【肛門が痒い】(男性器・女性器・陰部がかゆい)

HOME > 症状で探す > 肛門が痒い(男性器・女性器・陰部がかゆい)

 

 

プライバシーポリシー。守秘義務について【プライバシーポリシー】(守秘義務に関して)

 

 

【皮膚掻痒症】(ひふそうようしょう)

 

 

【皮膚掻痒症】とは?

 

【皮膚】に目立った異常がみられないのに、

「かゆみ」がでる場合を

【皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)】と言います。

 

【痒くて】・・・

「掻いたり」「擦ったり」していると、

  【皮膚】に【傷】ができたり、【湿疹】ができます。

掻く事によって、自分で【湿疹】を作ってしまうのです。

 

 

【皮膚掻痒症】の分類

 

【全身性皮膚掻痒症】

【全身】に「かゆみ」が出る

【限局性皮膚掻痒症】

【外陰部】や【肛門】周囲などに限局して

「かゆみ」が出る

 

 

 

 

【肛門が痒い】

 

 

【肛門】について

 

 

【長さ】

「3cm」くらいあります。

【肛門の内側】

「便」や「ガス」の漏れを防ぐ役割がある、

【肛門クッション】があります。

「血管」や「筋繊維」などが集まった、

柔らかい組織です。

 

 

【肛門掻痒症】

 

【肛門】が「痒い」事を総称して、【肛門掻痒症】といいます。

 

【症状】に対して使用するので、【原因】は様々です。

 

最初は「軽い痒み」から始まりますが、

【トイレットペーパー】で擦って拭いたり、

【石鹸】で肛門をゴシゴシ洗ったりする事によって、

「痒み」が増していき、「掻きむしる」ようになります。

 

 

【肛門が痒い】原因

 

カンジダ症

【カンジダ】という【真菌(カビの一種)】は、

正常な【皮膚】にも少しだけ存在しますが、

体の抵抗力が落ちると増殖します。

接触性皮膚炎

【石鹸】【市販の軟膏】【あせも】【消毒薬】【ウェットティッシュ】【ナプキン】【化繊の下着】【痔(脱肛・痔ろう)による分泌物】など・・・

皮膚癌

【ページェット病】【ボーエン病】など。

※【皮膚科】の受診が必要です。

【便の刺激】

【肛門】の中や【直腸】に【便】が「溜まったり」「残ったり」していると、【便】の刺激で「痒み」が引き起こされます。例え毎日【便】が出ていても、スッキリ出ずに中に残っていれば【便秘】です。

【ストレス】

 

【ギョウ虫】

【明け方】に「痒く」なるのが特徴です。

【筋肉】

【肛門】を閉める【筋肉】が「弛んでいる」事が原因。【加齢】【出産】【排便時のきばる習慣】により、【肛門】を閉める【筋肉(肛門括約筋)】が「弛む」ことがあります。【肛門】の「しまり」が悪くなると、【便汁】が漏れてしまい、「痒み」の原因となります。

 

 

 

 

【性器・陰部】が痒い

 

 

【性器が痒い】【陰部が痒い】原因

 

接触性皮膚炎

【石鹸】【市販の軟膏】【あせも】【消毒薬】【ウェットティッシュ】【ナプキン】【化繊の下着】など・・・

【亀頭包皮炎】

【亀頭包皮炎】について

包茎

【包茎】により

【亀頭】に汚れが溜まりやすくなります。

慢性前立腺炎

【慢性前立腺炎】について

【ストレス】

 

 

 

 

 

【肛門・性器・陰部の痒み】に対する鍼灸治療

 

 

【原因不明の痒み】には鍼灸治療がお薦め♪

 

【鍼灸治療】には・・・

「痒み」を抑える働きがあります。

【皮膚】が丈夫になります。

 ※当店の【鍼灸治療】を繰り返す内に、

 『我慢できずに掻きむしった』場合でも、

  以前より、肌へのダメージは軽減されるようになります。

 

 

 まずは、医師にご相談下さい!!

