【女性不妊症】

HOME >【鍼灸適応疾患】>【女性不妊症】

 

 

 

 

【妊娠】について

 

【妊娠】の仕組み

 

【卵巣】から【卵子】が飛び出す。(排卵)

 

飛び出した【卵子】が、【卵管】の尖端に入る。

【精子】が【子宮】【卵管】を通り、【卵管】の尖端で【卵子】と出会う。(受精)

【受精卵】が【子宮】へ移動してきて【子宮内膜】で落ち着く。(着床)

【妊娠成立】

 

 

【基礎体温】について

 

【基礎体温】から判る事

 

【基礎体温の測定】は、

『結果に一喜一憂』し【大きなストレス】になるので賛否両論ございます。

 

【理想の状態】

【低温期】と【高温期】がハッキリ【2層】にわかれている。

【高温期がこない】

【低温期】のまま高温にならずに【月経】がくる【無排卵の状態】です。

【高温期が短い】

【通常】は【12〜16日】ある『高温期が短い』と、『妊娠がしずらい』と言われています。

 

【妊娠】するタイミング

 

【基礎体温】を付けて、

【低温期】と【高温期】の【2層】になっていれば、

その境が【排卵日】になります。

 

【卵子】の【受精能力】は

【24時間】(精子は3日)なので、

【排卵の時期】に合わせて『性交渉する』事が

【妊娠のタイミング】に適しています。

 

 

 

【不妊症】について

 

【不妊症】とは?

 

【子供】をのぞんでいて、

【夫婦生活】が【2年】以上あっても【妊娠】しない場合を【不妊症】と言います。

 

【不妊症】に関する統計情報

 

7組に1組のカップルが【不妊症】

50人に1人が【体外受精】で産まれた子供

【日本】:【不妊症の原因】をみると・・・

【男子不妊症】

【約30%】

【女子不妊症】

【約70%】

 

 

【女性の原因】として・・・

【排卵の問題】

【10〜20%】

【卵管の問題】

【30〜40%】

【頚管の問題】

【約10%】

【子宮の問題】

【約10%】

【原因不明】

【約15%】

 

【不妊症】の原因

 

「妊娠するまでの過程」のどこかに異常があると、

【妊娠】できなくなります。

 

【排卵の問題】

・【排卵】しない
・【卵胞】が発育しない

【卵管の問題】

【卵巣】から【子宮】へ『卵子を運ぶ管』を【卵管】と言います。「卵管が炎症を起こしている!」「卵管が狭い!」「卵管が詰まっている!」「卵管の周囲が癒着している!」などにより、『卵子の移動』を妨げてしまうと、【不妊症】になります。


【クラミジア】などの【感染症】


【虫垂炎】


【子宮内膜症】
【子宮】以外の場所に【子宮内膜】ができてしまう病気。


【骨盤内の手術】


先天的な【卵管の異常】

【着床の問題】

【受精】をしても、【受精卵】が【子宮】内で落ち着かないと【妊娠】が出来なくなります。


【ホルモンの異常】
【黄体ホルモン】の不足など


【子宮筋腫】
【子宮の筋肉層】に【腫瘍】ができてしまう病気。


【子宮線筋症】


【子宮の奇形】

【頚管の問題】

『子宮の入口』を【子宮頚部】と言います。【精子】が『子宮内に入りやすくなる』ように、【子宮頚部】からは【粘液】が【分泌】されています。【精子】が【卵子】と出会うには、【粘液の状態】が関係してきます。


【粘液】の【分泌】が悪い


【粘液】と【精子】の相性が悪い
【粘液】に『精子の運動を妨げる』成分が含まれている。

【原因不明】

【検査】では『異常が見つからない』のに【妊娠できない】状態です。

 

【女性不妊症】が増えている原因

 

【女性の晩婚化】

【女性】は、【年齢】とともに【卵子の数】【卵子の質】【ホルモンの調節機能】が低下します。

【子宮の病気】

【子宮筋腫】 【子宮頚癌】【卵巣腫瘍】など・・・『妊娠しずらい環境』になっている。

 

女性不妊の検査

★月経期★
月経3〜5日の間に「ホルモンの検査」をする。(採血)

★卵胞期★
月経が終わってから「子宮・卵管の検査」をする。(子宮卵管造営検査)

★排卵期★
「卵胞の状態」「子宮の内膜の厚さ」をみる。(超音波検査)

★黄体期★
黄体ホルモンの状態を検査する。(採血)

 

 

 

【医師】:【女性不妊症】の治療法

 

【タイミング療法】

 

「大きな不妊原因がない場合」

「軽い不妊治療で原因がカバーできる場合」・・・には、

【排卵日】に【性交渉】を行う【タイミング療法】を行います。

 

【排卵】に問題がある場合

 

・【排卵誘発剤】(経口・注射タイプ)

