うつ病

HOME > 病気について > うつ病

 

 

【鍼灸治療を行っている症状一覧】ではございません。

こちらは「簡単な言葉を使用して病気についてご紹介している」ページです。

 

 

「病気を知る」事は「病気を防ぐ」事に繋がります。

【東洋医学】の最大の目標は「発病を未然に防ぐ事!(予防医学)」です。

「健康意識を高める!」「病気予防の意識を高める」目的で、ご紹介致します

「鍼灸適応疾患」には該当しておりません。

 

【鍼灸治療】に関しては、以下のページでご確認下さい。

【鍼灸治療:対応可能な症状一覧】

【症状で探す】【男性特有の症状】【女性特有の症状】

 

 

うつ病の統計情報

厚生労働省の調査によると・・・

「うつ病などの鬱症状で医療機関を受診している人数は100万人を超えている(2008年)」

うつ病の症状

・気分がいつも沈んでいる

・何をやっても楽しくない

・食欲がない

・よく眠れない

・動きが鈍い

・疲れやすい

・自分を責める

・集中力の低下

・「消えてしまいたい!」と思う

 

 

★新しいタイプのうつ病★

上記のような典型的な「うつ病」の症状とは違うタイプです。20代〜30代の若い方に多いと言われています。

・対人関係に敏感

・食べ過ぎる

・寝すぎる

 

うつ病の「きっかけ」

以下のような「ストレス」が原因となり、発症する方が多いようです。

・死別

・離婚

・異動

・引っ越し

・出産

・子供の独立

・人間関係のトラブル

・病気

うつ病のサイン

「頑張らないといけない!!」
「弱音をはくのは情けない!!」・・・という考えから、辛さ表に出さない事が多く、周りの人が気付き難いようです。

・口数が少なくなる

・ため息が多い

・よく眠れない

・食欲がない

・お酒の量が増える

・遅刻や欠勤が増える

うつ病との区別が必要な病気

・そう鬱病・・・鬱だけではなく、とても元気な時もある

・統合失調症・・・「幻覚」「妄想」などが出てくる

・不安障害・・・不安がとても強く、日常生活に支障が出る

・認知症

・更年期障害

うつ病の治療法

★薬物療法★
・抗うつ薬・・・SSRI、SNRI、三環系、四環系、NaSSA
・抗不安薬
・睡眠薬

★休養・環境調整★
うつ病は「心も体も疲れている」ので、ゆっくり休んで、ストレスを軽減させる事が大事です。

★精神療法★
話を通して気持ちを整理し、心を安定させる治療法です。
・認知療法

 

 

参考文献

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情