【下痢】

HOME >【鍼灸適応疾患】> 【下痢】

 

 

 

【慢性の下痢】には鍼灸治療がお薦め♪

次の方は、【鍼灸治療】がお薦めです。

【慢性の下痢】

【下痢止め】を常用している

 

 

 

 

【排便】について

 

【排便】されるまでの流れ

 

通常、摂取した飲食物は

【胃】の中で【2時間】くらい留まり、

【胃酸】により「ドロドロ」に溶かされます。

 

その後【小腸】に送られ、更に【消化】が進み、【栄養分】を吸収します。

 

そして【大腸】に送られ、【大腸】の中で水分が吸収され、

「適切な硬さの便」が形成されます。

 

摂取してから【24〜48時間】くらいで体外に排出されます。

 

しかし、【腸の働き】は人によって異なり、また、体調によっても影響を受けます。

 

例えば、【摂取する食事の内容】【精神的なストレス】

【服薬の種類】【罹患している病気】などにより、

【腸】は過敏になったり、機能が低下したりします。

 

 

 

【下痢】について

 

【下痢】の原因

 

【食べ過ぎ】による【消化不良】

【お酒】の飲み過ぎ

【辛い物】の食べ過ぎ

【体質】

【細菌性】や【ウィルス感染】による【急性腸炎】

【過敏性腸症候群】

【薬の副作用】

 

 

【慢性の下痢】の問題点

 

【下痢症】は、次のような問題点があるので、放置しておく事はよくありません。

「食物から摂取した栄養分が、

充分体内に取り込まれずに排出されてしまう。」

】【肛門の痒み】などのトラブルが発生しやすい

 

 

【慢性の下痢】には鍼灸治療がお薦め♪

次の方は、【鍼灸治療】がお薦めです。

【慢性の下痢】

【整腸薬】を常用している

 

 

 

 

【過敏性腸症候群】(IBS)

 

【過敏性腸症候群】(IBS)

 

【過敏性腸症候群】とは、【大腸】や【小腸】に原因となる異常が見つからないのに、

【精神的ストレス】などが原因で

【腸】が敏感になり、【便秘】と【下痢】を繰り返す病気です。

 

【過敏性腸症候群】の主な症状

 

よくお腹が痛くなり、【下痢】をする

【便秘】が続き、排便の前にお腹が苦しくなる

【下痢】と【便秘】を交互にくり返す

いつも【お腹】が張った感じがする

【お腹】が「ゴロゴロ」鳴る

よく【おなら】が出る

よく【お腹】が痛くなる

【お腹】に不快感がある

 

 

【過敏性腸症候群】に対する鍼灸治療の目的

 

【血流up!】

「血行が悪い」と【栄養】が全身に行き渡らず、【胃や腸の働き】を妨げます。

また、【下痢】を繰り返していると、「栄養が体内に吸収されずに排出されやすい」ので、【血流up!】は重要です。

【自律神経】

【自律神経】は、【胃や腸の働き】に関与しています。【自律神経】の乱れを整える事で、【胃】や【腸】の働きを促します。

【過敏性を抑える】

【鍼灸治療】には、

【感覚をコントロールする技法】があります。

 

「検査では異常がない」のに、

【過敏になっている】事が原因で

症状が引き起こされている場合に、とても有効です。

 

【鍼灸治療】特有の効果

【ツボ刺激】

【ツボ刺激】により、【胃や腸の働き】を促します。

【ストレスの緩和】

【精神的ストレス】により症状が引き起こされるので、【ストレスの緩和】は重要です。

 

 

【過敏性腸症候群】に対する鍼灸治療

 

【鍼灸治療】は「機器」を使用せずに、

「話を聞く」「体の状態をチェックする」事で不調の原因を探ります。

 

だから「病院で検査しても異常なしと言われた」場合でも、

【東洋医学的】に考えると「異常」があります。

 

「血行を良くしたり」「胃や腸の働きを促す」目的で、

【お腹】【お尻】などの【骨盤周辺にある筋肉】を中心に

【鍼】や【お灸】で刺激します。

 

 

 

参考文献

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情