【喉の異物感】(梅核気)

HOME >【鍼灸適応疾患】>【喉の異物感】梅核気

 

 

 

【原因不明】:喉の異物感

 

【梅核気】とは?

 

【喉】に何か詰まった感じがするようになり、

【喉頭癌】を疑って【病院】で検査を受けたけれど、

『異常が見つからない』

・・・と訴える方がいます。

 

これは、【梅核気】(ばいかくき)

【別名:ヒステリー球】と呼ばれるものです。

 

実は、昔からある【女性】に多い症状ですが、

最近は【男性】の方も増えてきています。

【梅核気】の症状

 

【喉】に異物感がある。

『何か詰まっている』ような感じがして、飲み込もうと思っても飲み込めない。

【病院】で検査を受けても、『異常が見つからない』

 

 

 

【鍼灸治療】:【梅核気】

 

【梅核気】の原因

 

【精神的ストレス】

【肝気鬱結】
【気の滞り】が原因です。【気】は【全身】をくまなく流れているのですが、『イライラ』や『ストレス』がたまり、発散されずにいると・・・【肝気】が鬱結してしまいます。

【過剰な湿】

【痰凝気滞
【咽頭部】は【津液】で潤されている【器官】です。【体質】や『何らかの原因』によって、【湿邪】や【痰飲】をうみやすくなります。

 

【梅核気】に対する鍼灸治療

 

『ストレスの緩和』

『気の流れをスムーズにする』事を意識して、【鍼灸治療】を行います。

 

 

参考文献

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 
移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情