【尿漏れ】について

HOME > 病気について > 【尿漏れ】について

 

 

【鍼灸治療を行っている症状一覧】ではございません。

こちらは「簡単な言葉を使用して病気についてご紹介している」ページです。

 

 

「病気を知る」事は「病気を防ぐ」事に繋がります。

【東洋医学】の最大の目標は「発病を未然に防ぐ事!(予防医学)」です。

「健康意識を高める!」「病気予防の意識を高める」目的で、ご紹介致します。

 

【鍼灸治療】に関しては、以下のページでご確認下さい。

【鍼灸治療:対応可能な症状一覧】

【症状で探す】【男性特有の症状】【女性特有の症状】

 

 

【尿漏れ】のタイプ

 

【腹圧性失禁】

【お腹】に力が入ると、尿が漏れるタイプ。

【切迫性失禁】

急な尿意で我慢できずに、尿が漏れるタイプ。

【腹圧性尿失禁】について

 

【腹圧性尿失禁】の症状

以下の場合に、尿漏れの症状が起きます。

【せき】【くしゃみ】

【笑う】

【スポーツ】

【重い物】を持つ

 

【腹圧性尿失禁】の原因

 

【骨盤底】が【尿道】を支えているので、

【腹圧】がかかっても、尿が漏れないように働いています。

 

【骨盤底】に大きな力が入ると、

【骨盤底】が緩んでしまい、【膀胱】がグラグラと動き易くなります。

 

その状態で【お腹】に力が入ると、尿が漏れてしまいます。

 

【腹圧性尿失禁】の症状

以下の場合に、尿漏れの症状が起きます。

【せき】【くしゃみ】

【笑う】

【スポーツ】

【重い物】を持つ

【医師】:【腹圧性尿失禁】の治療法

 

【骨盤底筋訓練】

「尿道を締める働き」が弱くなっても、【尿道】を取り囲む【骨盤底の筋肉】が「キュッ!」と・・・締まれば、「尿漏れ」を軽減させる事ができます。

【薬】

【尿道括約筋】(尿道を閉める)の収縮を促す作用。

※症状を軽減させる薬なので、

根本的な治療には、手術が必要です。

【手術】

【腹圧性尿失禁】のみ有効。

 

 

【切迫性尿失禁】について

 

【切迫性尿失禁】の症状

以下の場合に、尿漏れの症状が起きます。

【トイレ】に行く途中で・・・

【冷たい水】に触ると・・・

 

【切迫性尿失禁】の原因

 

通常、【膀胱】に尿が溜まると、【脳】に伝わり、

【脳】が【排尿】の司令を出して、【排出】されます。

 

この伝達がスムーズに行われなくなり、

【膀胱】が勝手に収縮する事で、

【尿漏れ】が起きます。

 

これを【過活動膀胱】と言います。

 

【過活動膀胱】の原因

 

【脳疾患】

・【脳梗塞】

・【パーキンソン病】

【加齢】

 

【原因不明】

 

【過活動膀胱】の治療

 

【日常生活の改善】

・【水分】の摂り過ぎを注意する

・【減量】する

・【便通】を良くする

・【禁煙】する

【膀胱訓練】

【尿意】を感じても我慢して、【膀胱】に溜められる尿量を増加させる訓練。

【薬】

 

 

 

 

 

出張専門鍼灸マッサージ治療 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可

 

 

 

治療内容

 

 

予約

症状で探す

適応疾患

スポーツ疾患

東洋医学

病気について

自宅ケア

海外鍼灸事情