【男性更年期障害】

HOME >【鍼灸適応疾患】>【男性更年期障害】

 

 

 

【女性:更年期障害】について

 

 

【男性ホルモン】について

 

【テストステロン】について

 

【男性ホルモン】の代表格が【テストステロン】です。

 

【テストステロン】は、

【睾丸】の中にある【精巣】から分泌されます。

 

【視床下部(脳の一部)】から【下垂体(脳の一部)】へ、

【下垂体】から【精巣】へ指令を出す事で、

【男性ホルモン】が【分泌】されます。

 

【男性ホルモン】が減少してくると、

【性機能】が低下してきます。

 

 

 

 

【男性更年期障害】について

 

 

【男性更年期障害】の原因

 

【男性更年期障害】は、

【加齢】や【ストレス】などにより、

【男性ホルモン】(テストステロン)の

分泌量が減少することで、発症します。

 

※分泌量のピークは、20~30歳代。

 

【男性更年期障害】の症状

 

【男性機能】

・【ED】
・【性欲減退】

【ED治療】について

【精神】

・【うつ】
・【不眠】

【その他】

・【集中力の低下】
・【めまい】
・【筋力低下】
・【だるい】

 

 

 

 

【病院】:【男性更年期障害】

 

【男性更年期障害】の診断

【40歳】以上で、【ED】【不眠症】【うつ】などが発症し、

【テストステロン】の分泌量が低下している場合に、

【男性更年期障害】と診断されます。

 

【男性更年期障害】の治療法


【ホルモン注射】による【ホルモン補充療法】が一般的です。

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【男性更年期障害】

 

 

【男性更年期障害】鍼灸治療の目的

 

【腎の機能】

【東洋医学】では、

「人の成長や老化」「生殖機能」は

「腎の働きの盛衰」に関係していると考えます。

 

その為、【睾丸】から作られる

【男性ホルモン】(テストステロン)

の低下によって発症する【男性更年期障害】は、

【腎の機能】と大きく関わっています。

 

【腎の機能】を整えて、

【ED】【性欲の減退】

【精子の活動率低下】など・・・

の症状を解消します。

【血流up】

【お腹や腰の状態】を確認して、

【骨盤内臓器】の血液循環を良くします。

【自律神経】

【更年期障害】では、

【自律神経】に関係する症状がとても多く現れます。

【自律神経の乱れ】を整える事が大切です。

【精神面】

【精神を安定させる】ツボを刺激します。

【筋肉凝り】

【頚や肩の凝り】は、

【自律神経の乱れ】を誘発します。


【頚肩の筋肉の状態】をチェックして、

【凝り】を解消する。


 

【更年期障害】に対する鍼灸治療

 

【更年期障害】のように、

【病院の検査】では異常が見つからない

【全身】に渡って様々な症状がでている

場合、

「全身を1つの個体として診る」

「心の状態の変化が体に及ぼす影響」について定義がある

【東洋医学】が、最も効果的です。

 

【鍼灸治療】をお薦めします。

 

 

【自宅ケア】

 

【男性更年期障害】:日常生活で気を付ける点

 

【ストレス解消】

 

【ミネラルの摂取】

【亜鉛】には、「精子を作る」「精子の運動を活発にする」働きがあります。その為、不足すると、【男性機能のトラブル】(ED、男性不妊)を発症してしまいます。

【適度な運動】


 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情