睡眠時無呼吸症候群

HOME > 病気について >睡眠時無呼吸症候群

 

 

【鍼灸治療を行っている症状一覧】ではございません。

こちらは「簡単な言葉を使用して病気についてご紹介している」ページです。

 

 

「病気を知る」事は「病気を防ぐ」事に繋がります。

【東洋医学】の最大の目標は「発病を未然に防ぐ事!(予防医学)」です。

「健康意識を高める!」「病気予防の意識を高める」目的で、ご紹介致します

「鍼灸適応疾患」には該当しておりません。

 

【鍼灸治療】に関しては、以下のページでご確認下さい。

【鍼灸治療:対応可能な症状一覧】

【症状で探す】【男性特有の症状】【女性特有の症状】

 

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

空気の通り道が塞がれてしまい、睡眠中に何度も呼吸が止まってしまう症状を「睡眠時無呼吸症候群」と呼びます。体が酸欠状態なので、本人はしっかり睡眠をとっているつもりでも、睡眠不足になります。横になると、舌の奥が落ち込んで気道を塞いでしまうために無呼吸になります。

睡眠中の呼吸

鼻から取り込んだ空気は、咽喉から気管を通って肺へ送られます。

男性と女性の呼吸の違い

睡眠時無呼吸症候群は、男性に多い病気です。その理由には、呼吸法の違いが関係しているようです。

★女性★
胸式呼吸が多く、少ない量を回数で補って、うまく酸素を取り込んでいます。

★男性★
腹式呼吸が多く、少ない回数で大量の酸素を取り込んでいます。

睡眠中の「いびき」

肥満により、「舌」や「軟口蓋」が肥大すると、仰向けに寝た時に、重力によって垂れてきて、喉が狭くなります。また、「咽頭」が肥大する場合もあります。すると、空気の通り道が狭くなり、「軟口蓋」や「喉の粘膜」が揺れて「いびき」が起こります。

睡眠時無呼吸症候群の症状

・昼間の眠気
・大きなイビキ
・無呼吸
・低呼吸

夜間が危険!

無呼吸になると・・・「息をしよう!」と、心臓がグーッと外に引っ張れるので、血圧がパーンっと跳ね上がり、脳卒中や心筋梗塞の引き金になります。特に、夜寝ている間に起こるので、気付かれずに突然死の原因になることもあります。

睡眠時無呼吸症候群になり易い方

・肥満
・顎が小さい(歯並びが悪い)
・扁桃肥大
・鼻詰まり

睡眠時無呼吸症候群の合併症

「肥満」「酸素が不足する為に、血が濃くなり固まり易くなる」事から、次のような合併症が判っています。

・高血圧
・糖尿病
・心臓病
・脳卒中

診断する項目

・体重
・一時間あたりの無呼吸回数・・・5回以上で「無呼吸あり」と判断!
・心臓の重さ・・・心臓の肥大を判断できる
・心臓の収縮率
・血圧

睡眠時無呼吸症候群の検査方法

★パルスオキシメーター★
指先に「パルスオキシメーター」を1晩中付けて、動脈血の酸素飽和度を調べます。

★睡眠ポリグラフ検査★
「脳波」「筋電図」など・・・

治療方法

★マウスピース★
軽症の場合。

★CPAP★
睡眠時には、「CPAP」という機械を装着します。「CPAP」は、呼吸が止まったら強制的に空気を送り込む機械です。これは、無呼吸によるリスクを減らすものであって、根本的な治療ではありません。体重を減らす事が最も重要です。

★外科治療★
重症の場合。

 

参考文献

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情