【男性不妊症】【精子の数が少ない】
【精子の活動性が悪い】【精液の量が少ない】

HOME > 症状で探す >【男性不妊症】

 

 

【男性不妊症】には・・・【鍼灸治療】がお薦め♪

次に該当する場合は、鍼灸治療がお薦めです。

病院の検査で【原因不明】と言われた。

【病院】の治療で、効果が得られなかった。

【病院の検査】で、【精子の状態】が悪いと言われた。

【ホルモン療法】に抵抗がある。

 

 

【男性不妊症】の統計情報

 

「不妊の原因の40%は男性側にある」

「男性不妊の原因の20.7%はED」

「男性の精子濃度・精液量が明らかに減少している」

「近年、若者の精子の数が減少しており、精子の奇形が増えている。」

「一日30本のタバコにより、

精子の奇形率が高くなり、運動率40%に低下する」

「想定:10〜20人に1人は男性不妊症の原因を持っている」

 

 

【男性不妊症】の原因

 

【精子をつくる機能】の問題

 

【男性不妊】のおよそ90%は・・・

『精子をつくる機能に問題がある』と言われています。

【精子の問題】

・【精子】が全くない
・【精子】が少ない
・【精子の活動性】が低い
・【精子の奇形】が多い

【精液の問題】

・【精液の量】が少ない


【精子の輸送経路】の問題


【睾丸】でつくられた【精子】は、【副睾丸】【精管】などを通っていきます。

 

この輸送経路の一部が、

「狭くなっている」「塞がっている」と【精子】がうまく通れません。

【クラミジア感染症】

【結核菌】

【鼡径ヘルニア】(脱腸)の手術による癒着


【性機能】の問題

 

【勃起障害】【射精障害】など・・・

【男性ホルモン】の低下

【生活習慣病】:【糖尿病】【高血圧】など

【手術】による【神経損傷】

【精神的ストレス】

 

 

 

男性の体の仕組み

 

【男性ホルモン】(テストステロン)

 

【男性ホルモン(テストステロン)】は【精巣】から分泌されます。

 

【視床下部(脳の一部)】から【下垂体(脳の一部)】へ、

【下垂体】から【精巣】へ指令を出す事で、

【男性ホルモン】が【分泌】されます。

 

病気により【男性ホルモン】が減少してくると、

【性機能】が低下してきます。

 

 

 

【病院】:【男性不妊症】

 

【男性不妊症】の検査

 

【精液検査】

『3〜4日:禁欲期間』を設けてから、

【精子】を採取して2時間以内に

【精液の状態】を検査します。

 

【 泌尿器科】または【女性と一緒に産婦人科】で

【精液検査】を受ける方もいるそうです。

 

【精液の状態】は日によってかなり変動があるので、3回程度行って判断されます。

【睾丸の大きさ】

一般的に、【睾丸】の小さい方は

【精液の状態】が悪い事が多い。

【副睾丸の炎症】

【副睾丸の炎症】により

【精液の状態】が悪くなります。

【精索静脈瘤】

【精索静脈】(睾丸から心臓へ血液が戻る血管)

の一部分に【血液】が溜まり

【コブ】が出来てしまう事を

【精索静脈瘤】と言います。

 

【血液】には、『体温を運ぶ』役割があります。

『血液が溜まる』事で【睾丸】を温めてしまい、

『精子をつくる機能』を低下させてしまいます。

この場合は、【手術】による治療が必要になります。

 

『精索静脈瘤は男性不妊症の原因の20%』

【ホルモンの値】

【採血検査】です。

【男性ホルモン】などの

「ホルモンバランスが崩れている」と

【精液の状態】に影響がでてきます。

【原因不明】

【男性不妊症】の70%以上は原因不明です。

『生まれつき、染色体異常』などが

原因と推測されています。

 

 

【男性不妊症】の診断基準

 

【精液量】

【2ml】以下/1回

【精子の数】

【2000万】以下/精液1ml

【活動している精子】

【50%】以下

【精子の奇形】

率が高い


【男性不妊症】に対する治療法

1年を目安にして下記治療を行います。

 

【原因不明の場合】

【生活習慣の改善】
・【食事】
・【睡眠】
【薬物療法】
・【ビタミン剤】
・【漢方薬】

【ホルモンの問題】

・【ホルモン療法】

【精索静脈瘤】

【手術】により治療します。

【精子の問題】

「精液には精子が全く無くても、

睾丸には僅かに精子がある」

「睾丸の状態は均一ではなく、

良い状態の所と悪い状態の所がある」

・・・などが判ってきています。

 

対策として・・・

『【陰のう】を切って、

中から【精子】を取り出して

【体外受精】を行う』という方法があります。

 

【睾丸】は

【男性ホルモン】を分泌しているので、

術後の分泌低下が懸念されています。

【男性ホルモン補充療法】を

行う場合もあります。

【輸送経路の問題】


【手術】で『閉塞した輸送路』を取り除く

【睾丸】の中から【精子】を取り出して

【体外受精】をする

【性機能の問題】

【勃起障害】に対しては【勃起改善薬】
【人工授精】を行う

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【男性不妊症】の原因

 

 

【腎精の不足】

 

東洋医学では・・・

【性行為】【生殖機能】【成長】【発育】

に関わる【エネルギー】の事を、

【腎精】と呼びます。


この【腎精】は・・・

【加齢】【慢性の病気】【性行為のし過ぎ】

【オナニー行為のし過ぎ】などにより、

失われていきます。

 

【腎精】が不足すると・・・

【精子の状態】【精液の状態】

に影響が出てきます。

 

【精液が冷たい】

 

【射精時】に「女性側が精液の冷たさを感じる」事があります。

「精液の冷たさ」は、

【男性不妊症】【ED】【早漏】【性欲低下】などを招きます。

 

 

 

【鍼灸治療】:【男性不妊症】

 

 

【男性不妊症】に対する【鍼灸治療】の目的

 

【腎精を補う】

【最適なツボ】を刺激して『腎精を補い』、

【精子の質】【精液の質】を高めます。

【性ホルモンの分泌】

【鍼灸の刺激】により、

【性ホルモン】(絨毛性ゴナドトロピン)

(テストステロン)の分泌を高めます。

【副腎皮質機能】

【鍼灸の刺激】により、

【副腎皮質機能】を高める。


 

 

【男性不妊症】に対する【鍼灸治療】の目的

 

【原因不明】や【精子の状態に問題がある】場合には、

【鍼灸治療】が有効です。

 

また、【男性不妊症】に対する鍼灸治療は、

【精子の状態を改善する】と同時に、

次のような症状にも併せて効果があります。

【前立腺】のトラブル

【ED】などの勃起障害

早漏】【遅漏】などの射精トラブル

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情