【慢性副鼻腔炎】(蓄膿症)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【慢性副鼻腔炎】(蓄膿症)

 

 

 

 

 

【副鼻腔】について

 

【副鼻腔】とは?

 

【鼻の周り】にある、【骨の中】にできた【空洞】を【副鼻腔】と言います。

【空洞】は、【粘膜】で覆われています。

 

【副鼻腔】の種類

【副鼻腔】は4種類あります。

【前頭洞】(ぜんとうどう)

【篩骨洞】(しこつどう)

【上顎洞】(じょうがくどう)

【蝶形骨洞】(ちょうけいこつどう)

【副鼻腔】の場所

 

【前頭洞】

【眼の上】

【篩骨洞】

【眼の内側】

【上顎洞】

【頬の奥】

【蝶形骨洞】

【篩骨洞】の奥


 

 

 

【副鼻腔炎】について

 

【副鼻腔炎】とは?

 

【副鼻腔】の【粘膜】が、

【細菌】や【ウィルス】に【感染】したり、

【ハウスダスト】や【花粉症】などの【アレルギー】が原因で【炎症】を起こし、

【膿】や【粘液】が排出されず、【副鼻腔】に溜まるのが【副鼻腔炎】です。

 

【副鼻腔炎】の種類

 

【急性副鼻腔炎】

【風邪】などによる【鼻炎】から発症するもの。

【慢性副鼻腔炎】

【急性副鼻腔炎】が治らずに【慢性化】したもの。

【好酸球性副鼻腔炎】

【気管支喘息】を伴う【慢性副鼻腔炎】です。

【鼻茸】が多く発生し、

【鼻汁】は非常に粘りがあり、難治性です。

【副鼻腔真菌症】

【副鼻腔】に【真菌の塊】があり、

【炎症】を起こしたもの。

【侵襲性真菌性副鼻腔炎】

【化学療法】【コントロール不良な糖尿病】【白血病】【リンパ腫】【多発性骨髄腫】【エイズ】などの病気によって【免疫機能が低下した人】に起こりやすい、とても重い病気です。

 

 

 

 

【慢性副鼻腔炎】について

 

【慢性副鼻腔炎】の主な症状

 

粘った【鼻汁】

【鼻づまり】(鼻閉感)

【副鼻腔】付近の【痛み】

【副鼻腔】付近の【腫れ】

【鼻汁】が【喉】にまわる(後鼻漏)

【歯の痛み】

【頭重感】

【頭痛】

【嗅覚】が低下する

【咽喉の炎症】や【気管支炎】

※【鼻汁】が【喉】にまわる【後鼻漏】により発症

 

【アレルギー性鼻炎】は・・・

【鼻のかゆみ】や【くしゃみ】を伴います。

 

 

【副鼻腔】の【悪化・波及】により起こる症状

 

【鼻茸】

(鼻ポリープ)

【脳】

【脳膿瘍】【髄膜炎】【海綿静脈洞血栓症】など・・・

【視力障害】

【眼窩内膿瘍】【視神経炎】など・・・

 

 

【慢性副鼻腔炎】の原因

 

【ウィルス】【細菌】【真菌】の感染

【遺伝的体質】

【アレルギー体質】

【環境汚染物質】の影響

【歯】にできた【膿瘍】が【副鼻腔】に広がった


 

【副鼻腔炎】が慢性化してしまう理由

 

【副鼻腔の粘膜】に【炎症】が起こると、

【大量の粘液】が作り出されますが、

通常は、【鼻汁】として

【鼻腔】から【排出】されるようになっています。

 

ところが、【鼻】と【副鼻腔】の境界が、

【炎症】による【粘膜の腫れ】で塞がれてしまうと、

【鼻腔】に【排泄】されにくくなり、

【副鼻腔】に【膿】が溜ってしまいます。

 

溜まった【膿】により【粘膜肥厚】(鼻茸が発生)が起こり、

【膿の排泄】がさらに困難となります。

 

このような悪循環により、【慢性化】してしまうのです。




 

 

 

【医師】:【副鼻腔炎】の治療

 

【副鼻腔炎】の検査

 

【鼻の中を診る】

【鼻汁の状態】【粘膜の腫れ】【鼻茸の有無】などをチェック

【X線検査】

「【副鼻腔】中に【膿】が溜まっているか?」を確認する。

 

 

【副鼻腔炎】の診断

 

【X線検査】

 

【CT】


【MRI】

 

【視診】

【副鼻腔】からの【膿】を確認する。

 

 

【副鼻腔炎】の治療法

 

【治療のポイント】

【粘膜の腫れ】を取る

 

【鼻汁】を外に出する

 

【鼻腔】の【絨毛運動】機能を回復させる

【保存療法】

【ネブライザー治療】

 

【抗生物質】:【細菌】除去。

 

【蛋白分解酵素】:【膿】を排泄しやすくする。

 

【消炎鎮痛剤】:【炎症】【痛み】を抑える。

 

【食塩水】による【鼻洗浄】:

清潔にして湿った状態を保つ

【手術】

内視鏡を使用した【鼻内手術】

 

【前頭洞手術】


 

 

【鍼灸治療】:【副鼻腔炎】の治療

 

【副鼻腔炎】に対する鍼灸治療

 

【痛み】がある場合は、まず【痛み】を軽減させます。

 

そして、【炎症】による【粘膜の腫れ】を抑え、

【粘膜の機能】を回復させる目的で、

【頭】【手】【足】を中心に、【鍼灸治療】を行います。

 

 

【副鼻腔炎】鍼灸治療がお薦めの方

 

【手術】は絶対したくない!!

【薬】の服用をやめたい

【薬】が効かなくなった

症状を繰り返し、【慢性化】している

 

 

 

【蓄膿症】に対する鍼灸治療の症例報告

 

【39歳女性】

 

【蓄膿症】

20年前に発症。

【顔の痛み】【まぶたの腫れ】などの症状があり、【病院】に通い、治まっていたのに、2年前から再発。

今回は、【病院】に通っても効果がなく【慢性化】。

【鼻茸】はできていないが、「膿がかなり溜まっている」ので、【手術】を薦められたが、【手術】は決してしたくない。

今後、【妊娠予定】なので、薬の服用は避けたい。

【医師】から【鍼灸治療】を薦められた。

【インプラントの治療】を受けた際、【歯医者】さんにも「膿が凄い溜まっているね〜」と言われたそうです。

【その他の症状】

【自律神経失調症 】


【鍼灸治療4回】

【顔の痛み:なし】【瞼の腫れ:なし】

【粘りのある鼻水】ではなく、【サラサラの透明な鼻水】がでるようになった。

【痰の量】も減ってきた。

 

 

 

【31歳男性】

 

【蓄膿症】

1年前に発症。

 

一時は【視界の一部が白くなる】などの症状もあったが、【病院】に通い【薬】で治まった。

 

現在は・・・

【鼻汁】や【後鼻漏による臭い】が気になる。

※【後鼻漏】:鼻汁が喉にまわってしまう事。

 

現在も、【薬】は服用している。

【鍼灸治療2回】

経過観察中。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情