【気が休まらない】(精神疲労)

【元気がでない】(無気力)

【心の不調】(感情のトラブル)

HOME > 症状で探す >【元気がでない】【気が休まらない】【心の不調】

 

 

 

 

プライバシーポリシー。守秘義務について【プライバシーポリシー】(守秘義務に関して)

 

 

東洋医学:【心の不調】(感情トラブル)の原因

 

 

【東洋医学】の定義

【気・血・水】が、

  『体内をスムーズに滞りなく巡っている』状態が理想です。

【各臓腑の働き】には、【気・血・水】が必要です。

【臓腑】【気】【血】【水】それぞれに【作用の定義】があり、

  『気・血・水の過不足』により『臓腑が不調』となり、

  【症状】が現れます。

 

 

【肝の不調】

 

【肝の機能】

体内の【気の巡り】を良くする

【胆汁】を生産する

 

【精神的ストレス】に弱い『【肝】が不調になる』と・・・

  『気の巡り』が悪くなるので、

  【各臓腑】が『気の不足』によって影響を受けるようになります。

 

 

【脾の不調】

 

【脾の機能】

【消化活動】を促進する

  【飲食物】から【気・血・水】を作成します。

 

『偏った食事』等で【脾が不調】になると・・・

  『気・血・水』が不足して、

  【各臓腑】が影響を受けるようになります。

 

 

【心の不調】

 

【心の機能】

【血】を巡らす

  【血】を全身に送り出す【ポンプ】の役割

【精神機能】を統括する

  【心】と【脳】は強固な関係

  ※【東洋医学】で定義した【5つの神】を統括

 

【肉体的疲労】等によって『【心】が不調になる』と・・・

  『血の巡り』が悪くなるので、

  【各臓腑】が『血の不足』によって影響を受けるようになります。

 

 

 

【東洋医学】:【感情】と【臓腑】の関係

 

 

【七情】(しちじょう)とは?

 

人間にある【7種類の感情】

【怒】【喜】【思】【憂】【悲】【恐】【驚】

・・・を【七情】(しちじょう)と呼びます。

 

 

【内因】は、過度の感情が原因となります。『過度な感情が引き起こす症状』

 

【感情】と【臓腑】の関係

『過度な感情の高ぶり』

『ささいな感情でも、長期間に渡って続く』場合は・・・

『深い繋がりを持つ臓腑』に負担をかけ、

次第に、様々な症状を引き起こします。

 

また、

『各臓腑機能の低下・停滞』は、

関係する『感情』を誘発します。

 

【肝=気の運行】を傷つける感情

●「怒り」(イライラ)

●「憂鬱な気分」(ため息)

例)怒って頭に血が上り、脳の血管が破れる

【心】を傷つける感情

●「喜び」

例)喜び過ぎて気が緩み『集中力を低下』させる

【脾=消化・吸収】を傷つける感情

●「くよくよ思い悩む」(考える)

例)『悩み事』で、食欲がわかない ⇒【胃潰瘍】

【肺=呼吸器系】を傷つける感情

●「悲しみ」(嘆き・落ち込む)

『悲しみ』にくれて、意気消沈が長引くと、

【呼吸器系の症状】息切れ・咳 を誘発します。

【腎=発育・生殖】を傷つける感情

●「恐れ」(驚く)

 例)恐怖で『失禁』する

 

【腎の失調】

【腎の気の作用】には、【尿】や【精液】が、

  『漏れ出ないように保つ』働きがあります。

「強い恐怖」を与えると、【腎気の失調】により、

  『尿漏れ』(失禁)が引き起こされます。

 

 

【心の臓腑】は『精神を宿す』ところ

 

【東洋医学】には、

【精神・感情】に関する独自の定義(機能・役割)があります。

 

【心=顔】

【心の病証】は【顔】(皮膚)に現れる

【精神面の役割】

【胆=決断・判断】

【胆の機能】が衰えると、

【計略】【推測】【考慮】能力を鈍らせ、

【不安感】が芽生え易くなります。

※【胆】と【表裏の関係】である【肝】は、

 ストレスでダメージを受けやすく、

 『精神活動をスムーズ』にしたり、

 『精神活動に必要な血液を蓄え』ます。

 

【心=精神】

『健康な精神状態』には、

十分な栄養を補給する必要があります。

不足は【精神疲労】【情緒不安定】【不眠】

などを誘発します。

【ツボ】

・『元気を取り戻す』ツボ

・『心の平穏を取り戻す』ツボ

 

 

 

 

【東洋医学】精神活動の分類

 

 

心の不調(精神のトラブル)に対する鍼灸治療【神】とは?