 

【排卵誘発剤】による副作用

【卵巣】が腫れて【腹痛】が起こる

【お腹】や【胸】の中に『水が溜まって』しまう。(卵巣過剰刺激症候群)

【多胎妊娠】(双子や三つ子)の可能性が高くなる。

 

【卵管】に問題がある場合

 

【子宮】の中に【生理食塩水】を入れて【卵管】を押し広げる

【腹腔鏡手術】により【癒着】を取り除く

 

【着床】に問題がある場合

 

【着床】に必要な【黄体ホルモン】を補充する(ホルモン療法)

【子宮筋腫】が【着床】の弊害になっている場合は「薬で小さくしたり」「手術で筋腫のコブを取る」

 

【ART療法】

 

【人口受精】【体外受精】【胚移植】

【顕微授精】【凍結胚】【卵管鏡下卵管形成】など・・・

【特殊な医療技術】の総称です。

 

【人工授精】(AIH)

 

【人口受精】とは、

【精液】の中から元気な精子を選んで、

【排卵日】に『子宮の中に注入する』方法です。

 

「精子の動きが悪い場合」

「タイミング療法で成功しなかった場合」

「頚管の粘液と精子の相性が悪い場合」

・・・などに行われています。

 

【施設】によって異なりますが、

【1回】につき【1万〜3万円】程度かかると言われています。

 

【人工授精の統計情報】

1回の【人工授精】で『妊娠する可能性』は【5%】程度

何回か試して『成功する可能性』は【20〜30%】

成功例の【90%】は【人工授精】6回以内

 

【体外受精】

 

【卵子】と【精子】を外で【受精】させて、

【受精卵】を【子宮】の中に戻す方法です。

 

「人工授精で妊娠しなかった場合」

「男性不妊の因子が強い場合」

「治療しても卵管が詰まっている」

「精子に対するアレルギーを持っている場合(抗精子抗体)」

・・・などに行われています。

 

【施設】によって異なりますが、

1回の治療で【30〜50万円】程度かかると言われています。

 

【年齢】によって成功例は違ってきます。

 

【35歳まで】

【体外受精】で『妊娠する方』が【25%】程度、『無事出産できる方』が【15%】程度

【40歳以上の場合】

【出産できる率】が非常に低下してしまいます。

 

【顕微授精】(ICSI)

 

【精子】を1つだけ捉えて

【卵子】の中に注入して【受精】させ、

【受精卵】を【子宮】の中に戻す方法です。

 

「体外授精で妊娠しなかった場合」

「男性不妊の因子が強い場合」などに行われています。

 

『残った精子』を【凍結保存】するなど、

【体外受精】よりも費用がかかります。

 

【特定不妊治療助成】

 

各自治体で行われている【特定不妊治療助成制度】があります。

 

 

 

【鍼灸治療】:【女性不妊症】

 

【女性不妊症】の原因

 

【腎虚】

【東洋医学】では・・・【月経】や【妊娠】に関係する【エネルギー】として【腎の気】が重要であると考えます。その為【腎の機能】が低下すると【妊娠】がしずらくなります。
【腎臓】とは違います。東洋医学上で定義された「腎の機能」を指します

【肝ウツ】

【精神的ストレス】が原因で「気血の流れ」が悪くなり、各機能が低下がしまい【妊娠】しずらくなっている。

【痰湿】

【飲食不摂生】により【体内】に余分な水分が溜ってしまうと、「気血の流れ」が悪くなり、各機能が低下がしまい【妊娠】しずらくなっている。

【ケツオ】

【血流】が悪くなり「ドロドロの血」が各機能の妨げになり【妊娠】しずらくなっている。

 

【女性不妊症】に対する鍼灸治療

 

【問診】や【体の状態をチェック】して【体質】を決定します。

 

「冷えやストレスの緩和」

「自律神経の調整」

「骨盤内の血流改善」

・・・を目的に、体質に合わせた【鍼灸治療】を行います。

 

【補足】

 

【治療ペース】

・【鍼灸治療】の頻度は、週一回を基本としています。
・【治療期間】は半年〜2年が目安です。

【基礎体温の測定】

【基礎体温の測定】は、結果に一喜一憂し大きな【ストレス】になるので賛否両論ございます。【精神的ストレス】により【卵巣機能】が低下する事もございます。現在では、各種検査(ホルモン検査、超音波など)により、【卵巣機能】の正確な診断が可能です。

【病院との併用】

【病院】での【不妊治療】や【漢方薬】との併用は可能です。
【妊娠率】を向上させる効果があります。
【排卵誘発剤】などの使いすぎで、低下した【卵巣機能】が【鍼灸】で回復しやすくなることもあります。
【移植後】も、身体に負担がかかっているので【鍼灸治療】を続けられることをお勧めしています。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情