韓国の鍼灸事情

HOME > 海外鍼灸事情 > 韓国の鍼灸事情

韓国の鍼灸事情

韓国には中国と同様、西洋医師(洋医師)と東洋医師(韓医師)がいます。韓医師は、「鍼灸と漢方」を扱い、韓国の伝統医学である「韓医学(韓方)」を専門にしています。韓国には「一鍼二灸三薬(1番目:鍼、2番目:灸、3番目:薬)」という言葉があり、鍼灸術を第一の治療法とする傾向があります。

韓国で鍼灸資格を取得するには?

「鍼灸士制度」は、1962年に廃止されました。現在では、東洋医師の免許「韓医師(ハヌィサ)」を取得する必要があります。韓医師は、「漢方と鍼灸」の資格を合わせ持ちます。韓医師になるためには、韓医大学を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

韓国の鍼灸教育

6年間の大学教育と4年間の研修医制度があります。韓医学部(6年間)で「鍼灸と漢方」両方の医療を専門的に勉強します。そして、韓医師の国家試験を受けます。「鍼灸専門医」になる為には、韓方専門病院で韓方研修医となります。研修期間は4年間(インターン1年、レジデント3年)です。

※法律上、韓医師は「大韓韓医師協会の会員」になる必要があるそうです。

韓国の病院

韓国の病院には、韓方の専門科として「内科」「鍼灸科」「眼科」「リハビリテーション科」「耳鼻科」「四象体質医学科」「神経精神科」「皮膚科」「小児科」「婦人科」などがあります。

韓国の鍼灸術

詳しい内容は判りませんが、下記のような鍼灸術があるそうです。

・五行鍼
・良導絡
・金糸埋粒鍼
・体質鍼(体鍼)
・舍岩鍼
・太極鍼
・耳鍼
・董氏鍼
・平鍼和鍼
・相対性鍼
・鍼麻酔術
・薬鍼・・・経穴に韓方薬液を注入する
・高麗手指鍼

 

※「韓国韓医学会の現状と鍼灸分野における近代韓日交流史」の論文を参照しました。

 

高麗手指鍼(スジチム)

 

韓国の民間療法「高麗手指鍼」とは?

1975年に韓国の柳泰佑(ユ・テウ)先生によって創案されたものです。「手を全身の縮図」と見立て、手指を鍼・灸・棒などを用いて刺激します。

手の反射区

・掌(体の前面)
・手の甲(体の後面)
・中指・・・頭〜首
・人指し指&薬指・・・腕
・小指&親指脚

高麗手指鍼で使用する主な道具

・指輪
・手指専用の鍼
・灸
・棒

診断方法

・生年月日により「生まれつきの体質」をチェックする
・お腹を押して体質をチェックする
・手指の圧痛点を調べる

 

 

韓国の書籍

 

ユネスコ世界記録遺産「東医宝鑑」

「東医宝鑑」は、朝鮮王朝時代の王の主治医である「許浚(ホ・ジュン)」がまとめた「伝統医学百科事典(全25冊)」です。内景編(内科)、外形編(外科)、雑病編(伝染病・婦人科・小児科など)、湯液編(薬剤)、鍼灸編などで構成されています。2009年7月に、ユネスコ世界記録遺産に登録されました。

 

韓国ドラマから学ぶ

 

「蜂の毒で・・・」

韓国ドラマ「大長今 - 宮廷女官チャングムの誓い」の中で、「蜂の毒を利用して治療する研究をしている」というセリフがあります。そして・・・「味覚を失ってしまった人に対して、蜂の毒針を刺して治療する」シーンもありました。

※実際、韓国には「蜂毒療法」があるそうです。

鮮度をキープ!!魚を鍼で眠らせる?

韓国ドラマ「食客」の中で、魚の鮮度を保つ為に鍼を打って「魚を一次的に眠らせている」シーンが出てきました。「睡眠鍼療法」というらしいです・・・

指先に針を刺して・・・

韓国ドラマと見ていると・・・『ちょっと胃がムカムカするから針持ってきて!!』と言って、家族が指先に針を刺して血を抜くシーンが出てきたりします。韓国では「食あたり」「軽い頭痛」etc.少し調子が悪い時に血を抜いたりする行為は、一般家庭で普通に行われているそうです。

 

 

瀉血について

 

心天瀉血療法とは?

心天瀉血療法とは「体内に溜まっているドロドロの汚い血を外に出す事で「症状を緩和させる」治療法です。「捻挫・肩凝り・デトックス」etc.・・・様々な症状に対して行われています。具体的には・・・体に数ヶ所針を刺して穴を開けておき、そこにカッピングします。この「瀉血療法」は、韓医師のいる「韓医院」などで受ける事ができます。

韓国の瀉血療法を動画で見る

★肩からの瀉血

★指からの瀉血

★舌からの瀉血

※参考までに・・・「アーユルヴェーダの蛭治療」もご覧下さい!!

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

◆営業日◆

【火曜日】〜【土曜日】

◆定休日◆

【日曜】【月曜】【祝日】

◆営業時間◆

【10時】〜【20時】

 

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


◆予約◆

090-6309-9168

 


移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 


【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。


【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情