【股関節痛】

HOME >【鍼灸適応疾患】>【股関節痛】

 

 

 

 

【股関節】について

 

【股関節】とは?

 

【股関節】とは、【足の付根】にある

【骨盤】と【太もも】を繋ぐ【関節】で、

「体重を支える」という重要な役割があります。

 

【股関節】は、【骨盤(凹み部分)】に

【足の骨(先端の球状の部分)】が、しっかりと納まっています。

 

また、【お尻】の【筋肉】によって支えられており、

【骨盤】の中で、【脚の骨】がスムーズに動く事により、

【歩いたり】【走ったり】【階段の上り下り】が

自然にできるようになっています。

 

 

 

 

【股関節痛】

 

【股関節痛】の症状

 

「足の付け根が痛い」

「お尻が痛い」

「あぐらをかけない」

「かがむと痛い」

 

 

 

【股関節痛】の原因



【骨盤】と【脚の骨】がちゃんと納まらずに、

【股関節】が微妙にずれてしまっています。

 

これは・・・

【股関節】周辺の【筋肉】が硬くなっている為に、

特定の方向へ引っ張ってしまい、

【股関節】がずれてしまっているのです。

 

その為、動かすと・・・

【筋肉】が引っ張られる事に痛みを感じたり、

【股関節】がスムーズに動かず、

『引っ掛かったり』、『ぶつかったり』して痛みを感じます。

 

また、【股関節】のズレは、

立っている時、歩いている時に、

『偏った【脚】の動かし方』になってしまい、

【骨盤】【腰】【脚の筋肉】にも影響がでてきます。

 

 

骨の問題

【股関節】自体の問題で、

病院の検査で分かります。

【変形性股関節症】

【臼蓋形成不全】

【大腿骨骨頭壊死】

その他の問題

【股関節痛】周辺の【筋肉】が硬くなっている。

 

【炎症】を起こしている。

 

偏った【歩き方】や【座り方】などにより、

【股関節】の動きが悪くなってしまった。

 

【ヨガ】や過度の【開脚ストレッチ】で痛めた

 

【産後】に【骨盤】がうまく閉じなくて、

【股関節】の位置がずれてしまった

 

【股関節】を【脱臼】した事がある

 

 

 日常生活での危険因子

「横座りをする」

「ぺちゃんこ(M字)座り」

「足を組む」

 

 

 

【股関節】の異常をチェック!!


「左右の足の長さが違う」

「足裏を合わせた状態で座ると、足の開き具合が左右違う」

「上向きで寝て、膝を胸に引き寄せる事ができない」



 

【股関節の痛み】が長引く要因

 

【脳】や【脊髄】が痛みを記憶してしまう

痛みを伝える【神経】のトラブル

【姿勢】が悪い

【筋肉】が硬くなっている



 

 

 

【筋肉の凝り】が痛みを起こすメカニズム

 

【筋肉が凝る】と、

【筋肉】の中の「血管が圧迫」されて、【血流】が悪くなります。

 

【血液】は、【酸素】や【栄養】を全身に行き渡らせる役割があるので、

「血液循環が低下する」と、【酸素】や【栄養】が不足してしまい、

【痛み物質(乳酸etc.・・・)】が発生します。

 

【痛み物質】は、【知覚神経(痛みを感じる神経)】を刺激し、

その痛みが【脳に伝達】されます。

 

その為、【筋肉の凝り】により、【痛み】を感じてしまうのです。

 

また【痛み】は、【交感神経(血管を縮める作用)】や

【運動神経(筋肉の緊張を強める作用)】を緊張させるので、

更に【筋肉の凝り】が増します。

 

その結果、「凝りの痛みが痛みを生み出す」

という【痛みの悪循環】が発生してしまうのです。

 

【股関節痛】に対する鍼灸治療

 

「次のどちらの原因なのか?」を見極める必要があります。

【股関節】自体の問題なのか?

【腰】や【骨盤】などからきているのか?



