【代表的なツボ】:【さんちく】

【鼻の上に横しわをつくる】

『顔をしかめる』(嫌悪)と、【鼻根筋】が動き、【鼻】の上に【横しわ】ができます。

【代表的なツボ】:【印堂】

【眉をひそめる】


【すう鼻筋】が担当します。

【代表的なツボ】:【さんちく】

【笑う】

【笑う】と【頬骨筋】が動いて、『口角が上がり』ます。【笑筋】が動いて【エクボ】ができます。

【代表的なツボ】:【こりょう】

【頬を膨らませる】

【口輪筋】により『口が閉じ』、

【頬筋】により『頬が膨らみ』ます。

【代表的なツボ】:【地倉】【かりょう】

【口を「への字」に曲げる】

【口角下制筋】を動かすと、【口元】にしわが寄り「口がへの字」に曲がります。【オトガイ筋】により、【顎先】にしわが寄ります。

【代表的なツボ】:【しょうしょう】

 

 

【顔の麻痺】:日常生活で気を付ける点

【眼の保護】

【眼】を保護する

・乾燥を防ぐために目薬をする。

・【紫外線】から守る為に外出時には【サングラス】をかける

・【眠る】時は、【眼帯】や【テープ】を利用する。

(瞼を手で閉じてテープで固定する)

【動画】:テープで固定する方法
http://www.youtube.com/watch?v=-IEMrewVaB0

【温める】

【顔】をホットタオルで温める

「冷えが原因」で【顔が麻痺】する場合があります。

また、【麻痺】している【顔の筋肉】は強張ってきます。

「温かいタオルを当てる」「軽いマッサージをする」

「入浴」などにより、【顔】を温めて下さい。

【休息】

十分な休息をとる

【肉体的疲労】や【睡眠不足】は、

【免疫力の低下】【自然治癒力の低下】に繋がります。

 


参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情