 

「痒み」の原因は様々です。

中には【医師による治療】が必要な深刻な病気の場合もありますので、

まずは【病院】で検査して貰って下さい。

 

その上で・・・

『病院で検査したけれど、異常なしと言われた!』

『病院で検査したけれど、原因不明と言われた!』

『処方された薬を服用しているけど、効果がない!』

『同じ症状を繰り返している!!』(慢性化)

・・・という方には【鍼灸治療】がお薦めです。

 

 

【原因不明の痒み】に対する鍼灸治療

 

「食事を含めた日常生活」などのお話を聞き、

【体の状態(反応点)】をチェックする事で【原因】を探り、

次のような目的で鍼灸治療を行います。

 

【血液中】の痒みを引き起こす【物質】の産生を抑制する

溜まってしまった【体内のゴミ】の排出を促す

ダメージを受けた【皮膚の回復】を促す

【ストレスの緩和】

【体質改善】

【便通の解消】

 

 

 

 

【肛門・性器・陰部の痒み】予防

 

 

掻かない】

「掻く」事により、更に「痒く」なります。

また、「掻きむしる」ことによって

【皮膚】に【傷】を作り、悪化させてしまいます。

清潔

【肛門】【性器】【陰部】等を【清潔】にします。

但し「ゴシゴシ」洗ってはいけません。

乾燥

【皮膚】が「乾燥」すると「痒く」なります。

通気性

【お尻】や【陰部】の「風通し」を良くします。

例)【むれるジーンズ】などをさける。

  【 座り仕事】の方は、こまめに立つ。

【下着】

【化繊】の【下着】を避けて【木綿】にする

【排便】

【下痢・便秘】の解消を心掛ける

 

 

 

 

【肛門・性器・陰部の痒み】に対する鍼灸治療の症例

 

 

【35歳 女性】【肛門が痒い!!】

 

主な症状

・1年前から【肛門】が「痒い」!!

・「痒い」!→【下着】の上からゴシゴシ「掻く」!→【肌】が「ヒリヒリ」するので【薬】を塗る→「痒み」治まる→「痒み」が治まり【薬】の使用を止めて暫くすると・・・「痒い」!→「掻く」の繰り返し

その他の症状

・慢性的な【便秘】
・【いぼ痔】2回発生

鍼灸治療(1回目)

「鍼が痛いんじゃないか?」・・・と少し不安だったようですが・・・「鍼の刺激で、激しい痒みから久し振りに解放された♪」と喜んでいました。

※【初めの頃は、暫くすると「痒み」が戻ってしまう事】【「痒み」が出た場合の対処法】など・・・【注意事項】を説明して【1回目】は終了。

鍼灸治療(9回目)

根気良く【3か月】続けた結果、「痒み」が完全になくなりました。

※その後【2年経過】しましたが、発症していないそうです。

 

 

【40代 男性】 【肛門が痒い!!】

 

主な症状

・肛門が痒い!!・・・何年も前から
・5年前から痔で塗り薬を使用している
・時々出血する
・病院には行っていない

その他の症状

・【四十肩(左)】
・【携帯】を握る時などに、【親指(右)】が痛い
・慢性的な【腰痛】・・・【ギックリ腰】に何度もなっている
・慢性的な【頭痛】

【肛門】チェック

肛門を確認すると・・・2か所【大きな痔】がありました。

『【痔】からの【分泌物】』

『【痔】の周辺の【溝】に汚れが付着しやすい』

事が「痒み」の【原因】である可能性が高いと説明しました。

鍼灸治療

【慢性化】している【症状】が多いので、回数が必要である事を説明した上で、【症状】それぞれに対して鍼灸治療を行いました。

 

 

【70代 男性】【肛門・性器が痒い!!】

 

主な症状

【肛門】【生殖器】が「もの凄く痒い」!!「掻きむしりたい」!!

【肛門】の「痒み」は【6年前】に発症。

※【背中】や【腰】など、他にも「痒い」場所はあるが、それは我慢できる。

【皮膚科】受診

3か所の【皮膚科】を受診したが【顕微鏡検査】【血液検査】は全て【異常なし】【原因不明】。

【薬(ステロイド剤)】を使用しているが、効果が得られないので、現在はあまり使用していない。

 

現在、月2回ペースで【肛門科】【泌尿器科】に通院。「オペの必要はない」と言われ、注射・光線療法を受け、薬を処方してもらっている。泌尿器科の先生には「包茎により生殖器に痒みがでてしまう」と言われた。

【肛門科】受診

また【肛門】の「痒み」に関しては【肛門科】で受診。【肛門皮垂(スキンタグ)】と診断され、【オペ】をしたら「痒み」は治まったが、また発症してしまった。今度は「オペの必要はない」と言われた。

