【肩を動かす】と音がする

HOME > 症状で探す >【肩を動かす】と音がする

 

 

 

 

【肩を動かす】と音がする原因

 

【外骨腫】

良性骨腫瘍。

【10 歳代】で発症する人が多い。

【内上角の異常】

【変形】【結節形成】【滑液包の肥厚】

【肩甲肋骨症候群】

非常にまれなケースですが、

【肩甲骨】と【肋骨】の間の異常により、

【肩甲骨】を動かすたびに音が鳴る事があります。

 

 

 

【肩甲肋骨症候群】

 

【肩甲肋骨症候群】の症状

 

【頚〜肩】が凝る

【頚〜肩】や【背中】などに【痛み】を感じる。

【肩甲骨】に付着する筋肉(肩甲挙筋付着部)に、局所的な【痛み】を感じたり、【痛みに過敏】になる。

【肩甲骨の間】(特に肩甲骨の上内角)に、放散する強い【痛み】

【肩甲骨】を自動的に動かすと、「ゴリゴリとした雑音」を感じる場合がある。(肩甲胸郭関節の障害)

 

【肩甲肋骨症候群】の原因

 

【姿勢】【筋肉の断裂】【筋肉疲労】などにより、

【肩甲骨の位置】や【肩甲骨の向き】が偏って制限される事が原因で、

【炎症】が起こる。

 

 

 

 

【鍼灸治療】:【肩甲肋骨症候群】の治療

 

【肩甲肋骨症候群】に対する鍼灸治療の目的

 

【筋肉】

【肩甲骨周辺の筋肉】の緊張を緩め、【肩甲骨の位置】【肩甲骨の向きの偏り】を取り除く。

【痛み】

【鍼刺激】には、【痛みを抑える】働きがあります。

【痛み】物質を追い出し、【鎮痛物質】を誘導する

【炎症】

【鍼刺激】には、【炎症を抑える】働きがあります。

※【炎症している場所】(肩甲骨の内側)を冷やす事も大切です。

 

 

【肩甲肋骨症候群】に対する鍼灸治療

まずは【痛み】を抑えます。

その上で、【姿勢】をチェックしながら、【肩甲骨に付着する筋肉】を中心に、

【筋肉の緊張】を緩めて、【肩甲骨の位置】を戻します。

 

 

【肩甲肋骨症候群】に対する鍼灸治療の症例

 

【33歳男性】 肩を回すと必ず「ボキボキ」音がする

 

【症状】

・成人してから、肩を回すと必ず「ボキボキ」音がするようになった。
・【頚〜肩】や【背中】が凝って辛い。
・【腕が重い】
・【吐き気】がする時もある。
・【眼精疲労】
・酷い時は「目がチカチカ」する。
※チタンの「ネックレス・ブレスレット」をしていると大分楽

【鍼灸治療】

【手】【頚〜肩】【頭】を中心に【鍼刺激】をしました。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情