【眼精疲労】(眼の疲れ)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【眼精疲労】(眼の疲れ)

 

 

 

【眼】について

 

【眼の筋肉】


【眼】には大きく2種類の【筋肉】があります。

【外眼筋】

・【眼の外側】にある筋肉です。

・主に【隠れ斜視】によって疲労します。

【毛様体筋】

・【眼の内側】にある筋肉です。

・【水晶体】という【レンズ】を動かし、

【焦点】を調節します。

 

【眼が疲れる】原因

 

【眼の疲れ】とは・・・

【眼の筋肉】が疲労した状態のこと。

【遠くを見る時】

【毛様体筋】の力を抜いて、

【水晶体】を薄くする事で【焦点】を調節します。

【近くを見る時】

【毛様体筋】の力を入れて、

【水晶体】を厚くする事で【焦点】を調節します。

 

その為、【近く】を見続けるほど、

【毛様体筋】の疲労が増していきます。

 

【眼の疲労】を回復する方法

 

【外眼筋】の【ストレッチ】は、【疲労回復】に効果があります。

【人差し指】を【左右上下】に動かし、目で追って下さい。


【時計周り】に円を描き、それを目で追って下さい。


【反時計周り】をやります。

【VDT症候群】について

 

【VDT症候群】とは?

 

【パソコン作業】などによって、

【目の疲れ】や様々な【健康障害】を引き起こすことを、

【VDT症候群】と言います。

 

長時間画面に向き合っていると、

【ドライアイ】【頭痛】【肩コリ】【自律神経失調症】

・・・などの症状を引き起こします。


【自律神経失調症】について

 

 

 

【斜視】

 

【斜視】について

 

【斜視】は『物を見る』時に、

『眼(外眼筋)を動かして見る』必要があります。

 

その為、長時間【近い距離】を見れば見るほど・・・

【眼】は、『正常な位置』に保つ必要があり【眼の疲労】が溜まります。

 

【眼の疲労】が溜まると、

【眼】を『正常な位置』に動かせなくなり、

【物】を正常に見れなくなります。

 

そして、【眼】の内部にある【自律神経】が、

『本来の働きを果たす』事ができず、

混乱して【自律神経失調症】になります。

 

 

眼精疲労に対する鍼灸治療の症例

 

44歳 男性

★主な症状★
・眼精疲労
・頭痛(コメカミ辺り)
・全身が凝っている・・・特に、肩凝りがツライ!!
・時々「ふくらはぎ」がつる 

★追記★
・血糖値が高く3年前から薬を服用

★鍼灸治療★
全身に症状が出ているので、反応点を探りながら鍼灸治療を行いました。最後に、頚〜頭のマッサージをして終了。

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情