【過活動膀胱】(トイレが近い・尿が漏れる・睡眠中のトイレ)

HOME >【鍼灸適応疾患】> 鍼灸適応疾患 >【過活動膀胱】(トイレが近い・尿が漏れる・睡眠中のトイレ

 

 

 

過活動膀胱

 

【過活動膀胱】とは?

 

通常【膀胱】には、「300〜500cc ほどの尿を溜める」ことができるので、

ある程度【尿】が溜まると「おしっこをしたい」と感じ、

トイレに行って、【脳の命令】により【膀胱が収縮】する事で、排出されます。

 

しかし【過活動膀胱】は、

【尿】がまだあまり溜まっていなくても、

【人間の意志】とは関係なく【膀胱が収縮】してしまうので、

「トイレが近く」なってしまいます。

 

【細菌感染】などの原因が見つからないのに、

【トイレが近くなる(頻尿)】

【急な強い尿意(尿意切迫感)】を訴える慢性の疾患です。

 

※【過活動膀胱】は、

2001年に「尿失禁の国際会議」で定義された「新しい病気」です。

 

【過活動膀胱】の統計

 

「40歳以降の人口の12% 7〜8人に1人の割合で発症」(2002年)

「年齢とともに発症者が増える(男女共通)」

 

【過活動膀胱】の症状

 

【トイレ】に行く回数が多い(頻尿)

【睡眠中】に何度も「トイレで目が覚める」(夜間頻尿)

我慢する事ができない【尿意】を突然感じる(尿意切迫感)

トイレまで我慢できず「尿が漏れて」しまう(切迫性尿失禁)

「水の流れる音を聞く」と排尿したくなる。

「冷たい水を手で触る」と排尿したくなる。

 


【過活動膀胱】の原因

 

【神経の伝達】

【脳】と【膀胱の筋肉】を結ぶ「神経の伝達」にトラブルが起きると【膀胱に尿が少量しか溜まっていないのに、尿を出そうする】【排尿に関わる筋肉の動き(締める・緩める)が正常に働かなくなる】など・・・「頻尿」「尿漏れ」などの症状が発生します。


■【脳血管障害】■

「脳梗塞」「脳卒中」など

■【脳の障害】■

「パーキンソン病」

■【脊髄の障害】■

「脊髄損傷」「多発性硬化症」

【骨盤底筋】

女性の場合「加齢」や「出産」によって【骨盤底筋】が弱くなったり、傷んだりすることがあります。

その為、「排尿のメカニズム」がうまく働かなくなり、【過活動膀胱】が起こります。

※【骨盤底筋】は「膀胱」「子宮」「尿道」などを支えている筋肉です。

【膀胱が過敏】

何らかの原因で「膀胱が過敏になる」と、「尿をたくさん蓄える」事が出来なくなることがあります。

■【原因不明】■

■【加齢】■

「女性ホルモン」の分泌が減少して「膀胱」が過敏になった

 

 

 

 

【医師】過活動膀胱に対する治療

 

【医師】過活動膀胱の検査

 

【問診】

【腹部エコー】・・・「残尿量」を測ります。

【血液検査】

【尿検査】

 

 

【医師】【過活動膀胱】の治療

 

【薬物療法】

「症状を緩和」させる為のお薬です。

【膀胱訓練】

「尿意」を感じてから、トイレに行くのを少し我慢する訓練です。我慢する時間を少しづつ伸ばしていき、「2〜3時間」我慢できるようにします。

【骨盤底筋体操】

【尿道・肛門・腟】を「キューっと締める!」→「そのまま暫く静止」→「ユックリ緩める」という動作を繰り返し行って【骨盤底筋】を鍛えます。

 

 

 

【鍼灸治療】過活動膀胱に対する治療

 

 

【過活動膀胱】に対する鍼灸治療の目的

 

【鍼灸治療】は「機器」を使用せずに、

「話を聞く」「体の状態をチェックする」事で不調の原因を探ります。

 

だから「西洋医学的」には「原因不明」と言われた場合でも、

「東洋医学的」に考えると「原因」が必ずあります。

 

【血流up!】

「血行が悪い」と【栄養】が行き渡らず、【排尿】に関係する機能の妨げになります。

【過敏性を抑える】

【鍼灸治療】には、【感覚をコントロールする技法】があります。

「検査では異常がないのに痛い」

「検査では異常がないのに痒い」など・・・

【過敏になっている】事が関係している場合に行います。

【鍼灸治療】特有の効果

【筋肉】

【排尿に関係する筋肉】に直接アプローチします。


 

 

【過活動膀胱】に対する鍼灸治療

 

「検査で異常が見つからず、原因が不明の場合」は、【鍼灸治療】がお薦めです。

 

「血行を良くしたり」「感覚の過敏性を抑える」目的で、

【お腹】【お尻】などの【骨盤周辺にある筋肉】を中心に

【鍼】や【お灸】で刺激します。

 

 

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情