【火傷】について

HOME > 病気について >【火傷】について

 

 

【鍼灸治療を行っている症状一覧】ではございません。

こちらは「簡単な言葉を使用して病気についてご紹介している」ページです。

 

 

「病気を知る」事は「病気を防ぐ」事に繋がります。

【東洋医学】の最大の目標は「発病を未然に防ぐ事!(予防医学)」です。

「健康意識を高める!」「病気予防の意識を高める」目的で、ご紹介致します。

 

【鍼灸治療】に関しては、以下のページでご確認下さい。

【鍼灸治療:対応可能な症状一覧】

【症状で探す】【男性特有の症状】【女性特有の症状】

 

 

 

【火傷】の応急処置

 

【火傷】したら・・・

 

【冷たい水】を「流しっ放し」にしながら、すぐに冷やす

洋服を着ている場合は、そのまま冷やす

※【皮膚】を一緒に「剥がしてしまう」事を防ぐため。

【保冷剤】や【氷】を【タオル】で包み、【5〜10分】程度冷やす

【水膨れ】ができている場合は、

破れないように【絆創膏】や【ガーゼ】で覆う。

※【水膨れ】は、【火傷の傷口】を保護する役割があります。

 

 

 

【火傷】について

 

【皮膚】について

【準備中】です。

【火傷の深さ】

 

【1度熱傷】

・【表皮】のみ損傷

・【皮膚】が「赤」くなる

・「ヒリヒリ」痛む

・【数日】で自然に治る。

・【火傷痕】は残らない。

※【日焼け】などで多く見られる現象です。

【浅い2度熱傷】

・【真皮】までの損傷

・【皮膚】が「赤」くなり、【水膨れ】ができる

・【痛み】が強い

・【1〜2週間】で治る

【深い2度熱傷】

・【真皮】までの損傷

・【水膨れ】ができる。

・【皮膚】の「赤み」は強くない

※【表面】が【壊死】する事も

・【痛み】があまりない

・【皮膚】が完全に落ち着くまで、【数か月】かかります。

・【火傷痕】が残る場合もある。

【3度熱傷】

・【全ての層】が【損傷】

・【痛み】はなく、【水膨れ】ができない

・【皮膚】が「白」くなる。

※【表面】が【壊死】する事も

・【火傷痕】が残ります

 

【火傷の重症度】

 

【火傷】の【重症度】は、

【深さ】【範囲】【年齢】によって決まります。

 

一般的には、【体面積】の15%以上に「火傷を負っている」場合は、

【重症】と判断し、【入院】が必要になります。

 

【火傷】による【ショック】に注意!

 

【重症】の場合は、

「火傷した部分」から【血液成分】(水分・蛋白質 etc.)が失われるので、

【血圧】が低下して、【ショック状態】を引き起こす事があります。

 

「命に係わる」危険性があるので、

すぐに【病院】で治療を受ける必要があります。

 

【火傷】の後遺症

 

【火傷の痕】(瘢痕)ができる

「皮膚のひきつれ」により、【関節】の動きが悪くなる(瘢痕拘縮)

 

 

 

【医師】:【皮膚移植】について

 

【皮膚移植】とは?

 

【皮膚移植】(植皮)とは、

「他人」や「自分」の体から【皮膚】を採取して、

【火傷】で損傷した部分に「縫い付ける」方法です。

 

【移植した皮膚】は、数日で血が通うようになり、落ち着きますが、

「縮む」「色素沈着が起きる」「傷痕が盛り上がる」事があります。

 

【皮膚移植】の種類

 

【全層植皮】

【表皮】と【真皮】を含んだ【厚い皮膚】を移植します。

主に【鼡径部】や【鎖骨部】の【皮膚】を採取して使用します。

 

【全層植皮】の特徴

・【皮膚】の触感が良い。

・【大きな皮膚】を採取できない。

【分層植皮】

【表皮】と【真皮の一部】を含んだ

【薄い皮膚】を移植します。

 

【分層植皮】の特徴

・【皮膚】の触感が良くない。

・【大きな皮膚】を採取できる。

・移植した【皮膚】が大きく縮む。



 

 

【火傷の薬】

 

【塗り薬】

 

【紫雲膏】

【漢方薬】を含んだ『塗り薬』です。赤い色をしています。


【ムカデ】

【ムカデ】の漢方薬を煎じて、患部に塗ります。

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情