【股関節】周辺の【筋肉】を緩め、

【股関節】の痛みを緩和させる目的で、

【腰】【お尻】【太もも】を中心に【鍼刺激】を行います。

【腰】や【お尻】などの深い部分にある【筋肉】や、

刺激に過敏な【鼡径部】などを対象とする場合には、

特に【鍼灸治療】が適しています。



 

 

【変形性股関節症】

 

【変形性股関節症】の原因

 

体重による負荷が【股関節】にかかり過ぎると、

【股関節】の【軟骨】(クッションの役割)がすり減ってきます。

 

そして・・・

そのすり減った『【軟骨】のカケラ』が、

【関節】の中を浮遊して【炎症】が起こり、

痛みが発生します。

 

このまま放置しておくと、

更に【軟骨】(クッションの役割)がすり減り、

最終的には【軟骨】がなくなってしまいます。

 

そうすると・・・体重がかかる度に、

【骨同士(骨盤、太ももの骨)】がぶつかり合ってしまい、

『激しい痛み』が生じます。

 

 

【変形性股関節症】になりやすい人

 

【第1段階】

【臼蓋形成不全】などで、【X線】で異常が見られても、【自覚症状】は殆どありません。

【第一段階】

以下の動作で【痛み】を感じます。

・立ち上がる時

・歩き始める時

・長時間歩いていると・・・

・階段の上り下り

【X線】で【股間節の軟骨】が擦り減っているのが確認できる。

【第3段階】

歩いている時に常に【痛む】

座っている時も【痛む】

【第4段階】

「寝ている時」など、

【安静】にしていても強く【痛む】

【股間節の軟骨】が殆どなくなり、

【骨】と【骨】が接している状態。

 

【変形性股関節症】になりやすい人

 

【体重】

【体重】が重いと・・・

『【軟骨】がすり減る』原因になります。

【加齢】

 

【筋力】

【女性】は、【男性】よりも【筋力】がなく、

【関節】を支える力が弱い。

【骨の形成不全】

生まれつき【股関節】の【骨の成長】が悪く、

安定していない為、『【軟骨】がすり減り』易くなります。

【日本人女性】に多いと言われています。

【その他】

・【激しいスポーツ】

・重い物を持つ【仕事】

・【家族】や【親戚】に発症している人がいる

・【怪我】をしている

 

 

【医師】:【変形性股関節症】に対する治療

 

【保存療法】

・適度な【運動】で筋力up!

・【生活習慣】を改善する。

【薬物療法】

・【鎮痛剤】

【手術】

・【骨切り術】

・【人工関節置換術】

 

 

 

 

【股関節痛】:自宅ケア法

 

 日常生活で気を付ける点

 

【体重減】

次のような動作により、

実際の【体重】以上の負荷が、

【股関節】にかかると言われています。

「歩く時:体重の2〜3倍」

「階段の上り下り:体重の5〜7倍」

「走る時:体重の10倍」

【運動】

【運動】して【筋力】up!!

【股関節周りの筋肉】を鍛える事で、

【股関節】を安定化させると、

【痛み】が軽減されます。

 

 

【股関節】の【筋力低下】をチェックする方法

 

【転ばない】ように、

近くに【支えとなる物(椅子など)】がある所で行って下さい。

 

【立ち】ます。

【足の付根】の外側にある、

【骨盤の一番出っ張っている所】に

【人差し指】をあてます。

【片足立ち】をして下さい。

【左右の指を結んだ線】と【地面】とが、

【平行のまま】であれば、【筋力】に問題ありません。

 

【立っている側の筋力】がおちている場合は、

【脚を上げている側】の【指の位置】が下がって見えます。

 

 

 

 

 

【股関節の痛み】を和らげる運動

 

【運動前の注意事項】

別の病気がある場合は、医師に相談する。

激しい痛みが出たら中止する

【用意する物】

・椅子

・ゴムチューブ

 

 

【お尻】を鍛える

 

【お尻にある筋肉(中殿筋)】を鍛えます。

 

【中殿筋】は・・・

「反対側の骨盤を持ち上げて安定を保つ」

「股関節を開く」時に使われる【筋肉】です。

 

【椅子】に浅く座って下さい。

【ゴムチューブ】の両端を結んで【輪】にします。

【太モモ(膝寄り)】に【ゴムチューブ】をかける。

【肩幅くらいまで、

ユックリ【膝】を広げて下さい。

【 膝】をユックリ戻して下さい。

【朝・昼・晩】に【10回ずつ】行って下さい。

 

 

 

 

 

【股関節痛】に対する鍼灸治療の症例

 

38歳 男性 股関節炎

★主な症状★
・4か月前から右股関節が痛みだしたが・・・放置
・2か月前に病院で検査を受けて「股関節炎」と診断された
・多少楽になったが・・・まだ痛い!!
・20年前にヘルニア

★鍼灸治療★
痛いところを触って頂くと・・・お尻と太ももの裏。歩く動作を観察すると・・・右股関節に体重がかからないように庇って歩いています。左側に負担がかかっている事を説明して、下半身を全体的にケアしました。鍼後は・・・痛みなく歩く出来る事を確認して終了しました。

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情