【子宮筋腫】

HOME > 症状で探す > 【子宮筋腫】

 

 

 

【子宮筋腫】には鍼灸治療がお薦め♪

 

【医師】相談しているが、【経過観察中】なので、

『筋腫が大きく育たないように、予防したい!』

【手術】は避けたいので、【自然療法】で改善させたい

 

 

【子宮】について

 

【子宮】とは?

 

【子宮】は、【骨盤の中】に固定された

『ニワトリの卵』くらいの【大きさ】の【袋状の臓器】です。

 

【粘膜】と【筋肉】の【三層構造】で、

伸縮性のある【筋肉】(平滑筋)が大部分を占めます。

 

【受精卵】が【着床】し【妊娠】が成立すると、

『体内で胎児を育てる』ときの入れ物となります。

 

【大きさ】

・【縦】:約【6〜8 cm】

・【横】:約【4〜5 cm】

【重さ】

約【50】g

【位置】

【膀胱】と【直腸】の間にある。

・【子宮の前】:【膀胱】

・【子宮の後】:【直腸】

【三層構造】

・【子宮の外側】:【漿膜】に覆われている

・【子宮の中間層】:【子宮筋層】(平滑筋の層)

・【子宮の内側の壁】:【子宮内膜】(粘膜層)


【子宮の構造】

 

【子宮体部】

・【子宮】の上の部分

・左右には【卵管】が伸びていて、

その先には【卵巣】があります。

【子宮頸部】

・【子宮】の下の部分

・【膣】の奥側は、【子宮頸部】と繋がっている

 

【子宮内膜】

 

【子宮内膜】は、【ホルモン】の影響を強く受けます。

 

【妊娠が成立しない場合】は、

毎月一定の周期に合わせて厚くなり、

不要になった【子宮内膜】が剥がれ落ち、

【血液】と一緒に体外へ排出されます。

これが、【生理】(月経)です。

 

※【子宮内膜】の詳細は、【生理痛】のページをご覧下さい。

【生理痛】について

 

 

【子宮筋腫】について

 

【子宮筋腫】とは?

 

【子宮筋腫】とは、

【子宮】に『コブ』ができて、徐々に大きくなっていく【良性の腫瘍】です。

 

【筋腫】は、

【子宮】の大部分を占める【筋肉】(平滑筋)にできる場合が多く、

30〜40歳代の【女性】に多い病気です。

 

【治療】の必要がない場合も多くあり、

【筋腫ができた場所】

【筋腫の大きさ】

【年齢】

【症状】

【出産を希望するか?】

・・・などを考慮して、

【治療の必要性】や【治療法】を決めていきます。

 

【子宮筋腫】の種類

 

【子宮筋腫】の発症部位により、 分類されます。

【漿膜下筋腫】

【子宮】の外側にできる【筋腫】。

◆特徴◆

・【自覚症状】が殆どない

・【妊娠】や【出産】の妨げになる事が少ない

【筋層内筋腫】

【子宮】の筋肉の中にできる【筋腫】

【粘膜下筋腫】

【子宮】の内側にできる【筋腫】

【筋腫分娩】

【膣】に突き出た【筋腫】

【頸部筋腫】

【頸部筋腫】に発症した【筋腫】

 

【子宮筋腫】の主な症状

 

【自覚症状】がない場合も多く、

【筋腫の大きさ】【筋腫の発生部位】【筋腫の数】などに応じて、異なります。

 

【子宮】からの出血

 

【生理】の出血量が多い

【筋腫】により【子宮】が大きくなるに従って、『子宮内膜も多くなる』ので、【生理】の際に剥がれ落ちる面積が増えるため。

【生理痛】

・【子宮の内腔】の変形によって【月経血】の排出が妨げられるため

・【茎部】でのねじれ

※【子宮内膜症】との合併の可能性もあり

【生理痛】について

【貧血】

【不正出血】や【過多月経】により

【下腹部】の『しこり』

【下腹部】の圧迫感

【頻尿】

【筋腫】が【膀胱】を圧迫するため

【腰痛】

 

【不妊症】

【筋腫】により・・・

・【子宮内膜】への血流が不十分

・【子宮の内腔】が変形する

・【受精卵の着床】を妨害

 

【子宮筋腫】の原因

 

ハッキリした原因は分かっていませんが、

【初潮】を迎えた女性にできる

【閉経】を迎えれば、【筋腫】が自然と小さくなっていく

 

ことから、【卵巣】から分泌される

【女性ホルモン】(エストロゲン)によって、

【子宮筋腫】の大きさは変化する事が考えられます。

 

 

 

【病院】:【子宮筋腫】

 

【子宮筋腫】の検査

 

【超音波】

【CT】

【MRI】

 

 

【子宮筋腫】の治療

 

【ホルモン療法】

【女性ホルモン】の分泌を抑える事で、

【筋腫の大きさ】を小さくする治療法です。

【手術】

【子宮全摘】が一般的です。

 

 

 

【鍼灸治療】:【子宮筋腫】

 

【子宮筋腫】:鍼灸治療の目的

 

【発育予防】

【鍼の刺激】により、

【女性ホルモン】(エストロゲン)の分泌を抑え、

【筋腫の発育】を抑えたり、

【サイズを小さく】します。

【血流】

【筋腫】による血流障害が、

【生理痛】や【不妊症】などを招きます。

 

【鍼刺激】や【灸刺激】により、

【血流を改善】します。

【貧血予防】

【不正出血】や【生理時の多量出血】などにより、

【貧血】を招く場合があります。

 

【鍼刺激】や【灸刺激】により、

【血液の生成】機能を促します。

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情