 

【精神】や【意識】の状態

【眼】や【耳】で感じとる

色々と考える

体を動かす

 

など。。。

『生命活動』を主どる【神】(しん)と定義しています。

 

心の不調(精神のトラブル)に対する鍼灸治療【五神】について

 

【東洋医学】では、

『5つに分類した=五行説』の中で

●【5つの神(しん)】(魂・神・意・魄・志)と、

●【五臓】(肝・心・脾・肺・腎)を関連付けています。

 

【各臓腑】の中に、それぞれの『【神】が宿る』ので、

お互いの活動に、影響し合います。

 

【五神に関わるツボ】

【魄戸】【神堂】【魂門】【意舎】【志室】

  が・・・【背中】にあります。

 

 

【魂=肝に宿る】

【評価】【判断】

『睡眠中』『お酒に酔う』と・・・

  『心(神)の支配』が弱まり、活発になります。

『魂が傷つく』と・・・

  『現実』と『非現実』の区別がつかなくなるので、

  『奇行』等の症状が現れます。

【神=心に宿る】

【神志】(心に宿る神)は、

  『他の4つの神』を統括・制御する存在です。

『呼吸』『手足の動き』『顔の表情』

  『考える』『判断する』etc.の精神活動を主どる。

【心神】の滋養が不足すると・・・

  【動悸】【不眠】【多夢】etc.の症状が

   現れ易くなります。

【意=脾に宿る】

・『単純な記憶』

・『思考』を組み立てる

【魄=肺に宿る】

・『本能的な行動』

・日常的に行う『無意識の動作』

・【注意力】の持続

【志=腎に宿る】

・目標を定めて具体的に考える(思考)

・【記憶の維持】

 

 

心の不調(精神のトラブル)に対する鍼灸治療【心の不調】(精神のトラブル)に対する鍼灸治療

 

元気がでない(無気力・無関心)

常に怠い

プライバシーポリシー。守秘義務について【だるい・倦怠感】(疲れ易い)

気が休まらない(精神疲労)

偏った感情(喜怒哀楽)に囚われ易い

 

・・・という方に、

【精神滋養】を目的とした対応をしております。

 

 

心の不調(精神トラブル)の注意事項【精神のトラブル】は、

 まず専門の医師にご相談下さい。

 当店では、【精神の滋養】に着目して治療を行います。

 

 

【心の不調】鍼灸治療がお薦め♪

 

『病院で検査しても異常が見つからない』

  ⇒『検査での異常の有無で対応する』【西洋医学】とは違い、

   【鍼灸治療】は『検査機器を使用しない』独自の方法で、

   状態をチェックします。

『ストレスが引き起こす喉の異物感』について

『慢性化している症状がイッパイある』

  ⇒『専門の診療科に分かれている』【西洋医学】とは違い、

   『1つの個体として全身のバランスを診る』のが特徴です。

『医師に相談はしたけれど、完治は難しい(治療法がない)症状なので、

  別のアプローチを試したい。』

 

 

 【心の不調】感情のケアに適した時間帯はある?

 

 

【東洋医学】には、

『時間』と『臓器』の関係に着目した

【子午流注】(しごるちゅう)という考えがあります。

 

 

ざっくり言うと、。。。

【各臓器】ごとに『門が開く』時間帯があって、

【出入り自由】状態なので、

 

『お酒の飲み過ぎ!』など

  『負担がかかっている臓器』

     ↓ ↓ ↓

  『休める』

 

『便秘』など、活動が停滞している場合

      ↓ ↓ ↓

  『刺激して臓器の機能を活発化させる』

 

など。。。。 

『体に良い刺激を与えると、効果が得られやすい』時間帯

。。。と解釈できます。

 

 

●『じゃ、深夜に該当する臓器はど〜すんの?』

●『忙しいのに、時間になんて合わせてられない!!』

ってなるので、実践的ではないのですが、

『ちゃんと代用法があります』

 

 

【心の働き】

【午の刻】(11-13時)

  『心(こころ)の状態』に直結する

  【心(臓腑)の働き】が活発になる時間帯。

【心(こころ)】や【意識】が乱れて、

  『正しい考え』や『記憶』に影響を及ぼさないよう、

  『少し体を休める』と良いです。

 ※【23-1時】【13-15時】で代用

【心包の働き】

【戌の刻】(19-21時)

 『喜怒哀楽』etc.の『感情』と関わる

 【心包の機能】が活発になる時間帯。

 ※【7-9時】【21-23時】で代用

【胆の働き】

【子の刻】(23-1時)

 『決断』と関わる

 【胆の機能】が活発になる時間帯。

 ※【11-13時】【1-3時】で代用

 

 

出張鍼灸治療【多いお問い合わせ】

 

 

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】(受付:17時迄)

【17〜20時】の間は【回数券購入の方】専用

予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情