※月2回ペースで通院。【注射】【光線療法】を受け、【薬】を処方してもらっている。

【泌尿器科】受診

泌尿器科の先生には【包茎】により【生殖器】に『痒み」がでてしまう』と言われた。

その他の症状

★【頻尿】【残尿】
★【足のムクミ】
★【胸ヤケ】しやすい。
★【オナラ】が溜まっている

★【鼻茸】★
「うつ伏せ」になると【鼻汁】がでてくるが、それ以外は特に問題なし。

★【高血圧】★
降圧剤を服用
※予防目的で【ワーファリン服用】

 

★全身の【皮膚状態】を観察してみると・・・★
※ご本人の許可を得て写真を掲載しております。

【鼡径部】

両側とも「赤く」なっています。

そけい部の皮膚状態

【肘】

非常に【乾燥】しています。

肘の皮膚状態

【腰】

広範囲に【皮膚】が「赤く」なっています。【乾燥】により「カサカサ」

腰の皮膚状態

【肛門】

写真ではよく見えませんが、広範囲に【皮膚】が「赤く」なっています。現在は【皮膚状態】が悪い為、「皮膚の炎症で痒いのか?」判別がつかない状態。

肛門の状態

 

★【鍼灸治療】★

【3回目】

『治療後は、トレイに行きたくなり、全身が軽くなる♪』 『食欲もでる♪』そうです。

■【皮膚の状態】■
全体的に少し赤みが治まってきています。【肛門】や【陰部】以外は「もう痒くない」

■【肛門の痒み】■
『【肛門】周囲が痒い!』→『【肛門】の中が「痒い」!』に変わった。「痒みの頻度」が少なくなった。

【6回目】

■【皮膚の状態】■
順調に引いてきました。

■【会陰部、陰のうの痒み】■
ひいて気にならなくなった。

■【陰茎〜亀頭、肛門の痒み】■
まだ「痒い」。

鍼の刺激方法を変えました。治療中は「肛門〜生殖器に対する鍼やお灸の刺激が響き心地よい」と仰っていました。

【14回目】

鍼灸後は「肛門・生殖器の痒みが一旦治まる」そうです。

治療時には毎回「肛門周囲に汚れが付着」しています。

『【肛門皮垂(スキンタグ)】により、【肛門】周囲に汚れが溜まりやすい』『【包茎】により、【亀頭】に汚れが溜まりやすい』事を説明し、「お尻洗浄器付きトイレの利用」など、【排便・排尿】後の「ふき取り」をシッカリ行って頂くようお願いしました。

 

 

【26歳 男性】 【肛門が痒い!!】

 

主な症状

中学生の頃から【肛門の痒み】【切痔】が年1回ペースで発症している。

【切痔】になる前に必ず「痒く」なる。

今回は、1週間前から「痒く」なっている。

その他の症状

★【便秘】★
2〜3日に1回の排便ペース

★【痔】★
発生した時は【薬】を塗って治めるが【慢性化】している。

★【アトピー性皮膚炎】★
小児の頃

鍼灸治療(1回目)

『便通を良くする』事を意識しながら「痒み」に対して集中的に治療しました。

鍼後は、【肛門】の入口付近の「痒み」が軽減され、【肛門】内部の「痒み」が残っている状態。

『まだ痒みが残っているけれど、楽になりました♪このような症状に対して鍼が効くなんて知らなかった♪』と驚かれていました。

掻いてしまうと「痒み」が増してしまう一方なので、『シャワーを浴びる』『ウェットティッシュで拭く』『一時的に肛門を冷やす』などで対処して頂くようお願いしました。

病院で検査

■【肛門の検査】■
前回の鍼灸治療の後、病院で【肛門の検査】をして貰ってきた。

『肛門が硬く狭くなっている』そうです。
※【切痔】を繰り返していた為に【肛門括約筋】が肥厚して硬くなってしまい、細い便しか出せなくなっているそうです。

追加の症状

「前回、伝え忘れていた」症状です。

■【排尿時の会陰部痛】■
前回は伝えてなかったが、3年前から【排尿】時に【会陰】の辺りが「痛い」。【肛門】のついでに検査して貰ったところ【慢性前立腺炎】と診断された。

■【両手の腱鞘炎】■
PCを1日中操作しているので【職業病】に近い。

鍼灸治療(2回目)

追加の症状に対しても治療を行いました。【肛門】の内側の「痒み」は・・・想像していたよりも大分奥の方なので、苦戦しました。

現在の【痒みレベル】は【10段階(10:最も痒い)】で・・・【内側:2〜3】【外側:1〜2】

 

 

出張鍼灸治療【よくあるご質問】

 

 

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】(受付:17時迄)

【17〜20時】の間は【回数券購入の方】専用

予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情