心房細動について

HOME > 病気について >心房細動

 

 

【鍼灸治療を行っている症状一覧】ではございません。

こちらは「簡単な言葉を使用して病気についてご紹介している」ページです。

 

 

「病気を知る」事は「病気を防ぐ」事に繋がります。

【東洋医学】の最大の目標は「発病を未然に防ぐ事!(予防医学)」です。

「健康意識を高める!」「病気予防の意識を高める」目的で、ご紹介致します

「鍼灸適応疾患」には該当しておりません。

 

【鍼灸治療】に関しては、以下のページでご確認下さい。

【鍼灸治療:対応可能な症状一覧】

【症状で探す】【男性特有の症状】【女性特有の症状】

 

 

心臓の鼓動

心臓は、「刺激伝導系」という電気信号の流れで動いています。刺激伝導系は、洞結節からスタート!洞結節で発生した電気信号が、上側にある心房に伝わり、心房を収縮させます。その後、房室結節を経由して下側にある心室を収縮させいるのです。電気信号の流れがちょうど良いリズムを刻む事で、肺や全身に血液がうまく流れるようになっています。

心房細動とは・・

電気信号の流れに異常が起きて、心房を流れる電気信号に乱れが生じると、心房細動になり動悸などの症状が起きます。一定のリズムで拍動している心臓が、心房細動になるとピクピク激しく動きます。まるで、痙攣しているような状態です。心房細動が続くと、「心不全」や「血栓ができて脳梗塞」になる危険性があります。

心房細動のタイプ

発作性心房細動

持続性心房細動

永続性心房細動

心房細動の薬物療法

・抗不整脈薬・・・リズムを治す

・降圧剤・・・高血圧によって起きている場合に使用します。

・抗凝固薬・・・合併症である脳梗塞を防ぐ為に使用します。

カテーテル治療

高周波電流発生装置から高周波を送り出して、心筋を焼いてダメージを与える治療法です。不整脈の種類によってアプローチする場所は違います。カテーテル治療後は、心臓電気生理検査によって結果を調べます。

※カテーテルは、足の付け根から挿入(一般的に静脈を通って)して心臓に届かせます。背中には、高周波電流発生装置とつながっている電極版を付けます。

カテーテル治療の合併症

・心臓の筋肉や血管を傷つけてしまう

・房室ブロック(電気の流れを悪くする)により、非常に脈が遅くなってしまう

・熱を出すので血液が固まって脳塞栓症になる(非常にまれなケース)

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情