食物や飲物が気道に入りむせる!(誤嚥・嚥下障害)

HOME > 病気について > 誤嚥(嚥下障害)

 

 

【鍼灸治療を行っている症状一覧】ではございません。

こちらは「簡単な言葉を使用して病気についてご紹介している」ページです。

 

 

「病気を知る」事は「病気を防ぐ」事に繋がります。

【東洋医学】の最大の目標は「発病を未然に防ぐ事!(予防医学)」です。

「健康意識を高める!」「病気予防の意識を高める」目的で、ご紹介致します

「鍼灸適応疾患」には該当しておりません。

 

【鍼灸治療】に関しては、以下のページでご確認下さい。

【鍼灸治療:対応可能な症状一覧】

【症状で探す】【男性特有の症状】【女性特有の症状】

 

 

 

 

【食道・気道の構造】

 

【食道・気道の構造】について

 

【喉の部分】で、2つに枝分かれしています。

 

【喉の前方】には、『空気や声の通り道』である【気道】があり、

【喉の後方】には、『食べ物の通り道』である【食道】があります。

 

そして。。。

【気道】の入口には【口頭蓋】という【蓋】があります。

 

『飲み込む』時には、【気道】を塞ぐように、この蓋が閉まるので、

【飲物や食べ物】が【食道】に正しく送り込まれます。

 

 

【嚥下障害】について

 

【誤嚥】とは?

 

『食べたり』『飲んだり』した際に、

【口頭蓋】が閉まるタイミングがずれてしまい、

【飲物や食物】が誤って【気道】の方へ入ってしまう事を、

【誤嚥(ごえん)】と言います。

 

【嚥下障害】の主な原因

 

【加齢】

『年をとる』と、『嚥下機能』が低下します。

【病気】

・【脳梗塞】
・【脳出血】
・【パーキンソン病】
・【認知症】

【歯】

・【歯】がない
・【入れ歯】が合わない

 

【医師】:【嚥下障害】の検査

 

【造影検査】

【内視鏡検査】

 

【誤嚥】を防ぐ方法

 

【食べ物】

『飲み込み』やすくする。

・【とろみ】をつける
・【やわらかく】する
・【ペースト状】にする

【食事の姿勢】


【口のケア】

・口の中を清潔にする。


 

【誤嚥性肺炎】について

 

 

【誤嚥】により【肺炎】が発症する理由

 

『食べ物』が【気道】に入ると、

【肺炎】を引き起こす場合があります。

 

『食べ物』が【肺】を刺激したり、

【口の中の細菌】が一緒に【気道】へ入る事で、

『食べ物』を栄養源として、【菌が増殖】してしまい、

【炎症】を起こします。

 

【誤嚥性肺炎】のサイン

 

元気がない

【痰】が増えてきた。

【熱】が出やすい。

【参考文献】

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情