【女性:更年期障害】

HOME >【鍼灸適応疾患】>【女性:更年期障害】

 

 

 

 

【男性:更年期障害】について

 

 

【女性:更年期障害】

 

【更年期】とは?

 

「閉経前の5年間」〜「閉経後の5年間」の10年間を【更年期】と言います。

 

【女性:更年期障害】とは?

 

【病院の検査】では異常がみつからないのに、

【自律神経症】を中心とした

【更年期】に現れる様々な症状を【更年期障害】と言います。

 

【女性:更年期障害】の原因

 

【肉体的要因】

・【加齢】や【閉経】による「女性ホルモン(エストロゲン)」の減少

【環境的要因】

・子供の手が離れる
・親との死別
・夫の定年

【精神的要因】

・将来の不安
・健康の不安

【性格的要因】

・真面目

 

【女性:更年期障害】の主な症状

 

【体の症状】

・顔の「のぼせ」や「ほてり」
・発作性の熱感と発汗
・冷え(手足、腰)
・動悸
・息切れ
・めまい
・疲れやすい
・肩こり
・頭痛
・腰痛
・髪量の減少
・膣の乾燥

【心の症状】

・イライラ
・神経質になる
・興奮しやすい
・不安感
・落ち込む
・無気力になる
・不眠

 

【女性:更年期障害】の症状が広範囲に及ぶ理由

 

【エストロゲン】は、

多くの場合【エストロゲン受容体】を介して機能しています。

 

【エストロゲン受容体】は、【全身の器官】

(脳、乳腺、胸腺、肺、胃、肝臓、副腎、胃、小腸、台帳、卵巣、膀胱、子宮)

に備わっているので、【エストロゲンが減少】すると、様々な症状が発症します。

 

 

 

【女性ホルモン】について

 

【エストロゲン】が減ると発症する主な病気

 

【生理の異常】

【自律神経失調症】・・・顔のほてり、のぼせ、発汗

【うつ症状】

【泌尿器】や【生殖器】の萎縮症状

【脂質異常症】

【骨粗そう症】

 

 

 

【病院】:【女性更年期障害】

 

【女性更年期障害】の検査

 

【血液検査】

【血液検査】により、

【ホルモン値】(エストロゲン値)を測る事ができます。

※【生理周期】や【体調】により変化します。

【女性:更年期障害】の診断法

 

【女性更年期障害】は・・・

「他の病気ではないか?」検査をして、異常がない場合に診断されます。

【除外する主な病気】

・【うつ】

・【甲状腺機能異常】

・【肝機能障害】

・【貧血】

 

【女性:更年期障害】の治療法

 

【ホルモン補充療法】

有効性の高い治療法です。

★【副作用】★
・【不正出血】
・5年以上使用した場合に、【乳癌のリスク】が高まる

【漢方薬】

代表的な【漢方薬】とその効能について。

★当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)★
・動悸
・睡眠障害

★加味逍よう散(かみしょうようさん)★
・息切れ
・動悸
・イライラ
・不安感
・眠ってもすぐ目が覚める

★桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)★
・めまい
・背中の痛み
・毛髪症状

【向精神薬 】

 

【カウンセリング】

 

 

 

 

【鍼灸治療】:女性更年期障害

 

【女性:更年期障害】鍼灸治療の目的

 

【腎の機能】

【東洋医学】では、

「人の成長や老化」は「腎の働きの盛衰」に関係していると考えます。

 

その為、女性の【一生の生理的変化】

として発生する【更年期障害】は、

【腎の機能】と大きく関わっています。

 

【腎の機能】を整えて、

【上半身の "のぼせ” 】や

【下半身の冷え】を解消します。

【血流up】

【お腹や腰の状態】を確認して、

【骨盤内臓器】の血液循環を良くします。

【自律神経】

【更年期障害】では、

【自律神経】に関係する症状がとても多く現れます。

【自律神経の乱れ】を整える事が大切です。

【精神面】

【精神を安定させる】ツボを刺激します。

【筋肉凝り】

【頚や肩の凝り】は、

【自律神経の乱れ】を誘発します。


【頚肩の筋肉の状態】をチェックして、

【凝り】を解消する。


【女性:更年期障害】に対する鍼灸治療

 

【更年期障害】のように、

【病院の検査】では異常が見つからない

【全身】に渡って様々な症状がでている

場合、

「全身を1つの個体として診る」

「心の状態の変化が体に及ぼす影響」について定義がある

【東洋医学】が、最も効果的です。

 

【鍼灸治療】をお薦めします。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情